サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

逆接の民主主義 ――格闘する思想(角川oneテーマ21)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 1件

電子書籍

逆接の民主主義 ――格闘する思想

著者 著者:大澤 真幸

止まらない貧困と暴力の連鎖……グローバリゼーションは地獄へと進み続けている。本当にこの道しかないのか? 断じて違う! 気鋭の社会学者が北朝鮮や歴史認識問題の解決策を示し、「新しい共同体」を示す!!

逆接の民主主義 ――格闘する思想

税込 792 7pt

逆接の民主主義 ――格闘する思想

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.6MB 無制限
Android EPUB 3.6MB 無制限
Win EPUB 3.6MB 無制限
Mac EPUB 3.6MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本逆接の民主主義 格闘する思想

2008/04/29 12:38

現実世界からの/への思想

9人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんいち - この投稿者のレビュー一覧を見る

思想、ことに現代思想と呼ばれる「知」は、この国では、その大々的な輸入期に「ニュー・アカ」といった蔑称がはびこりもしたように、机上の空論とみなされやすい。しかし、ネグリ+ハートをまつまでもなく、D+Gにしてからが、世界では「運動」の重要な思考源となっていることは明らかで、むしろ、TVの政治討論番組にしか「政治」がないとしたら、それは端的にこの国の「知」の貧しさが露呈していることを確認しておくしかない。

さて、本書の著者である大澤真幸は、現代思想の論客の1人というよりは、身体やナショナリズムに関する精緻な議論を展開してきた社会学者と呼んだ方が実情に即しているだろうが、本書も含め、その思想の根幹は、現代思想に多くを拠ることで練り上げられている。近年はアガンベンへのリファーが目立つが、本書の議論の枠組みをなすのは、ハーバーマスとデリダである。2人の「他者」をめぐる立場の相違と共通点を視座に、現代世界、そしてこの国の現状を問題化し、そこに机上の空論としてではなく、論理的な思考をベースに、「現実可能」な政治的提言を示していくというのが、本書の骨格である。しかもそこでテーマとされるのは、些末な国内政治問題などではなく、北朝鮮問題や憲法解釈といった、すぐれて原理的で巨大な難題であり、それぞれの問題の構成要素を批評的に微分した上で、現代思想の「知」をベースとして大澤がこれまで練り上げてきた鍵概念を活用して再構成し、そこに「現実可能」な解決への思索=施策を打ち出していく。その筆致は、徹頭徹尾リアリストのそれであり、すぐれて説得的なものである。

もちろん、本書を書いた大澤が、あるいは本書の読者が、明日にも世界の難題を一挙に解決できるというのではない(そうした思考は、端的に、思考の放棄であり、短絡でしかない)。それでも、本書に書かれたメッセージとそこへと至る具体的な思想的/政治的過程が、活字として出版されること。これもまた、1つの現実的な政治過程に他ならない。さらに、大澤の表現を借りれば、本書を読むことで、読者は歴史の可能性、政治の選択肢を、確実に読書前に比して増やしたことになる。このことの意味は小さくない。本書によって備給された「知」が、日常生活の細部ででも活かされていくなら、それは本書を震源とした「運動」の一形態に他ならず、世界史的な難問の解決もまた、そこから始まるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。