サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

獣の夢(角川ホラー文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 1件

電子書籍

獣の夢

著者 著者:中井 拓志

1995年、富山県宇尾島市立氷上小学校屋上で6年生の児童23人が起こした「児童死体損壊事件」。メディアによってこの子供たちは「獣」と名づけられ、大論争を巻き起こした。そして、9年後……。

50%OFF

獣の夢

本日まで通常594

税込 297 2pt

獣の夢

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.3MB 無制限
Android EPUB 4.3MB 無制限
Win EPUB 4.3MB 無制限
Mac EPUB 4.3MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本獣の夢

2006/02/24 10:55

原因の中心には“言葉”がある。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カルバドス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 【言霊】という言葉をご存知だろうか?人が発する言葉や文字そのものに力があり、それによって人々や物事は動かされるという、ちょっと聞いただけでは「超能力の一種?」と勘違いされそうな力(もしくは現象)を指す。しかし我々は、普段あまり意識せずにこの能力を使っている。たとえば、シュークリームとエクレアが一つずつあり、あなたはエクレアを食べたいのだが、一応「どっちがいい?」と友人に尋ねたとしよう。それに友人が「エクレアでいい」と答えるのと「エクレアがいい」と答えるのでは、あなたの受け取った思いはかなり違うはず。「〜で」の場合は“仕方ないからエクレアを選ぶ”と感じ、「〜が」だと“どうしてもエクレアを食べたい”という気持ちを感じられるはずだ。これにより「それならシュークリームを食べなよ」となるか「それならシュークリームを食べるよ」となるか、あなたの答え方も違ってくるだろう。ほんの些細な“で”と“が”の違いだが、その後の行動は大きく違ってしまう。言葉本来の持つ意味、それが言霊なのだ。
 本書に登場する猟奇事件のきっかけとなった少女は、人々の言葉のニュアンスを読み取り、その先を予見する。だが予見するだけでは、人々にさほど強い影響を与えられない。それなのになぜ、人々は彼女から影響を受けてしまうのか。
 小学生による死体損壊事件、その数年後の同様の事件。翻弄される警察を、少女は高みから見下ろす。だが自らは、積極的には関わらない。命令すらしない。しかし当時の児童は、現在の犯人は、彼女が関係しているかのごとく動く。なぜ?
【言葉の暴力】という言葉がある。ある時はいじめの現場で使われ、ある時はマスコミが使い、またある時は家庭内でも使われる。表面的な肉体の痛みを伴わないぶん、精神が被るダメージは大きい。言葉の暴力、無意識の暴走……言霊に操られた人間は、もはや正常な判断力を失っている。マリオネットは命じられるがままに動くのみ……。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。