サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

末枯れの花守り(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件

電子書籍

末枯れの花守り

著者 著者:菅 浩江

初めて植えた朝顔に、男への想いを託す今日子。だが、最初の一輪が咲いた時に知り合った圭二郎から連絡が絶えてひと月になる。彼女の心が限界に近づいた時、永世姫、常世姫と名のる艶やかな和装姿の女たちが現れた…

末枯れの花守り

税込 550 5pt

末枯れの花守り

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.1MB 無制限
Android EPUB 5.1MB 無制限
Win EPUB 5.1MB 無制限
Mac EPUB 5.1MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本末枯れの花守り

2003/09/27 00:16

日本独特の美しさの表現

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

帯の「泉鏡花」に魅かれて読みました。
菅浩江さんの作品は他に「アイ・アム」を読んだのですが、それとは全く違う世界と語り口で一瞬引きましたが、まるでそこに見えるかのような情景描写の巧みさ、美しさにすぐに引き込まれました(願わくば私にもっと古典や日本の古い装束や習慣に関する知識があれば!)。全体的に物悲しい雰囲気が漂ってはいますが、決して暗鬱となることもなく読後も静かで、それでいて希望も見えるような気持ちになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本末枯れの花守り

2002/07/24 23:30

雅な世界をご賞味アレ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:3307 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書の帯と解説は、夢枕獏さんが手がけています。
-----
 帯:「これは、泉鏡花ではないか——夢枕獏」
解説:「鏡花の遺伝子」
-----
 作品を読んで納得、雅な和の世界が絢爛豪華に広がっていました。

 ストーリーは、「花」を摘んで回る人達と、それを阻止する一派の攻防となります。そこに、歌舞伎を中心とした「和」のテイストを豪華に盛り込み、雅に仕上げた物語。歌舞伎や花の知識が不足している私は、本書の豊かなイメージを十分に味わうことができなかったので、本書の映像化を切望します。作品のイメージを損なわない映像が生み出せたら、とんでもない傑作が生まれるのではないでしょうか。

 さて、「花」を摘むことが、なぜ邪魔をされるほどの大事なのかといえば、収集している異界の姫に問題があるからです。この姫君は二人姉妹で「永世(ながよ)姫」と「常世(つねよ)姫」というのですが、彼女たちは、人の心を「花心」と呼び、異界の花に閉じこめてしまうのです。

 彼女たちの「花摘み」を阻むのが、「時実」とその一派。この時実さんは、「明治以降はこれでいい」ということで、詰め襟の学生服姿で登場します。学生服に太刀という姿から、楠桂さんの『鬼切丸』を思い出しました。

 この物語の凄さの一つに、登場人物のキャラクターを花の性質になぞらえた点があります。それはもう、「女心を書かせたら、菅さんの右に出る者はいない」とひれ伏したくなるほど。例えば——

『寒牡丹』の傲慢さ
『山百合』の多弁
『老松』のおばあさんのキャラクター

 ——などが心に残りました。また、「女心」ではありませんが、『曼珠沙華』に登場した、「50年待ち続けた少年」のいじらしさも、心にしみいります。

『陰陽師』をはじめとする「和モノ」がお好きな方と、梨木香歩さんの作品がお好きな方は是非ご賞味あれ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。