サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 文庫
  4. 一般
  5. KADOKAWA
  6. 角川文庫
  7. 人生は、だまし だまし
人生は、だまし だまし(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件

電子書籍

人生は、だまし だまし

著者 著者:田辺 聖子

人間はこの世のお客。だから、気随気儘は許されない(ヨソの家に上がり込んであれ下さい、これ使いますと言えないのと同じこと)。こういう窮屈な現世でほどほどに楽しく幸福な暮らしの煙をたてること、それが人間のプロだと著者は言う。家庭の運営、上品・下品、男と犬、恋と友情、嘘と欲、別れの処方…世の中の全科目について、「人間のプロ作家」が絶妙な言葉で解き明かした、ユーモラスで真に迫る、平成生き方読本。

50%OFF

【期間限定価格】人生は、だまし だまし

10/17まで通常506

税込 253 2pt

【期間限定価格】人生は、だまし だまし

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.2MB 無制限
Android EPUB 5.2MB 無制限
Win EPUB 5.2MB 無制限
Mac EPUB 5.2MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本人生は、だましだまし

2010/02/03 21:10

「人生はだましだまし保ってゆくもの、ゴチャゴチャしてるうちに、持ち時間、終わるよ」なのだそうだ。たぶんそうなのだろう。

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:JOEL - この投稿者のレビュー一覧を見る

 新幹線に乗る前に、ふと、バッグに詰め込むのに適当な本がないかと書店で物色した。田辺聖子はすでに一定の読者層を獲得しているベテランの作家だ。安心して手に取れそうな気がしたが、たしかに期待を裏切らない本であった。

 本書は、車中の数時間をともに過ごすのになんとも最適。人生の機微を知り尽くした作家が、説教くさくならずに、夫婦の愛情、その他を巧みにエッセイにまとめきっている。

 全体として言いたいのは、書名の「だまし、だまし」で言い表されているが、人生をそうやって乗り切る極意が、ユーモアまじりに描かれる。
 処世訓が随所に織り込まれているが、実に鋭く言い当てている。中高年以上の読者には、「その通り!」とひざを叩くことだろうと思わずにいられない珠玉の言葉だ。
 それも、大阪弁をじょうずに使っているので、肩が凝らずに読者に届く。本文は「である調」だが、差しはさまれている会話が大阪弁なので、いいアクセントになっている。

 こうやって、人生はうまく暮れていくのだなあと思う。近頃の不況で思い詰めている人も多いかもしれないが、田辺聖子の本に接すれば、楽な気持ちになること請け合いである。

 通読し終えると、年を取るのもまんざら悪くはないのだなと、安心感を覚えてしまった。
こういう作家が一人いるだけで、息苦しさから多くの人を解放してくれるに違いない。いずれまた、田辺聖子の作品を選ぶとしよう、再び新幹線に乗る前に。

 以下は本書に収録の味わい深いアフォリズム(格言、箴言)の一部。

 ・人間も金属疲労が出てからがホンモノである。
 ・苦労は、忘れてしまうと苦労でなくなる。
 ・女は愛されていると確信したときに別れられる種族である。
 ・家庭の運営、というものは、だましだまし、保たせるものである。
 ・男はかよわい生きものである。
 一緒に笑うことが恋のはじまりなら、弁解は、恋の終りの暗示である。
 ・家庭運営能力というのは、順応力のことである。
 ・悪夫とは、妻にホトケごころを出させる男をいう。
 ・うまくいっている夫婦とは、お互いに<話しかけやすい>人柄であるところに特徴がある。
 ・夫婦円満、それを発展、拡張させて世の中を融和させる究極の言葉はただ一つ、<そやな>(または”そやね”)である。夫からでも妻からでもよい。これで世の中は按配よく廻る。
 ・人間が”人間のプロ”になれる頃には、八十にはなっているだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。