サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

女子少年院(角川oneテーマ21)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件

電子書籍

女子少年院

著者 著者:魚住 絹代

罪を犯し、少年院に送られてくる少女達が抱える孤独・絶望・自己否定・家族との断絶・・・。自分自身真剣に見つめ、自らの罪に向き合ったときから、彼女達は、生まれ変わり始める。感動のドキュメンタリー。

50%OFF

【期間限定価格】女子少年院

10/17まで通常726

税込 363 3pt

【期間限定価格】女子少年院

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.4MB 無制限
Android EPUB 4.4MB 無制限
Win EPUB 4.4MB 無制限
Mac EPUB 4.4MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本女子少年院

2004/01/13 04:31

女子少年院より「先生、私、うまくやっていけるでしょうか」

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Dr.MAD - この投稿者のレビュー一覧を見る

 少年犯罪への関心の高まりが、大人よりも厳しい刑を科す少年法となり、メディアによって煽られて尚不十分とされる昨今。判決後は一足飛びに退院後の話にしか話題が向かない社会の反応に対して、刑に服するというのがどういうことなのか、少年(少女も少年と呼びます)たちに罪を認識させ、再び犯罪を起こさせない為に何が行われているのか、そもそも彼女らはどういう少年たちであるのか、それが直接指導に当たった法務教官によって明かされています。
 読み始めてまず感じるのが既視感。親にないがしろにされ、ひどいものは虐待され、家庭に居場所を無くして逃避し、その埋め合わせをするかのように薬物に耽溺してゆく。男子がまず窃盗や傷害であるのに対して、女子は圧倒的に覚醒剤取締法違反での入院が多い。親からの愛情に満たされないということが、どれほど容易に少年たちを破壊してしまうのか。面会ごとに訪れる親たちの呆れた生態に、憤り頷く人もきっと多い筈です。
 著者・魚住氏の少年たちに向ける情熱には、おそらく多くの人が理想の学校教育をみるでしょう。しかし、一方で事の原因が親との関係にあり、そして指導する場が少年院であるという悲しさが、指導の限界と世の中のずさんさを示しています。
 周囲に対す優しさをいくらかでも取り戻そう、そんな気持ちにさせてくれる本に仕上がっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本女子少年院

2019/08/25 04:09

塀の中

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

塀の中とはまた違うのでしょうけれど、少年院というのはこういう世界なのか、と勉強になりました。こどもたちを救えるかなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。