サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(0820-23)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大人の自由研究 ポイント5倍キャンペーン(~8/31)

二重螺旋の悪魔(角川ホラー文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.9 9件

電子書籍

二重螺旋の悪魔 完結

著者 著者:梅原 克文

遺伝子操作監視委員会に所属する深尾直樹は、ライフテック社で発生した事故調査のため、現地に急行した。直樹はそこで、かつての恋人・梶知美が実験区画P3に閉じ込められていることを知る。だが、すでに現場は夥しい血で染め上げられた惨劇の密閉空間に変質していた……。事故の真相に見え隠れするDNA塩基配列・イントロンに秘められた謎。その封印が解かれるとき、人類は未曾有の危機を迎える!恐怖とスリルの連続で読者を魅了する、極限のバイオ・ホラー。

二重螺旋の悪魔(上)

864 (税込)

二重螺旋の悪魔(上)

ポイント :8pt

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 11.6MB 無制限
Android EPUB 11.6MB 無制限
Win EPUB 11.6MB 無制限
Mac EPUB 11.6MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.9

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍二重螺旋の悪魔(上)

2016/03/03 15:14

サイファイ作家・梅原克文の衝撃のデビュー作。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やきとり - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者が自分でいっているように70年代の日本SFを彷彿とさせるSF&スーパージャンル小説で往年のSFファンにはたまらん作品。(<朝日ソノラマ版>の表紙が生頼範義画伯の絵だったので余計にね)

遺伝子操作監視委員会の調査官:深尾直樹は、ライフテック社の実験区画P3でバイオハザードが発生したと睨み調査に乗り出す。ところがP3区画では十数人の惨殺死体が発見され、死んだ研究員の中にDNAの中にある謎のイントロン配列を研究していた者がいた事が判明し、事態は想像を超えた方向へと急展開し出す、、、。

第一部はバイオホラーとして、第二部はサイボーグSFとして、そして第三部は戦争&電脳&神との戦いというようにどんどんスケールアップしていく。しかも毎回趣向を凝らした謎が登場し、それがそのまま次の物語に繋がるという仕掛けになっており、主人公:深尾直樹には次から次へと難題がふりかかって来る。それを時には運で、時には自力で解決しながら戦いの深みにはまっていくという一度読み出したら最後まで止まらなくなる、まさにジェットコースーター小説。

そしてこの荒唐無稽な話を支えるのが数々の魅力的なガジェットや科学知識。よくもまあこれだけの内容を詰め込んだなと感心するぐらいてんこ盛りにアイデアが投入されており、骨子になるキーワードを挙げるだけでもバイオリアクター、P3施設、エクソン配列、イントロン配列、クトゥルー神話、GOO、EGOD、アッパーバイオニック、マイクロマシン、NCS機能、神経超伝導化などなど、、、とにかくSF好きにはたまらない設定が目白押し。

また主人公は「死んだ恋人を蘇らせる為に戦う」という極めて人間臭い、シンプルな理由で「GOO」と呼ばれる人類の敵と戦う。他の登場人物もステレオタイプではあるし、主人公の考え方にもいろいろ疑問を呈する部分はあるが、それをありあまる熱気と力技で押し切ってしまっているのでとっても感情移入しやすい。初期のクーンツに結構似ているかな。

とても新人(当時)が書いたとは思えないスケールのでかい話であり、SF好きなら押さえておいて損はない小説だ。

本作と次回作「ソリトンの悪魔」は超オススメ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本二重螺旋の悪魔 上

2003/06/10 01:05

ワクワクの冒険小説!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PNU - この投稿者のレビュー一覧を見る

いやー、こんな面白い話があるなんて! 長らく積ん読していて人生をソンしました。ジャンルは何だろう、バイオホラー? SFハードボイルド? バトルアクション? 理系用語がガンガン飛び交うため取りつきにくい第一印象を持つが、それをこらえればジェットコースター的ノンストップの展開で進む物語の激流に時を忘れてしまった。私は仮にも医学の徒のはしくれなので、かつて分子生物学などをかじった覚えがある。しかし、この小説によって知識を〈知っていること〉と〈物語として紡ぐこと〉の間には、とてつもない距離があるのだなあと考えさせられた。それはあたかも、畑で見知っていた泥だらけの野菜が、一流シェフの手により極上の横文字の料理の一皿になったのを見たかのような感慨である。
 またこの物語、やたらスケールがデカい。壮大な神話とでも呼びたいくらいである。上巻から下巻の間は話が飛んでおり、一瞬〈中巻が存在するのかっ?〉と思ったが、それさえも冗長な描写を削いだ作者の作戦なのだった。ああ、面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本二重螺旋の悪魔 上

