サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:日替わりクーポン(0813-16)

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 原子力船むつ消失事件
原子力船むつ消失事件(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価

電子書籍

原子力船むつ消失事件

著者 西村京太郎

原子力船「むつ」は佐世保での修理を終え、新母港の下北半島関根浜へ向った。八丈島近くに大型台風が接近してはいたが、航海は順調だった。だが、(新潟沖100キロを航行中、全員元気)の無線を最後に、「むつ」は消息を絶った―――。やがて、尖閣湾沖で大量の魚の死骸が発見され、近海が放射能に汚染されていることが判明する…。事件の意外な真相を追って、日本海からアラブ海へ展開する壮大なサスペンス推理。

原子力船むつ消失事件

583 (税込)

原子力船むつ消失事件

ポイント :5pt

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 13.2MB 無制限
Android EPUB 13.2MB 無制限
Win EPUB 13.2MB 無制限
Mac EPUB 13.2MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍原子力船むつ消失事件

2012/07/28 13:10

原子力黎明期の真実

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

1981年に書かれたこの本を、今、2012年に読むとかなり驚くと思う。
当時実験船として建造された「原子力船むつ」が、航行中に行方不明になるというショッキングな設定で進むのだが、政府や関係者はこの事故に際しても、まるで緊急事態とは思えないのんびりした対応で、事件が拡大しても責任逃れと情報の隠蔽に終始する。事件の真相を調べようとする主人公でさえも、組織のこの体質に疑念を抱くこともなく、むしろそれに加担しさえする。誰もそこを追求することはしない。煩い存在とされているマスコミさえも。フィクションの中の話だとしても、作者も、これを支持した当時の読者もそういう当たり前のことと認識していたわけだ。
そしてこの体質が、大きな事故を招いてしまった現実にも通じるように思えて愕然とする。
原子力による被害の恐ろしさは、日本人はみな身に染みているのかと思っていたが、保身に走り学級会レベルの閣議を繰り広げる政治家、技術的野心のために核技術の暴走など気にも留めない技術者、実際の当事者であった人々ががそうだったとはまったく思わないが、一般からは原子力とはその程度に扱われるものだと認識されていたということだ。
事件の背後には核をめぐる国際的な陰謀が広がっていた。その国際関係の中で日本政府は身動きが取れなくなる。そのパズル的構造はうまくできているが、穴だらけと言えば穴だらけ、そもそも世界的な核戦略の観点がすっぽり抜け落ちている。
たしかにこの頃は、原子力は未来を切り拓く光であり、きっと科学の力で制御できるはずだという見方が主流だったのかもしれない。その流れの中にブラックな味わいを放り込むというだけでも、かなりの勇気のいること、放射能汚染という重い設定をするだけでも、相当なタブーに切り込んでいたのかもしれない。
しかしまったく危機意識のない体制を肯定的に描き、目的意識さえよければどんな手段をとっても許されるといった倫理観を依然として前提にしてしまうのであれば、それは原子力が我々にもたらした現実から目を逸らしていたと言うより無いだろう。
それが、この作品を取り巻いていた、「この社会」の現実でもあったし、登場人物たちは僕らの現し身だ。その後、少しは知識は増えたかもしれないが、僕らの性質はそんなに変わっていないだろう。そのことをこの作品は思い出させてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する