サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1015-18)

20%OFFクーポン(1015-18)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 愛こそすべて、と愚か者は言った
愛こそすべて、と愚か者は言った(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 1件

電子書籍

愛こそすべて、と愚か者は言った

著者 著者:沢木 冬吾

始まりは深夜の電話だった――。七年前に別れた久瀬の息子の慶太が誘拐された。犯人から身代金の運搬係に指定されたのは探偵の久瀬だった。現場に向かった久瀬は犯人側のトラブルに乗じて慶太を助けることに成功するが、事件の解決を待たずに別れた妻・恭子が失踪してしまう。久瀬は恭子の行方と事件の真相を追いながら、再会を果たした慶太との共同生活を始めるが…。『償いの椅子』の著者の恐るべきデビュー作!!

愛こそすべて、と愚か者は言った

907 (税込)

愛こそすべて、と愚か者は言った

ポイント :8pt / 紙の本より43おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 13.3MB 無制限
Android EPUB 13.3MB 無制限
Win EPUB 13.3MB 無制限
Mac EPUB 13.3MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

愛こそすべて、は愚か者の台詞なんだろうか。ハードボイルドです。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハジメマシテの作家さん。
そしてデビュー作。

といっても最近デビューしたわけではなく、
著者が注目を浴びたのは本書の次に刊行した
『償いの椅子』という作品だろう。

読む前からのなんとなくの感覚なのだけれど、
沢木冬吾といえば、ハードボイルドなイメージがある。
文庫の裏表紙にある内容紹介をざっと読んだだけで
受けた印象だけれども。

本書もハードボイルドではあった。
そして哀しい物語だった。



前妻が引き取った息子・慶太の誘拐事件の身代金運搬係に
指名された探偵の久瀬。
ほとんど接点のなかった慶太のために久瀬は奔走し、
慶太はなんとか保護される。
そこから慶太との生活が始まる。
なぜならば、慶太の母・恭子とその内縁の夫・釜崎が行方をくらましたからだ。
恭子の行方を追ううちに久瀬は、
釜崎たちが裏の世界に関与していることに気づく…。



久々に会った息子とのぎこちない父子生活。
その生活に対して父も子もそれぞれ思うところがあって必死だ。
久瀬は大人だからまぁいいとして、慶太を思うと切ない。
小さいながらも生きようと
いろいろと頭を巡らせ、必死なのだ。


本書を読んでいて、
先に読んだ『小夜しぐれ』(高田郁)で種市という
料理屋の主の言葉が思い出された。

――信じて寄り添ってくれる誰かが居れば、そいつのために幾らでも生き直せる



本書にはそれができた男がひとり登場する。
そして、できなかった男もひとり。

そのできなかった男は端的にいうと悪者なのだけれど、
彼を思うととてつもなく哀しくなってしまった。

慶太には幸せになってもらいたい。
そう願わずにはいられない。
そんな物語だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する