サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

旅券のない犬(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件

電子書籍

旅券のない犬

著者 著者:西村 寿行

着任して間もない駐ケニア大使の刈羽夫妻が惨殺された。唯一、現場を目撃したのは純白の体毛と精悍な容貌の紀州犬・十兵衛のみであった……。五日後、十兵衛は単独、犯人を捜し出し夫妻の仇を討つことに成功した。そして、一万数千キロ離れた日本に残る夫妻の息子の元へ、強烈な本能に衝き動かされるままに、絶望の旅に就いた。だが行く手で待ち受ける凶暴な敵の数々。さらに超大国のB兵器(バイオウエポン)に絡む謀略に巻き込まれた十兵衛は、死闘を繰り返しながらも日本を目指した……。数多の危険と戦う犬の冒険ロマン!

50%OFF

【期間限定価格】旅券のない犬

本日まで通常748

税込 374 3pt

【期間限定価格】旅券のない犬

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.2MB 無制限
Android EPUB 4.2MB 無制限
Win EPUB 4.2MB 無制限
Mac EPUB 4.2MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本旅券のない犬

2014/04/14 23:07

サバンナに紀州犬

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

「犬笛」「黄金の犬」は作者畢生の傑作だ。さらに世界を駆ける犬の物語を作ろうと思ってもいたしかたない。紀州犬のジュウベエはケニアで飼い主を失い、故郷の日本を目指す。
それは科学では未だ説明できない、人智を越えた能力のなせるわざだが、その道のりは果てしなく遠い。ただアフリカ大陸、そしてユーラシア大陸を疾走する姿を夢想すれば、ロマンを掻き立てられる。その物語を書かずにいられない、書くだろう、書いた。
アフリカでの試練は、豊穣な野生動物だ。ワニだの、ライオンだぜ。紀州犬はそれらとどう対峙するのか。いくらなんでもライオンに勝てるわけが無いぞ。
ユーラシア大陸では、人間の間の争いにも巻き込まれる。各国の諜報機関は動物の超能力の研究のために、ジュウベエを確保しよとする。バスク地方の山村を通過しようとすると、謎の武力集団の狼藉に巻き込まれる。だがどんな時にも、人々の優しさがジュウベエを助け、国境を越えさせる。純粋に動物への博愛、力強く疾走するものへの憧れ、飼い主へか故郷へかの一途な思いへの憐憫、そういった思いが万国共通なのかは知らない。知らないが、それはきっとあるのだと信じられる。そうでなければジュウベエが走り続けられるわけがないからだ。
そして共産圏である東欧を通り、アルメニア、グルジアなどのソ連圏に入り、滅びる寸前の狼の群れと古代黄金都市の伝説に邂逅する。ここで野性に還り、子孫を残し、伝説を守護する精霊となるのも一つの大団円であったかもしれないが、東西冷戦の論理がここでも顔を出す。
いったい、どれだけの荒野を渡り、山脈を越えてきたろう。世界の広大さを生身の肉体に刻み込んだ、そのこと自体が他に比肩することのできない大きなスケールのロマンとなっている。人間の欲望もイデオロギーも、ただ一匹の犬の挑戦を妨げることはできない。舞台を大きくしたことは、それだけの効果と意義を生み出し、そして高密度な、国際冒険動物小説となったのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。