サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~7/29)

最大40%OFFクーポン(~7/29)

贅沢な身の上(集英社コバルト文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 16件

電子書籍

贅沢な身の上

著者 我鳥彩子,犀川夏生

豪商の娘・花蓮(かれん)は危機に直面していた。両親に縁談を迫られたのだ。男よりも趣味に生きたい花蓮は結婚なんてあり得ない! そこで花蓮が思いついたのは、新皇帝の後宮に入ることだった。何千人もいる妃に紛れてひっそり暮らせば、自分の時間を全部趣味に使えるはず! そう思い首尾良く後宮に潜り込むことに成功はしたけれど…!? 雑誌Cobaltで圧倒的読者支持をうけた作品がついに電子化!

贅沢な身の上1 ときめきの花咲く後宮へ!

411 (税込)

贅沢な身の上1 ときめきの花咲く後宮へ!

ポイント :3pt / 紙の本より165おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 20.6MB 無制限
Android EPUB 20.6MB 無制限
Win EPUB 20.6MB 無制限
Mac EPUB 20.6MB 無制限

続刊の予約購入を申し込む

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できます。

続刊予約とは続刊予約とは

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
対象商品
最大40%OFFクーポン

「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

キャンペーン期間

2018年7月13日(金)~2018年7月29日(日)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (14件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

「贅沢な身の上」シリーズ遂に完結!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンスの角に薬指 - この投稿者のレビュー一覧を見る

最終巻です。
花蓮と残念陛下の関係は前巻で決まった感じなので、もう全編エピローグのようなストーリー展開です。
これまでに登場したキャラ大集合的にあの人やこの人やその人達が出てきます。
最後に「番外編」がありますが、これは十数年後の話です。
「贅沢な身の上」シリーズは最高のラブコメ小説シリーズでした。

なお、この巻で「贅沢な身の上」シリーズは完結ではありますが、ときめきは終わりません。
「贅沢な身の上」次世代編とも呼ぶべき「公主様のお約束!」シリーズの刊行が開始されています。
こちらで、脇役ですがまた花蓮と残念陛下に会えます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

希代の毒婦、淑花蓮の名が景遙に轟く第13巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンスの角に薬指 - この投稿者のレビュー一覧を見る

皇太后様毒をもられる!
主人公、花蓮に「希代の毒婦・淑花蓮」と疑いの噂が。
いつになくシリアス?
でも花蓮を直接知ってる人は誰も花蓮が毒をもったなんて信じてません。
何せあの花蓮ですから。
そして一気に怒涛のラストシーンへ。
もうこの巻で完結でも良いのではという素敵なラストシーンなのでした。
完結まであと一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

鳴鳴と蜥蜴宰相のターン

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンスの角に薬指 - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙絵を見れば推測つきますが、鳴鳴の生い立ちと今後がメインのお話です。
顔は白いが腹は黒い蜥蜴宰相様も動きます。
当然、花蓮と残念陛下も。
なおこの巻には短編小説が一編収録されています。
「ときめきは月の砂漠を越えて」雑誌コバルト2013年3月号掲載。
いよいよ完結まであと2冊となったこのシリーズ、どんどん物語が加速していきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

稜王誘拐事件なんておまけに過ぎんのです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンスの角に薬指 - この投稿者のレビュー一覧を見る

めんどくさい人の事件「稜王殿下誘拐事件」が発生。
しかし、それよりも遂に残念陛下を花蓮が意識し始めた!
紫夕と琳秋と静蔭の三角関係も気になるところ。これについては「真奏さんが見てる」状態。
そんな恋愛モードに突入した第11巻なのでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

主従でモテモテの第10巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンスの角に薬指 - この投稿者のレビュー一覧を見る

相変わらず何だかんだ言われつつモテモテの花蓮さんですが、その一方で花蓮さんの侍女、鳴鳴さんも地味にモテモテなのでした。
主従揃って恋の行方は?と書きたいところですが、どちらも本命は決まっているような(笑)
そんな感じの第10巻なのでした。お薦めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

中華ファンタジーと現代アイドルの融合?の第9巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンスの角に薬指 - この投稿者のレビュー一覧を見る

何というか作者さんの想像力が凄い。
現代のアイドルグループの構造を中華風ファンタジーに融合させて話を進めている。
これまでライトノベル編集部の構造をこの作品の中で生かしていたけれど、まさか、他の要素でもここまでするとは思わなかった。脱帽です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

お兄ちゃん、ごめんなさいが可愛い第8巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンスの角に薬指 - この投稿者のレビュー一覧を見る

煌恋検定試験の結果発表。残念陛下、いくら傀儡だからって勉強頑張り過ぎです(笑)
皇太后様の回想に出て来た残念陛下の父君、先代陛下もやはり残念陛下だったのが笑えました。
残念陛下の子供時代の回想もあって、実に楽しめた第8巻なのでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

待望の短編集がついに登場!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンスの角に薬指 - この投稿者のレビュー一覧を見る

