サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:定期購読キャンペーン(1012-31)

赤ちゃんと脳科学(集英社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 1件

電子書籍

赤ちゃんと脳科学

著者 小西行郎

極端な育児観をもつ親が増えている。赤ちゃんが集中しているからと1日7時間もテレビを見せる、手当たりしだいに育児教室に通わせる、赤ちゃんが思いどおりにならないからと自信喪失する。これらの行き過ぎた現象の背景には、20世紀的な右肩上がりの成長、発達観があるのではないか。「子どもの成功」にこだわりすぎることで、子どもからの自然な成長のメッセージを無視しているのではないか。本書では、脳科学、発達行動学を専門とする小児科医が、親を駆りたてる早期教育、臨界期等の“科学的根拠”をもう一度科学的に検証しなおすことで、「普通の育児」こそが今まさに重要であると説く。新しい「赤ちゃん学」の誕生である。【目次】序章 悩める母親の育児事情/第1章 誤解を生んだ「科学的根拠」/第2章 胎児の能力の不思議/第3章 生後二ヶ月革命/第4章 神経ダーウィニズムと子育て/第5章 テレビと育児/第6章 育児の目的と目標/第7章 子どもの発達を幅広く「見る」/あとがき/参考文献・引用出典

赤ちゃんと脳科学

680 (税込)

赤ちゃんと脳科学

ポイント :6pt / 紙の本より76おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 8.4MB 無制限
Android EPUB 8.4MB 無制限
Win EPUB 8.4MB 無制限
Mac EPUB 8.4MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本赤ちゃんと脳科学

2007/01/26 22:19

バランスを欠く現代の育児に必要なアドバイスに満ちています

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hamushi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 よくバランスの取れた育児参考書だと思います。
 障害児の教育のありかたについても含めて、脳の発達のみを極端に重視した早期教育の風潮や、テレビや教材などで子供に一方的に情報を与えるだけの奇矯な育児方法については、これまでの脳科学の成果に加えて、現実の親子に対して人間らしい眼差しを注いで見届けてきた人としての、とても真っ当な意見やアドバイスが提示されていると感じました。
「私は、子供の脳に刺激を与えて『賢くなった』と喜ぶよりも、自分の子どもを見て、彼らが何を望み、どのようなときに達成感を感じているのかを汲み取り対応することのほうが、よほど楽しく充実した子育てだと思います。」(124頁)
 という著者の言葉は、子どもを育てる上での、いかなる教育理論にもまさる基本ではないかと、私も思います。
 私自身は、重度自閉症の我が子に対して、早期教育の必要性を感じて、これまで出来る限りの療育を施そうと努力してきた者ですが、大きなハンディを持って育とうとしている子どもの力を伸ばす手助けをするためには、なによりもまず子ども自身の状態や、気持ちのありかをよく知り、夢物語ではない将来的な展望も持った上で、適切な支援をしていくことが、なによりも大切であると痛感しています。ただがむしゃらな訓練に走ったのでは、子ども自身が持っている大切な芽を見逃し、つぶしかねませんし、なによりも育児が過酷で味気ないものになってしまい。とても危険です。
 褒められることで目を輝かせ、自信を深めて新しいことに挑戦していく子どもたちの表情を見る楽しみは、健常な子供の育児であっても、ハンディのある子の育児であっても、全く変わらないものです。そのことを、本書は改めて思い起こさせてくれました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する