サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 新書
  5. KADOKAWA
  6. 角川oneテーマ21
  7. 違和感のチカラ 最初の「あれ?」は案外正しい!
違和感のチカラ 最初の「あれ?」は案外正しい!(角川oneテーマ21)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件

電子書籍

違和感のチカラ 最初の「あれ?」は案外正しい!

著者 著者:齋藤 孝

現代は環境変化が激しい、リスキーな社会になっている。身体感覚を磨き、五感を開いてセンサーを働かせることで、様々なリスクを回避できる。また、違和感はアイデアを生むきっかけにもなる。

50%OFF

【期間限定価格】違和感のチカラ 最初の「あれ?」は案外正しい!

10/17まで通常770

税込 385 3pt

【期間限定価格】違和感のチカラ 最初の「あれ?」は案外正しい!

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.7MB 無制限
Android EPUB 3.7MB 無制限
Win EPUB 3.7MB 無制限
Mac EPUB 3.7MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

気付きが多い人は新鮮な感覚が保たれている人

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MtVictory - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者は違和感は「現代を生き抜く必須の感覚」だという。「それは現代社会がかつてよりもリスクの種類が格段に増えてきているからだ」。「先が読めない状況」で「違和感センサー」を「自覚的に活用する」ことが大事だとする。「時代が進化した分、むしろ「けもの道」の感覚が求められている」というのも分かる気がする。その感覚は「動物的な生存本能」とも言い換えている。
 本書では気付きも違和感と同じように扱っている。それは単なるリスク回避のためだけでなく、「アイディアの創出」にも活かせる。どちらかといえば本書はサバイバル術というよりも、イノベーションに役立てよう、といったところに重点を置いている。
 第二章では「ヒット」(商品など)の裏にあった違和感の例を挙げて説明している。第三章ではビジネスや生活上で感じる様々な違和感の事例を挙げ、第四章ではどのようにして違和感を得るのかを考え、第五章では違和感の鍛え方、そして第六章では違和感の応用法を述べている。
 仕事に使えそうと思ったのは、「ん?あれ?」ノート。部下一人一人に対する違和感を書き留めるのだそうだ。「部下の掌握、コーチングに役立つ」とのこと。マメな上司は作っていそうだが、部下のきめ細かい指導には役立ちそうだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。