サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

死神(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件

電子書籍

死神

著者 著者:清水 義範

国際的スターの死に立ち会った二流の役者夫婦。売れない彼らがワイドショーのカメラに囲まれ亡くなったスターを語る。そしてドラマにCMにと仕事が舞い込むようになるが……。誰もが恐れる「死」をブラックユーモアたっぷりに描いた長編小説。

死神

税込 484 4pt

死神

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.5MB 無制限
Android EPUB 3.5MB 無制限
Win EPUB 3.5MB 無制限
Mac EPUB 3.5MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本死神

2001/10/23 21:31

芸能人の死がワイドショーの餌となる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KON太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本のタイトルだけを見るとホラー物かなと思うでしょ。
 確かに出だしではおどろおどろしい雰囲気があって、そら、でたぁーって感じで、あの世にではなくて、話に引き込まれてしまうんですけど、本筋はちょっと違う。
 昔はそこそこ売れたけど、今はちょい役をもらうのがやっとといったところの俳優と女優の中年夫婦が主人公。軽い気持ちで大御所俳優のお見舞いに伺ったつもりが、思ったより病が重く、彼の死に立ち会うことになってしまった。時代を代表する俳優の死に立ち会ったということで、中年夫婦はすっかりワイドショーの顔となる。これをきっかけに仕事が次々と舞い込んでくる。
 葬式があると必ず悲しい顔をして現場に立つ喪服の芸能リポーターが出てきたり、遺産相続でもめる一幕があったり、隠し子がひょっこり現れたり。何年か前に同じようなことが実際あったなあ、と思えるストーリー展開となっている。
 人の死は悲しいものだけれど、この話では、その死を自分の生活の糧としている人や、それをひとつの踏み台としてステップアップを図る人たちにスポットライトをあてて、「ほら、人間って、案外たくましく生きているんだね」と見せてくれる。
 ホラーではけっしてなくて、とても人間的なという意味のユーモアただよう作品なんです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本死神

2001/11/08 13:43

芸は見てもらってこそ活きてくる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:青月にじむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ある大物俳優の死から始まった。鳴かず飛ばずの中年の俳優夫婦が、そこにたまたま居合わせたことにより運命が大きく変わってくる。まあ、こんなもんなのかも知れないですね、世の中なんてのは。でもって、テレビの中で見るのが何故か、世の中そのものと錯覚しちゃうところの悲喜劇が、軽い皮肉と共に描かれています。
 主人公の斉藤氏が狂言回しとなって話は進んでいく。お葬式や追悼番組に引っ張り出されて顔が売れ、本業でもいい配役が回ってくる。いつの間にかご意見番になってたりする。そんなときにまたもや大きなチャンスが回ってくる。
 ここで、主人公は死と、故人を追悼するという行為の関係を悟っていくのだ。勿論それは詭弁なのだけれど、自分を納得させてその行為に迷いを持たなくなればそれでいいのだ。そう悟ったときから、この夫婦は変わる。自分たちの与えられたスタンスを過不足なく務めていくのだ。それが芸能人としての彼らの役割でもある。
 芸で人を納得させるのが本当なのだろうと思う。しかし、その前に存在さえも知られていない状態では残念ながら、その「芸」を披露する機会にも恵まれない。その矛盾を突破した辺りから、どの不幸にも「かわいがってもらいました」と出てくる三島ゆり子の存在(彼らのちょっと露骨な映し鏡のようなものだ)も「必要な存在なのかも」と、許せるようになってくる。その皮肉と滑稽さをじんわりと感じさせる作品はのできは、さすが清水義範、といったところか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。