サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/30)

修正:定期購読キャンペーン(0907-30)

夜見師(角川ホラー文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 6件

電子書籍

夜見師

著者 著者:中村 ふみ

21歳の五明輝は、余命3年あるかないかの身体だ。妹のために、少しでもお金を稼ごうと必死に働いている。ある日、割の良い住み込みの仕事が舞い込んできた。これ幸いと仕事先に行ってみると……。

夜見師

691 (税込)

夜見師

ポイント :6pt

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.4MB 無制限
Android EPUB 7.4MB 無制限
Win EPUB 7.4MB 無制限
Mac EPUB 7.4MB 無制限

続刊の予約購入を申し込む

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できます。

続刊予約とは続刊予約とは

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
最大40%OFFクーポン配布中!
「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

キャンペーン期間

2018年9月14日(金)~2018年9月27日(木)23:59


あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本夜見師 1

2017/04/08 10:22

続巻希望!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぷわち - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白かったです!
文章もたどたどしい箇所も全くなく、描写も滑らか。
登場人物もキャラ設定がきちんと定まっていて、とても魅力的でした。

簡単にあらすじを(何か内容紹介の文章があまりに短いので)。
五明輝は、生まれつき呪われている青年です。
五明家の男は、何故か20代前半で突然死するという呪い。
輝に残された時間はあと僅か。
霊媒師に依頼しても、呪いは解けず、受け入れるしかない輝。
呪いを断ち切る方法はただ一つ、五明家が滅びること。
輝も妹も、結婚して子どもを持つことは諦めています。
輝はせめて妹に少しでも多くお金を遺そうと、がむしゃらに働きます。
そこへ舞い込んで来たのが、住み込み家政夫の仕事。
雇い主は、多々良克比古という、下半身が不自由で車椅子に乗った青年。
理知的でクール、口が悪い。
輝が持った印象は「王様」。
感情的で情に厚い輝とは、何だかんだいい相棒として暮らすことに。
しかし、輝が住み込みで働くことになったこの屋敷と、克比古自身にも何やら秘密がありそう・・・というお話です。

本当に、輝と克比古がかなり良いコンビで、二人のやりとりが楽しかったです。
ストーリーも面白く、これ続き書こうと思えば全然書けるよね?と期待してしまいました。

また、表紙の美青年が克比古なのですが(買った段階では勝手に輝だと思ってました)、車椅子に乗っているはずの克比古が、何故立っているのか。何故日本刀を持っているのか。
そこは読んでのお楽しみ。
気になっている方は、是非読んでみて下さい。
表紙買いでしたが、買って良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夜見師 1

2017/03/12 21:15

シリーズ化してほしい!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:moon - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりに中村ふみ先生の作品が読めて嬉しかったです。「なぞとき紙芝居」も良かったけどこちらの話もさらに好きになりました!
主人公の輝は呪われた不幸な境遇なのに心根が腐ってなくてとても気持ちのよい青年です。でも本当のところは死に対して目を背けてて弱いところもあります。そんな輝に感情移入させずにはいられません。それとは逆にもう一人の主人公と言うべき多々良は逆に見た目は車椅子で不自由な暮らしをしているようですが性格はいたってクールで意思が強い青年です。そんな二人の掛け合いはとても面白いです♪
ストーリーは怨霊の相手をしたり悲劇を実感したりとホラー色は強いお話ですがこの二人の掛け合いのお陰で暗さを引きずらずにすむし、雇用主と使用人を越えての友情が微笑ましくてなにより好きなところですね。
またシリーズ化してほしいです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍夜見師

2017/11/06 12:03

あまり怖くないです

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美恵子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

もっとオドロオドロしいのかと思いなが、こわごわ読んでみました。でも、そんなに怖くないです。サラッと読めちゃいました。ライトなホラーなのかも知れませんね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夜見師 2

2017/12/31 13:18

本当の怪物

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

冒頭のガングロ女子を除けばやはり悲しい怨霊ばかり。
怨霊より夜見師を作るため肉親を殺してきた多々良家の人々やあれほど愛情を込めて育ててくれた祖父を、我が子たちを捨てて怨霊にしてしまったモトコのような人間のほうが恐ろしく感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍夜見師

2017/10/05 19:45

表紙につられて

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:舞舞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙につられて読みました。
ドロドロの暗いホラーではないです。

ホラーというと独特の湿度とかがあるような感じがしますが、この作品はカラッとしてます。主人公の性格のせいかもしれません。

読んだあとどよ~んと暗くなりたくない人向き。

海外のホラーだと猟奇殺人系の理由もなく殺しにくる系が多くて、そういうのが嫌な人とかもこの本向きです。

例えるなら「礼儀正しい恨めしや」。日本の幽霊ってちゃんと恨めしいって言って出てくる、まさしくソレ。

あまりネタばらししてしまうと楽しみが減ってしまうのでこのへんで。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夜見師 1

2017/10/03 16:57

ありきたりな退魔ものかと思ったら

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

もう退魔系はお腹いっぱいで あまり期待しないで読みましたがなかなかでした。呪いのかかった輝も大変だけど 多々良の置かれでいる状況は絶望的と言っていい。それでも立ち向かう多々良にいつか安らぎが訪れるといいが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する