サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

ハワイッサー(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件

電子書籍

ハワイッサー

著者 著者:水野 スミレ

主人公は35歳の専業主婦コトブキ。夫は12歳年上の大学助教授、浮気、育児、PTA活動などの一日の行動から生じる感情の揺れ動きにより、一人の女の貪欲な人生観を描く。

ハワイッサー

税込 572 5pt

ハワイッサー

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.0MB 無制限
Android EPUB 4.0MB 無制限
Win EPUB 4.0MB 無制限
Mac EPUB 4.0MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本ハワイッサー

2005/12/19 13:52

明るく元気な思い込み?!

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:土曜日の子供 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 たとえば、フルタイムで働いてる人は専業主婦の一日をリアルに想像できない。決められた時間の流れで働く勤め人と、一日の時間すべてを自分の采配により仕切る専業主婦。勤め人の中には「主婦って一日家にいて何をしてるんだろう、暇じゃないのかな?」と思う人もいるようだ。しかし時間が自由になるゆえに、予定を次々入れてしまいどんどん忙しくなるので、けっきょく時間刻みの行動になるということがこの本を読むとわかる。
 この本では自由な時間がいくらでもあるように思える主婦の一日がどんなもんなのか、それのみならず主婦の考え方、行動パタン、価値観の一端がうまく表現されている。
 主人公、寿は家事を手際よくこなし夫を立て、健康やダイエットに心がけ、子供の世話もきちんとし、主婦だからってぬかみそくさくなったりせず、明るく自分の気持ちに正直に生きている。愛人を持つことも自分の心の安定のためと割り切る。ある意味専業主婦空間という与えられた環境の中で、いかに自由に楽しく生きるか悪戦苦闘しているようでもある。でも自分で選んで納得した生き方でも、ときおり心の中にふっと不安や自信のなさが顔をのぞかせる。
 ひとりの主婦の生活の、光と影、まだらな部分が、さらっとした現実的な文体により描かれる。寿のライフスタイルも現代を生きる主婦の1つのバリエーションなのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ハワイッサー

2004/03/20 20:06

届かない生活の匂い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:高橋波子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

35歳のコトブキさんは大学教授の夫と二人の小学生の母親である。夫の志郎さんは彼女の大学時代の担当教授で一回り年上という設定だ。二人の性生活では、志郎さんが男と女の快感の違いについて嫉妬している。女の快感が男の五倍以上はあるというのだ。コトブキさんは近所の喫茶店のマスターと性交渉を持っている。アクロバット式に体位を変えて貫くマスターをいとおしく思い、時には喫茶店でその口上を聞くこともあるが、激しいセックスの後遺症で生理でもないのに出血したりする関係だ。若い哲ちゃんはコトブキさんの中に入らないくらいの大きさのものの持ち主で、彼の狭いアパートの部屋で、合体はおざなりにし主にコトブキさんが口でしてあげて飲み込んであげる関係だ。コトブキさんのマンションの水周りの修理などの相談をしてもらっているうちにこういう関係になった。
コトブキさんが私の妻であったら大笑いであろう。コトブキさんのだんなはほぼ私と同い年である。私はひとり途方に暮れるしかない。
逆にコトブキさんの4人目の相手が私であったなら、私はコトブキさんをとてもいとおしく思うだろう。
昔見たポルノ映画のあっけらかんとした主人公を思い出した。ポルノで見るならわかるけど、ドキュメンタリータッチのフィクションで読むとやはりつらい。随所に生活風景を散りばめてはいるので少し興奮した。だけど、生活の匂いは私には届いてこない。
しょせん地球上の生物のひとつに過ぎない人間が、その生きていく手段として得た知恵(倫理、道徳など)は貴重なものかもしれない。ただしそれが貴重であることを証明するためには、その知恵を生かせずに本能のまま生きて堕落してしまう人々もいなければならない。
パート2に期待しようかしまいか、どうしよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。