サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 新書
  5. KADOKAWA
  6. 角川新書
  7. ドキュメント コンピュータ将棋 天才たちが紡ぐドラマ
ドキュメント コンピュータ将棋 天才たちが紡ぐドラマ(角川新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件

電子書籍

ドキュメント コンピュータ将棋 天才たちが紡ぐドラマ

著者 著者:松本博文

プロ棋士と互角以上の戦いを繰り広げるまでに進化した将棋プログラム。不可能を可能にしてきた開発者たちの発想と苦悩、そして迎え撃つプロ棋士の矜持と戦略。天才たちの素顔と、互いのプライドを賭けた戦いの軌跡。

ドキュメント コンピュータ将棋 天才たちが紡ぐドラマ

税込 880 8pt

ドキュメント コンピュータ将棋 天才たちが紡ぐドラマ

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.7MB 無制限
Android EPUB 3.7MB 無制限
Win EPUB 3.7MB 無制限
Mac EPUB 3.7MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

ツツナカvs森下 リベンジなるか?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:okadata - この投稿者のレビュー一覧を見る

「コンピューターがプロ棋士を負かす日は?来るとしたらいつ」1996年、この問いに答えた羽生善治は2015年と答えた。現実に電王戦ではプロ棋士がコンピューターに大きく負け越している。2015年は若手トップクラスのプロ棋士が意地を見せ3ー2で勝ち越した。この5曲の対局者を軸にコンピューター将棋の開発者や、対抗するプロ棋士の姿が描かれている。もはやプロもコンピューターの打ち筋を研究せずに勝てるレベルではなくなっている。またここでは電王戦を実現させたニコ生のドワンゴも大きな役割を担っていた。

2014年ツツナカに負けた森下卓は対局後の記者会見で人間にはミスがあることから「盤駒を使う」「秒読みを一手15分以内に」との持論を展開した。盤駒を使うとは「次ぎ盤」と呼ばれるもので、普通は頭の中でだけで考える将棋を横に別の盤を置いて並べて確認しながら対局するというものだ。この発言に対しドワンゴがリベンジマッチの舞台を用意した。「実際にやるのは恥ずかしすぎる」と言う森下に対しドワンゴ社長の川上量生が「いや、理論は実践していただきたいものです」と詰め寄った。いざ練習対局をすると森下は絶句した。1手15分にすると
コンピューターも強くなる。2014年の大晦日に10時に始まった対局は翌朝5時まで続くことになる。

ここで面白いのが森下のサービスだ。生中継を意識してリアルタイム次戦解説つきで次ぎ盤で駒を動かしながら、考えていることをつぶやく。これは相手が人間ではなかなかできない試みだ。中盤の始まりで森下が少しリードを奪う。しかし森下に楽観はない。「相手が参ってくれないと、なかなか将棋は勝てないんですよ。」駒損無しで飛車を成り相手が人間なら一方的なリードと言える展開になったが、ツツナカはそれほど形成を悲観していない。龍を自陣に引くと押し込められてむしろ勝てそうにない。これは取る以外の手はない。まあまあ、取るしかない。」

朝から始まった将棋は年が明けるころに山場を迎えた。ツツナカがノータイムで指したのは端歩の突き、しかもどう見てもただ捨てるようにしか見えない。しかし、相手は人間の感覚では測れない。森下は自分の棋風に従いただ、歩を取った。ツツナカには珍しいただのミスだった。ようやく価値が見えた森下にツツナカが粘る。決め手を与えず、隙あらばと反撃を試み銀を取りに歩を打ってきた。

「取るしかない。取るしかない。取るしかない。うん、取るしかない。取るしかないよな。いくら考えても、取るしかない。」疲れが見え始めた森下は決め手を逃し、ツツナカの玉が中央に逃げ出した。入玉になるにせよ秒読みは1手10分、通常なら悔やむ暇はないが10分もあると逃した手に悔いが残る。朦朧とした頭の中で森下はミスしないことだけを心がけた。入玉をさせないようにしツツナカが時間つなぎに捨てる駒を着々と取っていく。そして午前5時、ようやく運営側が途中中断を申し入れた。実質的には森下の勝ちであった。

コンピューターはどうやって強くなるのか。そこには評価関数と自己学習が関係する。昔の棋譜を記憶して勝率の高い手を選ぶというほど単純なものではないし、新しい局面は次々現れる、それをどう評価するかと言う問題だ。例えばBonnanzaは3つの駒の位置関係から、防御の固さや脆さを点数化した。例えば美濃囲いでは8八玉の右隣に銀を、そしてその右下に金を置く。人間が見ればこれが美しい形だがBonnanzaは+1点としか評価しない。金を玉の下に置けば+5点、上に置けば+8点と付けられている。開発者としては新しいアイデアがでなければ毎年の電王トーナメントに出る意義を見出すのは難しい所があるらしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。