サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

添乗員撃沈記(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件

電子書籍

添乗員撃沈記

著者 著者:岡崎 大五

海外をほっつき歩きすぎて、他に出来ることもなく、添乗員になったぼく。そんなダメダメ添乗員なぼくは、今日もお客様に振り回されっぱなし。ギリシア、アフリカ、ベネルクス、シルクロードを巡る爆笑添乗記!

添乗員撃沈記

税込 594 5pt

添乗員撃沈記

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.8MB 無制限
Android EPUB 7.8MB 無制限
Win EPUB 7.8MB 無制限
Mac EPUB 7.8MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本添乗員撃沈記

2010/04/24 08:59

添乗員が見聞した奇譚。楽しみつつ学ぶことができる小集団運営術。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風紋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 紀行文を読むのは楽しい。それが自分が行ったことのある土地の話であれば、記憶をよみがえらせ、再訪した心地になる。
 それが自分が出かけたことのない土地であれば、かりそめの旅ができる。

 本書が語るのは、ギリシア、東アフリカ、ドイツおよびベネルクス、シルクロードの4つのツアーだ。
 たとえば、ギリシアでウゾーを水で割って飲むくだりに、地中海クルーズの記憶をよみがえらせる人もいるだろう。からりと晴れわたった青い空、紺碧の海。波をかきわけて進む白い船、そのデッキで喉をうるおすウゾー。だが、帰国してから飲んだウゾーには、あの美味は再現されなかった。松やにのまじるこの酒は、湿気のつよい国には合わない・・・・。

 本書はしかし、ありきたりの紀行文とは異なる。著者の立場は添乗員だから、話題はもっぱらツアーに参加した観光客になるのだ。
 長期にわたる海外ツアーの参加者は、時間とお金に余裕のある年配の方々がもっぱらだ。ということは、ひとクセもななクセもある人ばかりで、このあたりの個性発揮ぶりが本書の読ませどころになる。
 そして、客がなにかのきっかけでポロッと口にする人生の一端がまた興味深い。
 たとえば、ギリシア編の「米田耕蔵をはじめとする酔いどれ三人組」。セクハラ行為でスチュワーデスを泣かせるわ、著者も騒ぎのまきぞえをくって眼鏡を壊されるわ、ために夜もサングラスでとおす羽目におちいるわ。しかし、腹をわって話しあう機会があり、聞けばかくかくしかじか、読者も、なるほど・ザ・納得する背景があるのであった。

 ツアーは集団だから、リーダーシップ、集団凝集性といったグループダイナミックスが働いたりもする。添乗員は、この集団の構成員であるような、ないような微妙な立場だから、このヌエ的な視点からみたツアー集団の社会心理学的行動がおもしろい。読者は、翻って自分の属する小集団はいかに、とふりかえるキッカケになるだろう。
 たとえば、ドイツ~ベネルクス編のツアー集団内ミニ集団の対立。ミニ集団のそれぞれリーダーがいて、すったもんだが起きる。しかし、じつのところリーダー(意識旺盛な人)の意識過剰のきらいがあって、ミニ集団のいずれにも属しない「美女と野獣」カップルの謎が解けることによって大団円・・・・までいかずとも小団円くらいの結末を迎える。

 永年添乗員をつとめていれば、こういった話題に事欠かないだろう。
 しかし、永年の経験を続々と公表した添乗員は、著者くらいだろう。著者が今までに刊行した24冊は、大部分は添乗員時代を回顧したものだ。しかも、文庫書き下ろし作品が多い。ノンフィクション界の佐伯泰英と呼ぶべきか。
 克明なメモを残していたのかもしれない。しかし、かくも臨場感あふれる作品をものするほど鮮明な記憶が著者にのこったのは、惰性に流されることなく毎回新鮮な気持ちで仕事に取り組んだからではあるまいか。だとすると、このプロ精神、学ぶに足る。
 また、語り口がいい。生きがよくて、たくまざるユーモアがにじみでている。経験を積んだ者の余裕からくるユーモアかもしれない。この人、おおまかなようでいて細心、なにかと難題をおしつけられながらも、これも添乗員の役目と心得て、厄介事をそつなく(結果オーライ的に)さばくのだ。本書の随所にみられる目くばり、気くばりは、小集団運営術というものだ。これまた大いに学ぶに足る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。