2002/07/30 16:25

バイオホラーの先駆け

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:奥原 朝之 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 バイオホラーと言えば、映画にもなったパラサイトイブが有名だろう。しかし本作品はパラサイトイブよりも先に刊行されている。

 タイトルから分かるように遺伝子操作技術をテーマにした近未来小説である。冒頭にバイオホラーとか書いたが、ホラーというよりはアクションやサスペンスの要素が多いので正直何と形容して良いのか分からないが、スピード感あふれる展開で非常に面白い。

 人間の持つ遺伝子の97%はジャンクと呼ばれる領域で何の意味も持たないとされている。果たして本当にそうなのか。というところから本作品は出発している。そのジャンクの部分をいじっていると化け物が出現してしまうというストーリーである。あとはその化け物と人間との戦いが繰り広げられる。

 現実の世界もクローン羊のドリーが出現して以来目覚まし進歩を遂げ、今日ではES細胞と呼ばれる未分化細胞から任意の器官細胞を作れるところまで進歩してきた。

 あと十数年経つとこのような世界が実際に訪れるのかも知れない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本二重螺旋の悪魔 上

2002/05/22 23:12

超人願望な私が見える

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:青月堂 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 上下合わせて1600枚(原稿用紙)の超大作である。

 全体は三部構成になっている「封印」「超人」そして「黙示録」。読み始めて、最初は一度あきらめた。一人称の文体が、平井和正の「狼男だよ」のパロディーみたいで、イヤだったのだ。

 しかし、クトゥルー神話がモチーフになっていること、「黙示録」なんてどう書いているのか興味があったことから、通勤途中に読み出した。

 面白い! 抜群のストーリーテラーだ。第一部の「封印」を読み終えた時点で、充分小説一本分の手ごたえがあった。それでも三分の一でしかない。この先どうなるのか、展開が読めなかったが、「超人」というタイトルに惹かれ続きを読んだ。面白い。そうきたか!

 第二部を読み終わったところで、充分小説二本分の手ごたえがあった。それでも、まだ半分。
 しかも、下巻の方が分厚くさえ思える。どんな展開になるのか、先が読めなかったが、「黙示録」というタイトルに惹かれ……、ようするに引っ張り方がうまいのだ。

 モチーフ自体はそれ程突飛なものではない。DNAに封印された太古の悪魔。一種の時限爆弾だ。キーを解除できるだけの科学力を身につけたとき、それは解き放たれる。食べごろに育った家畜を狩るように。ところが、DNAには逆の力も封じ込められている。悪魔に対抗する超人の力だ。そして、悪魔も超人もその役割は……。

 ちょっと長いけど、絶対面白い。おすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本二重螺旋の悪魔 上

2001/04/13 05:43

バイオ・ホラー・アクションの金字塔

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:旅歌 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ここまで凄いと、自分の貧弱なボキャブラリーでは賛辞の言葉を思いつかない。
 わが国バイオ・ホラーの先駆けとか代表作との定説がある、瀬名秀明『パラサイト・イヴ』に先行すること二年。鈴木光司の『リング』と同じ年(1993年)に出版されたこの作品は、馴染みの薄い朝日ソノラマという出版元も手伝ってか、上記ニ作に比べるとかわいそうなくらい忘れられた存在だった。

 ところがところが、今ごろ読んでおいてこんな言い方もないもんだと思うが、梅原克文『二重螺旋の悪魔』こそ、その後ブームとなったバイオ・ホラーのまぎれもない先駆であり、内容の凄まじさ、作家の創造力、稀有なストーリィ展開、ジャンルでは語れないハイブリッド感覚、どれを取っても凡百の小説では歯が立たない、上記二作を遥かに凌ぐ、バイオ・ホラー・アクションの金字塔だったのである。

 作者の梅原さんは、二年後に上梓した『ソリトンの悪魔』で日本推理作家協会賞を受賞して、各方面に知られるようになった。が、それとておもしろさでは『二重螺旋の悪魔』の比ではない。その後、積もり積もった怨念が炸裂したのか、サイファイ宣言で物議を醸したのは記憶に新しいところ。というか現在も継続闘争中。あれだけでかい口(失礼m(__)m)を叩くのだから、さぞや凄いんだろうと思った最近作『カムナビ』ではがっかりさせられたものだが、これほどのポテンシャルの高い作家ならば簡単に見捨ててはいけないですね。ケンカを売るかのような一方的で不毛な論争にばかりに力を傾けないで、作品の質を上げることに力を注いで欲しいもんです。

 この物語を読めば、梅原さんのおっしゃるサイファイがどういうものかとてもよく解るだろう。『カムナビ』はサイファイ・テキストに相応しくないですね。本家SFマニアたちの、陳腐だの、底が浅いだのとの酷評も納得できてしまうから。だが、この物語にそういう言葉は相応しくない。

