サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 OP 20%OFFクーポン(~12/13)

講談社コミックセット25%OFFクーポン(~12/13)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 新書
  5. 人はなぜ集団になると怠けるのか 「社会的手抜き」の心理学
人はなぜ集団になると怠けるのか 「社会的手抜き」の心理学(中公新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 1件

電子書籍

人はなぜ集団になると怠けるのか 「社会的手抜き」の心理学

著者 著:釘原直樹

人は集団で仕事をする。しかし集団になると人は怠け、単独で作業を行うよりも一人当たりの努力の量が低下する。これを「社会的手抜き」という。例えば非効率な会議や授業中の問題行動、選挙の低投票率、スポーツの八百長などは「社会的手抜き」の典型である。本書では、このような「手抜き」のメカニズムを、多様な心理学的実験の結果から明らかにしていく。その防止策とは、はたまた功罪とは。リーダー・企業人必読書。

人はなぜ集団になると怠けるのか 「社会的手抜き」の心理学

810 (税込)

人はなぜ集団になると怠けるのか 「社会的手抜き」の心理学

ポイント :7pt / 紙の本より140おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 8.1MB 無制限
Android EPUB 8.1MB 無制限
Win EPUB 8.1MB 無制限
Mac EPUB 8.1MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

個人でも書評を怠けちゃう。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:朝に道を聞かば夕に死すとも。かなり。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

みんなはあんまり口にしないけど、どうして仕事をするの?って言ったら「怒られたくないから」っていう部分が結構あるんです。自分の能力の低さによって集団に迷惑をかけたくないから一生懸命頑張る(ケーラー効果)っていうのがあります。

だから集団のパフォーマンスや動機づけは、まわりの人物や状況や課題によって影響を受けます。そこから筆者は、集団主義の社会的手抜きの関係の研究結果の分析を行っています。

最後の方に相撲の話とか野球の応援が選手にどれくらい貢献しているか?とか書いているので事例が豊富で読みやすいです。

読んでいて面白かったのは、社会的手抜きが生じる文化差です。どうやら女性は同性と一緒に作業するときは手抜きをせず、男性と作業する時は作業内容のいかんにかかわらず控えめになる、とのことです。介護職なんかで男性が増えてきていますが、社会的手抜きが例えばですね、上司の隣で仕事をするとか他との関連性で自分の意識しないうちに力をセーブしたり奮起したりするのは「ああ、そういうのあるわ」って思ったんです。

救急の講習を昔受けた時に近くにいる人に指差して「あなた、救急への連絡をお願いします」って特定に人に依頼するっていうのを実習した事があったんです。それって、個人的に責任を問われることがなければ、「誰か助けてください」だと、面倒ごとに誰も関わらないので特定個人に援助を求めることが大事なので、これにはそういう意味があったのか、と気づいたんです。

プロテスタント労働倫理の程度が高いと、失業に対して否定的な見方が強くなるっていうのは、こういう人、他人の手抜きに厳しいわって人を思い浮かべてしまいました。どうやら他者に対する信頼度が高いほど、福祉に対しても好意的で、公共心が低い人も、他者に対する信頼性が高い人も福祉を求めるそうです。

集団浅慮は全員一致のコンセンサスを求めるあまり異論を唱えたり、疑問を出すのを控え、集団内に波風が立たなくなる現象。集団浅慮に陥ると正義実現のためには、あるていどの非倫理的行為も許されると考える傾向、愛国無罪が適応されるので、風通しが悪い中での集団統合はかえってパフォーマンスを低下させます。

じゃ、社会的手抜きを少なくするのにはどうすりゃいいのさ?ってとこは、集団形成し、私たちは集団に応じて自分のペルソナを被って行動するので、社会的手抜きを完全になくすのはどうやら無理なようですが、腐ったリンゴに罰を与えるよりも、腐っていないリンゴを活性化させるほうが、高い目標設定して集団成員に示すことのほうが社会的手抜きを防ぐには効果的で、その目標が達成されたら成員に報酬を与える。ポジティブな側面に力を入れた方がいい、とのことです。

われわれの社会には勤勉を奨励し社会的手抜きを抑えようとする規範があり、意識してなくても、人によって有形無形の圧力を受けていて、社会的手抜きのネガ部分だけではなく、その多面性をいろんな統計を交え、知ることができます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。