収録作品は8作品です。
1.「漢の純情をときめきに乗せて」雑誌コバルト2012年11月号掲載
2.「だからときめきが止まらない」書下ろし
3.「ときめきに甘く酔わせて」雑誌コバルト2012年3月号掲載
4.「我が君よ、そのときめきを止めて」雑誌コバルト2012年3月号掲載
5.「黒髪はときめきの香り」雑誌コバルト2011年11月号掲載
6.「ときめきと冷静の間に揺れて」書下ろし
7.「ときめきが学園生活を満たすまで!」雑誌コバルト2012年7月号掲載
8.「贅沢な身の上」雑誌コバルト2010年11月号掲載
どれも面白いですが、8.「贅沢な身の上」は文庫化された「贅沢な身の上」シリーズの元ネタ作品です。それだけに、文庫化されたシリーズと読み比べその違いを楽しむのもありだと思います。
お薦めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

残念陛下の残念は血筋だった…の第6巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンスの角に薬指 - この投稿者のレビュー一覧を見る

初っ端から恐い皇太后様の出番にどうなるのやらと思っていたら…
冷徹有能な皇太后様だけど少しは話せる部分もあるらしい。
特に世容を見て「昔は美少年だったのに」と溜め息つく皇太后様がナイスでした。そうか昔は美少年だったのか、おのおっさん…時って残酷だ、と思ったのでした。
他にもどうやら陛下の残念っぷりは皇族男子共通のものらしいとか、いよいよ煌恋検定試験が始まるとか、読み応えいっぱいの第6巻です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

シリアスだけどコメディな第5巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンスの角に薬指 - この投稿者のレビュー一覧を見る

前巻で誘拐された花蓮。
誘拐した相手には以外な背景があって…
誘拐した相手は陛下の終生のライバルなのか?
それにしても登場人物は増えるけど、残念な性格の人が多いのが笑えます。
いつもよりちょっとだけシリアス風味の第5巻でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

急展開?の第4巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンスの角に薬指 - この投稿者のレビュー一覧を見る

またもや複数増える登場人物。
しかもみんな癖のあるキャラです。
これだけ毎回、新たなキャラを投入しつつ全てのキャラを生かしきっている作者さんの手腕は凄いと思います。
それにしても、ラストが…
これまでになくシリアスです。どうなる花蓮?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

美形宰相も残念な人だった…の第3巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンスの角に薬指 - この投稿者のレビュー一覧を見る

宰相様、まともな人だと思っていたら…
「蜥蜴を愛せない女に用はありません」と言い切る始末。宰相様はクールな美形だけど、とっても残念な人なのでした。
更に登場人物も複数増えてますます面白くなるこのシリーズ、目が離せません。お薦めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

生身の男は御免なの!の第2巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンスの角に薬指 - この投稿者のレビュー一覧を見る

陛下がどんどんと残念なイケメンになっていきます(笑)
花蓮は相変わらず生身の男は問題外よ!と仰ってます。
この二人の掛け合いは最強の漫才だと思います。新たな登場人物も増えて、ますますパワーアップした第2巻なのでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

こんなヒロイン見た事ない!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンスの角に薬指 - この投稿者のレビュー一覧を見る

かつてコバルト文庫の作品でここまでラブコメに走った作品があったであろうか? いや、無い!
そう思うほどの傑作ラブコメです。
全力で趣味に生きる少女、主人公の花蓮さんは流行小説を読み捲り芝居を見まくり、絵を描き、楽を奏で、市にいっては珍しいものを買い漁る。花の品種改良を行い鳥や猫の餌付けも試みるとっても忙しい人です。
そんな忙しい花蓮さんは結婚を勧めるお父さんに「結婚してる暇なんてないの」と言い切っちゃう人です。
しかし、妹の婚約も決まり結婚の圧力は高まるばかり。
そんな彼女が結婚から逃げ趣味の世界に浸るために選んだ道が…もう唖然。
爆笑の作品です。
お薦めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ストーリーは決して悪くないのに、どうしても主人公カップルになじめない・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りん - この投稿者のレビュー一覧を見る

たぶん、ターゲット年齢層には違和感のないキャラクターなのだろうと思いつつ、やっぱり馴染めない・・・。

コバルト本誌に掲載されていた短編じたいが、もともと長編だったものを短編に仕立て直した・・・と、
あとがきで拝見した記憶がありますが、本当に現在のシリーズを元にして、あの短編を書いたのだとすると驚きです。

一人称の回想として語られる短編と、現在進行形の三人称で紡がれる物語が同じ印象になるのは
確かにありえないかもしれませんが、それでもここまで違うのって、正直どうなんだろう。
短編を読んだ印象で文庫を買ってみた私には、かなりがっかり感がありました。

とはいえ、シリーズとして出されているこちらも、ストーリー自体はコメディ要素大とはいえ、
脇役を含めた展開は読んでいて楽しいと思います。

かるく、時間つぶしとして読むには調度いい感じでしょうか。

できれば、もう少しだけヒーローのヒロインへの溺愛ぶりを奇行(としか思えない行動)以外で表現してもらえると楽しめるかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する