サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1019-21)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

北天の馬たち(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 3件

電子書籍

北天の馬たち

著者 著者:貫井 徳郎

横浜・馬車道にある喫茶店「ペガサス」で働く毅志は、二階に探偵事務所を開いた皆藤と山南の仕事を手伝うことに。しかし、付き合いを重ねるうちに、毅志は皆藤と山南に対してある疑問を抱いていく……。

北天の馬たち

821 (税込)

北天の馬たち

ポイント :7pt

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 9.5MB 無制限
Android EPUB 9.5MB 無制限
Win EPUB 9.5MB 無制限
Mac EPUB 9.5MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本北天の馬たち

2016/12/30 21:43

読者に期待感を持たせる絶好の舞台がまだ遺されている

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は貫井が若き探偵事務所の所員たちの活躍を描く小説である。主人公はまだ20代の若者で、母親と一緒に横浜馬車道で喫茶店を経営している。その建物の2階は賃貸に出しているのだが、なかなか借り手がつかない。ある日、主人公より年上の2人の青年が借りてくれた。2人ともに人柄がよく、主人公も母親も気に入った。

 主人公は毎日同じことの繰り返しではなく、探偵の仕事を手伝わせてもらいたかった。探偵の2人からも認められ、手伝いを始めたところがストーリーの発端である。2件ばかり尾行、張り込み、聞き込みなどの仕事をこなし、探偵から指示された仕事をそつなくこなすことができた。問題はその2件の仕事のつながりに不審が生じたのである。探偵二人の信頼を勝ち得たように見えたが、2人のやっていることが本当にクライアントのためになっているのか、その辺りに不審が生じたのである。

 探偵の仕事といえば、日本の小説では、というよりは日本ではあまり脚光の当たる職業ではなさそうである。危険は伴うが地味な仕事である。それが小説になるのであろうかと思った。たしかに、内容も実際の社会における探偵の仕事とは、ややかけ離れているように見えるのである。

 主人公が不審を抱いたのは、探偵2人が主人公に本当の目的を秘しているように思えたのである。それでは自分を信用してもらえていないと考えたわけである。1件目、2件目と仕事の中身は全く別のように思われるのだが、関連がないのか、あるのかが明快に描写されていない。これには何か理由があると読者は考えるであろう。

 そこから探偵となった2人の本来の目的を紐解いていくという流れになっている。なかなか巧みである。あるいは1件、2件とまったく無関係に描いておいて、あとからつなげて読者を驚かせるという手もあったと思う。あまり筋に凝ると分かりにくくなって放棄される恐れもある。

 探偵、喫茶店の2階、魅力的な青年たちの行動、それに魅かれる喫茶店主と並べられると、期待感が自然にわいてくる。後はその期待感をどのように、どこに落とすかであろう。それは本編を読んでのお楽しみである。探偵というのならば、本編に登場するようなリスクのある設定も結構だが、その期待感を継続させて、別の落としどころを次回作で登場させるという手もある。

 これだけの盛り上がりを本編だけで終わらせるのはもったいない。是非、続けてほしい。それだけの魅力ある背景が作り上げられた作品であると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本北天の馬たち

2016/12/07 11:49

横浜の馬車道通り、訪れてみたいです。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:端ノ上ぬりこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

馬車道通りから少し奥まった所に、毅志と母が経営する喫茶店「ペガサス」が有り、その二階に皆藤と山南の探偵事務所がある。剛志は二人の仕事を手伝うことになる。淑子と芽衣香の二人との関係や、謎めいた探偵の仕事にしては納得できない内容の仕事を手伝いながら、剛志は違和感を覚える。剛志は独自に謎がなんなのか調べ始める。やがて二人は剛志の前から姿を消し、不安が広がる。
貫井さんの作品にしては、普通っぽい。映像しやすい作品のように思った。シリーズ化もし易そう。こんな読み方しか出来ずごめんなさい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本北天の馬たち

2016/10/11 00:09

貫井徳郎さんにしては…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱやぱや - この投稿者のレビュー一覧を見る

貫井徳郎さんのミステリーといえば,人間の嫌な部分が出ていたり,最後まで謎が解けなかったりと,読んでいるととてももやもやする感じだと思っていました。しかし,北天の馬は違いました。行われたことの是非は別として,いい話でした(笑)毅志の成長が感じられるのがよかったです。
馬車道を中心に,横浜の街が描かれています。馬車道の方はあまり行ったことがないので,今度行ってみようかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する