サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

鬼狂い(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件

電子書籍

鬼狂い

著者 著者:西村 寿行

愛する娘美和を白血病で失った時、夏目国光の妻佐里は出奔した。六年の後再会した佐里は末期癌に冒され喘いでいた。共に離さず肌に抱いていた愛娘の骨片が空白を埋めた。夏目は警察をやめ、家を売り、更に強盗を働いて金を作って、骨を噛む苦痛から佐里を解放するため、麻薬を購って死出の旅に出た。警察に追われ窮地に立つ二人を救ったのは山中に潜む老婆の集団だった。数奇な出来事と秘薬が与えた妖しい光明に従って、夏目と佐里の北へ向う旅が再び始まる――。生と死の深淵と凄絶な愛の形を物語に紡いで、著者の小説世界の一大結晶を示した、傑作ハードロマン。

鬼狂い

税込 660 6pt

鬼狂い

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.1MB 無制限
Android EPUB 4.1MB 無制限
Win EPUB 4.1MB 無制限
Mac EPUB 4.1MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本鬼狂い

2008/11/25 23:53

死に行く妻を支える遥かな道のり

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

幼い我が子を白血病で失い、妻は失踪する。そして数年後に再会したとき、妻は末期癌に冒され、残り数ヶ月の命となっていた。病院を出て故郷での静かな死を望む妻のために、夫は仕事を辞め、強盗して得た金と退職金をつぎ込んでモルヒネを買い、妻と最期の旅に出る。発端だけ見るとサナトリウム系私小説みたいになりそうなのだが、いきなり警察に追われる立場を選んでいるのが寿行流なのは言うまでもない。旅というより逃避行、それも相当過酷な、だ。
つまり個人に降りかかる不合理とは戦うというのが基本姿勢にあって、現代(執筆当時80年代)医療の矛盾を告発するのも必然の生き様なのだ。その訴えは市井の人々には理解され、逃亡先のそこここで支援を受ける。警察に追われている主人公たちを助けるのはそれなりの覚悟が必要なことで、ここにはヒューマニズムへの信頼を感じることができる。さらに追いつめられた主人公たちは、山間の孤立部落に住む老女たちに助けられ、また自然に深く関わって生きる彼女らから安らかに死ぬことの意味も教えられ、やみくもに突っ走ってきた二人の行動に芯が与えられる。しかし運命の手によって主人公と妻はさらに暴力事件の渦中に投げ込まれ、過酷な生死の境界を潜り抜けながら、教えられた死に臨む姿勢を確かめていく。
死を巡るドラマをバイオレンス小説の体裁で描くことで、死へ向かうための思考の実験、実践を繰り返し、深化していく。それらは主人公夫婦の他に、彼らを見守る人々、追求する警察など、読者も様々な視点で確かめることを求められる。つまり主人公たちが自分たちの生き方を社会に向かって訴えることによって、思いもよらないような幅広い幾つもの相を生じていくのだ。
息つく暇もない意外な展開の連続の中で、死に立ち向かう精神は鍛えられて厳しさを増していく。夫婦に与えられる苦難はまさに人智を絶する無惨なものだ。しかしそれが死に向かう精神に狂的な色彩さえ帯びることにも合理的な説得力を生み、正面から立ち向かっていく姿勢に共感を生む。そうして人物の心象が内向だけでなく、外に向かって開かれているからこそ、新しい脈流が入り込み、世の中もまた変わっていこうというダイナミズムとなる。彼ら自身は、「自然」の中に生きて死んでいくということを受け入れながら、同時に夫婦にとっての核の部分は揺るぐこと無く守り通した。そしてラストでは滂沱の涙と言いたいところなのだけど、展開の早さに眼がギンギンに乾いてそれどこじゃないくらい、作品の世界に持ってかれてしまいました。ただしあまりに激しい展開に、途中で本を伏せてしまう人がいるかもしれないのはゴメンナサイ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。