 当然、エンターテイメント小説はおもしろいことが大前提である。なんでもありで結構だが、読者に擦り寄っていくような姿勢だけはいただけない。『カムナビ』には某出版社の超訳本のような不健全さがあって、どうしても納得できなかった。この物語だって、登場人物の心根には似たような不自然さがある。だが、まだ熱さがあるのだ。大仰でステレオタイプな人物たちに、血の通った温かみが感じられるのだ。主人公の深尾がなんでも自分のせいだと叫んでも、成長と考えても上下巻で違い過ぎるの深尾直樹の大げさぶった人格も、男女関係の機微が描けていなくても、ここまでなら許せる範囲だと思うのである。

 何とか及第点の人物に、破格の創造力に支えられた無類のストーリィが被さる。山場がいくつもあり、時系列的に連なった短い時間の中で密度濃いストーリィが、決して読者を飽きさせることなく爆発的に展開する。次から次と問題が発生し、ころころとストーリィが転がっていく。実に無理なくスムーズに転がるので、例え仕掛けが陳腐に見えても、読者は文句なんか言っている暇がない。これも『カムナビ』とは大きな違いだ。物語作りのツボを知り尽くしているかのストーリィ。逆説的発想。もう見事と言うしかない。

 いろいろな先駆者の影響はあるでしょう。でも、補ってあまりある作者の類稀な想像力なのです。神の姿には失笑が漏れるかもしれないが、それとても全体を俯瞰すれば、バランスがとれているように見えてくるから不思議なもの。ラストにもっと捻りを期待していたので、少々残念な気もしたが、叫ぶ深尾直樹はこれで良いのだと結局納得してしまった。この神はおもしろ過ぎかな。

 『パラサイト・イヴ』や『リング』が最高! と思っている人には是非読んで欲しい。根本的に違う疾走感を感じてもらえると嬉しいのだ。もちろん、その二作だっておもしろいんですけどね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本二重螺旋の悪魔 下

2001/01/23 23:54

バイオホラーの最高傑作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:R2bk1 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人類のイントロンから解き放たれた怪物——GOOたちによって世界は焦土と化した。
 深尾直樹”大尉”は最終軍の小隊長として、東京を占拠したGOOとの戦いの最前線にいた。
 深尾が前線にこだわるのには、人には明かせない理由があった。彼をかばって死んだかつての恋人、知美を蘇らせる方法を探ろうというものなのだ。そのことが現在の恋人である理奈との間に溝を生じさせてしまい、深尾は先の見えない毎日を煩悶と送っていた。
 そして、いつ果てるともしれない戦いは、理奈たち技術班の開発した最終兵器“ネクロノミコンウイルス”によって新たな局面をむかえる。GOOを殲滅すべく暗号名“指輪作戦”が計画され、深尾はその指揮をとって敵本拠地の奥深くに潜入することになった。
 だが、そこで深尾が見た光景は、まさに想像を絶する真実だったのだ。
 神はなぜ人を造ったのか。なぜ人類のイントロンにGOOを封印したのか。足下が崩れ去るような目眩感を感じさせながら、事態はついに最終章へと突入する——。

    ◇ ◇ ◇

 さて、上巻で提示されたイントロンと神経繊維の謎は、この下巻においてようやくその秘密が解明される。答えについては実際に読んでもらえればわかるが、今まで信じていたすべてのものに裏切られるような強烈なショックを与えてくれることは確かである。覚悟して望んでいただきたい。
 また、上巻をバイオホラーとするならば、この下巻はアクションSFとでもいうべき仕上がりになっている。上巻から下巻へのストーリー展開にはやや強引なものを感じないでもないが、読んでいる最中にはそんなことを感じさせないほどの筆力がある。読者は最後までぐいぐいと引っ張られ、次から次へと襲いかかるアクシデントに、手に汗握ることになるのだ。
 そして、最後まで読み終えた後、あなたはうそ寒くなるような恐怖を覚えることだろう。
 開け放たれたパンドラの筐の底に、果たして“希望”はあるのだろうか。


〜 ELI ELI LAMA SABACHTANI 〜 主よ、主よ、何ゆえ我を見捨て給うた?
(新約聖書 マタイによる福音書第二七章四六節)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本二重螺旋の悪魔 上

