サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

日中韓はひとつになれない(角川oneテーマ21)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件

電子書籍

日中韓はひとつになれない

著者 著者:小倉 紀蔵

日本人は中韓と、政治・経済・文化においてアメリカなどへの対立軸となりうる「東アジア共同体」を設立しうるのか? 協調の前に認め合わねばならない日中韓の「差異」について考察を深め、あるべき姿を提案する。

50%OFF

日中韓はひとつになれない

本日まで通常770

税込 385 3pt

日中韓はひとつになれない

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.5MB 無制限
Android EPUB 3.5MB 無制限
Win EPUB 3.5MB 無制限
Mac EPUB 3.5MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本日中韓はひとつになれない

2009/06/08 23:43

違うのが当たり前だけど、「性善説」での説明はわかりやすかった。

8人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 なんか、当たり前すぎる題名という気もするけれど・・・著者は、お互いの価値観の違いを理解して、「東アジア共異体」が作られることを真剣に考えられて、私たちにもわかりやすいようにと書かれたようです。「性善説」を視点としている。
「性善説は徹底的に他者に干渉し、パターナリスティック(父権主義的)に他者を善に導こうとする。他者にとっては余計なお世話なのだが、相手は「善」という信念の権化となっているので、聞く耳を一切持たないのだ。」
「本当の性善説というのは、そのような(単に「人がいい」「人がわるい」という)静態的なものではない。人間の上昇志向と破壊衝動、そして社会的な革命を基礎づける、ダイナマイトのような思想なのである。そして日本人は、そのことをまったく知らないのである」。
 例えば、中国は、国民が「性善説」で、「権力者たちは恐ろしい冷酷非情な統治者としてふるまうのではなく、あくまでも性善説的な道徳的完成者としての面貌をもって国民を善導」しつつ「性悪説」でコントロールしている。「現在の中国は、鍋の中身がぐつぐつと煮えて、中から噴き上がりそうになっているのを、外から重たい蓋をかぶせて必死に押さえ込もうとしている状態である」。なるほど、わかりやすい表現ではある。
「北朝鮮は中国と似たような統治の思想を持っている。だが国土が狭く、少数民族間題を抱えていないため、すみずみまで国家権力が浸透しやすく、そのため性悪説的な統治は中国より苛烈である」。
 韓国は、「政権側も国民側も性善説を自己の世界観として明確に定着させた段階だといえる。一九九三年の「文民政権」誕生以来、韓国の政権は儒教的な性善説を自らの理念として打ち出すことになった。その後十年経って成立したノムヒョン政権は、その完成型であったといえる」。
「「先進国」という名称を得ることが悲願である韓国は、先進国として認められるために何でもする、という構えを見せつづけている。そのため、経済面以外でも、「国際スタンダード」という観点から、あるいは「より先進国らしい姿」を獲得するために、さまざまな社会改革を果敢に推し進めてきた。女性省を設置して女性の社会進出を支援し、死刑制度を事実上廃止し、農産物をはば全面開放するという痛みをこらえながら米国などとのFTAを整備し、定住外国人に地方自治体の選挙権を与えるなど、日本に先んずる政策をこれまで次々と打ち出してきた。新政権も、外国人の国家公共体への採用や、これまで以上に果敢な規制緩和を打ち出すなど、緊迫感あふれるドライブを始めようとしている。このような「先進国性」をめぐる競争を、李明博政権は矢継ぎ早にしかけてくるに違いない。
「日本は別にそのような競争に加わる義理はないのだが(「女性省?FTA?死刑廃止?外国人に選挙権? そんなもの何の意味があるの?」)」
 はぁ?この人自身、意味がわからないって?これだから今のエリートは、困ったものだ。「東アジア共異体」をつくるために互いを理解しようというのはわかるけれど、それで、どういう社会を作りたいのかを考えていないってことのようだわ。
 で、日本はどうかっていうところで、「メタ」と「ベタ」が出て来るのだけれど、これが私にはよくわかんない。「安倍政権が失敗したのは、日本国民が「ベタ」なメンタリティ(性善説的な考え)を生理的に嫌った結果である」そうだ。
「実際上、多くの日本人は単に東アジアに関心がなかった。地図上でそこにあることはおぼろげに知っていたが、それをはっきりと認識することはしなかった。東アジアは普通の日本人の目には見えなかったのである。
  2000年前後、ごく普通の日本人が、北朝鮮(その強権支配のありさま)を含めて東アジア各国に異常なまでに強い関心を示し、そして知らず知らずのうちに自国の政権のあり方をそれら東アジアの国家に似せてゆく、という動きが顕在化した。国旗国家法の制定、教育基本法の改定、憲法改正への動きなどもすべて、この動きの一部である。
 これらの社会的変化は新自由主義の進行とリンクしている。しかし、それだけではなく、伝統的な東アジア社会に存在した絶対的格差の社会の現代版ともいえるのだ。グローバリゼーションによって、つかの間の「平等幻想」がいとも簡単に崩壊し、伝統的な東アジア的格差社会がグローバルなシステムと連携する形で復元されたといってもよい」。
 いいところをどんどんまねしてくれればいいのに、悪いところばっかりまねしてどうすんじゃい? 以下の意見には大賛成。
「日本の伝統にのっとったラディカルな民主主義の実践とは何かを考えるべきなのだ。」
「日本はあくまでも、日本国憲法という中立的な「手続き的民主主義」により近い理念体系を、東アジアに「価値」として広めてゆかなくてはならないし、おそらくそれが日本独自の使命なのである。つまりメタ(日本国憲法)をべタ(実質的価値)として普遍化させなくてはならない。それが可能であるならば、この選択肢は魅力的でありうるのである」。
「戦後の日本国憲法は、何よりも日本人に「生活」を保障したのである。日本国憲法は本当は、強力に理念的な憲法なはずである。その非戦の思想、自由の擁護、人権の強調など、理念的でない部分は少しも存在しない。しかしながら戦後の日本人は、この理念的憲法を、少しも理念的だと認識していないのである。むしろ非理念的な「生活の糧」として認識しているのである。だから、理念的な政治家が憲法改正を唱えはじめると、その姿勢に恐怖を感じて(つまり自分の生活が脅かされる恐怖を感じて)、さっさと踵を返して「生活派政党」へとなびいてしまうのである。」
 はぁ?あのね、社会の構成員ひとりひとりのよりよい生活のために、目標として「理念」、具体化させるための法律、があるんじゃないの?なんだか、基本がなっていないような・・・まぁ、アメリカに追従した結果か「性善説」化のせいか、いずれにせよ、日本がおかしくなったのは確か。で、日本らしく、九条を生かして、東アジアの国を尊重しつつ、もっと理解して、よりいい関係を築いていきたいね。「東アジア共異体」できるといいね。
 生活が流行りなのか、どの党も「生活派」であると自称している。中味、ちゃんと確かめないとね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。