2001/01/22 23:22

バイオホラーの最高傑作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:R2bk1 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 遺伝子操作監視員会の調査官である深尾直樹は、バイオ産業大手のライフテック社で発生した事故の調査に赴く。そこにはかつての恋人、梶知美もいるはずだったが、深尾を待ち受けていたのは血まみれのP3実験区画だった。
 現在と過去の記憶が錯綜する中、イントロンに隠された謎が次第に明かされていく。
 だが謎はそれだけではなかった。人類の神経繊維に秘められたもうひとつの秘密。
 はたしてわれわれ人類の行く先はどこなのであろうか——。

 さて、DNAという言葉はつい最近までそれほど一般的なものではなかったが、近頃では遺伝子操作の是非を問う記事が新聞の一面に載るほどになっている。
 そのDNAであるが、塩基文字配列のすべてが有用な情報を持っているわけではない。実は、遺伝情報として意味を持つエクソン配列と、なんら意味を持たないイントロン配列とがあるのだ。ここまでは生物学の基礎を学んだものならば誰でも知っている。
 しかし同時に、ここで必ずと言っていいほどひとつの疑問が生まれる。すなわち、「イントロン配列は本当に無駄な存在なのか」という疑念である。考えてもみていただきたい。これほどまでに合理性を追求しながら進化してきた生物であるのに、その遺伝子に無駄な情報がたくさん含まれているなど、いったい誰が素直に信じられよう。
 この物語は、すべてその疑念に端を発している。
 著者は、誰もが感じていた疑問にひとつの答えを投げつけたのだ——イントロン配列は「何者か」がプログラムし、さらに人類のDNAに隠蔽した遺伝情報なのである、と。

 SFの手法としては、現実とフィクションの境目が分からなくなるような展開をとっている。目新しい手法ではないが、実に見事なリズムで現代風に再現されている。
 息をつく暇もないテンポで話が進み、読者はいつしか現実と虚構の区別が付かなくなってしまうのだ。本書は上下巻の二冊からなるが、寝る前に上巻を読むのはやめた方がいい。そのまま下巻に手を伸ばして翌朝、寝不足になるのが目に見えているからだ。

 クローンの作成や遺伝子操作食品が一般のニュースを賑わす現代にあっては、本書をただのフィクションと笑い飛ばすことはもはや不可能である。これは現実に起きるかもしれない恐怖なのだ。
 もしかしたら、われわれは本当に神の領域にちょっかいを出しているのかもしれない。いろいろと考えさせられる作品である。


〜 ELI ELI LAMA SABACHTANI 〜 主よ、主よ、何ゆえ我を見捨て給うた?
(新約聖書 マタイによる福音書第二七章四六節)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本二重螺旋の悪魔 下

2003/06/10 01:07

ノン・ストップの興奮を貴方に。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PNU - この投稿者のレビュー一覧を見る

 下巻は主人公のポカミスが目立つ。最後の選択もやや疑問。気持ちはわかるけど。命を懸けて戦った者には、それなりのボーナスが与えられてしかるべきってことか。
 ものすごく面白いので、ケチをつけたくはない。だが、どうしても永井豪のあの漫画のデ××ンに敵の能力が似ているなとか、諸星大二郎の妖×ハ××ーや生××市の設定のようだなとか、ジミーちゃんはアトムに出てきたアレみたいだナ、とか頭をよぎることも。勿論、類似点を連想させるというだけで充分オリジナルであるのは言うまでもない。ハンパないグロテスクな生物描写はたいへん素晴らしい。あとはこんだけ出来がいいのに、ク××ルーの設定を借景してこなくても良かったのではと思う。借りた方が簡単に深みが出るし、わかりやすいだろうが、オリジナルでもイケたんじゃないかなあ。
 どちらにせよ、ワクワクする冒険物語なので、アニメ「装甲騎兵ボトムズ」や平井和正の「アダルト・ウルフガイ」シリーズが好きな向きには超オススメだ。 
 蛇足の感想…大活躍の女医さん、若すぎるよねえ。あの歳でマル秘の研究チームに入るなんて、日本の教育システムでは不可能ですな。アメリカで大学飛び級したとか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本二重螺旋の悪魔 上

2002/04/01 23:54

二重螺旋の秘密

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 スケールの大きさ、話の展開の面白さ、どこをとっても超一流の、「これぞエンターテインメント!」と言いたくなるような作品。面白い本が読みたい人にはうってつけ。山場の連続で読者を飽きさせない、一気読み必至の徹夜本。ただ個人的意見としては、やっぱり「ソリトンの悪魔」のほうが面白いと思う。たぶん一人称で話が進むからだと思うけど、ハードボイルドによくある予定調和なところがいくつかあった。その点「ソリトン〜」のほうは三人称多視点だったから、話が意外なところに転がる驚きがもっとあったと思う。この話も、敵や脇役の視点があれば良かったかな。ま、そんな不満もいくつかありますが、とにかく面白いってことだけは保証できます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する