サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:予約キャンペーン(1116-30)

臆病者のための株入門(文春新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 12件

電子書籍

臆病者のための株入門

著者 橘玲 (著)

初心者のためのやさしい株入門決定版! 「こんなに親切に説明してあって役に立つ株の本はないと思います」と著者自らが太鼓判を押す。なぜって、商売がらみで書かれたり語られたりする投資の本の中にあって、ニュートラルな立場から、合理的に、人生設計の中で、株や投資を位置づけているから。ふつうの人でも、あらゆる株必勝法のインチキを見破り、カモられずにお金を増やす方法を徹底して追究しています。ちょっとクールで、かなり知的。画期的な株入門書の誕生です。株をやらないつもりの人でもやりたくなる?

臆病者のための株入門

802 (税込)

臆病者のための株入門

ポイント :7pt / 紙の本より8おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.5MB 無制限
Android EPUB 5.5MB 無制限
Win EPUB 5.5MB 無制限
Mac EPUB 5.5MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本臆病者のための株入門

2006/06/19 16:16

デイトレはやるな、投資信託は買うな、黙ってETFを買え!

14人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

野村證券が天下に生き恥をさらした巨大投資信託・日本株戦略ファンド。信託手数料として3%超を客から毎年ぼったくって、しかも買った途端に暴落を始め、一時期は元本の半分くらいが吹っ飛んだ伝説の殺人ファンド。3兆円も売ったんだから、野村の被害にあった人の数も、受けた被害の額も半端じゃない。元来投資信託の手数料は腕利きのファンドマネージャーにお客さんが支払う手数料で、それは「これだけ儲けさせてもらったんだから、これくらいは支払いますよ」というチップに似たもののはず。ところが日本の投資信託の手数料は元来が3%超と高すぎるうえ、客が損しようが強制的に天引きされる。客は損させられた上、マイナスアルファへの手数料を取られるんだからたまらない。投資信託なんて日本では買うものではない。デイトレーディングも、基本的には「馬鹿がやるパチンコと同じ」で、まあ銭失いのくたびれもうけとなるのが関の山。巷ではデイトレードで何億も儲けたみたいな本が山と出ているが、真に受けるやつは本当の馬鹿だ。そして出てくるのがマーコヴィッツの「ランダムウォーカー」のお話で、要するにアクティブ運用はパッシブ運用に絶対に勝てないから投資信託だの株だのかわずに市場を買え=ETFを買えというお話。でも「人間は、敢えて合理的な行動をとりたくない動物」なんだそうで、まだ色気のある橘玲さん自身、合理的な行動を必ずしもとっていないと巻末でほのめかされているところはご愛嬌か。橘さんの書いた本は、ほぼすべて読んだが、彼の今までの著作の中では最も薄く中身も薄い。まあ、株をやっている人間には知っていることばかりだし、株を知らない人間には、こんな本を読んでも、あんまり実感もわかないし、参考にもならない本なんじゃないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本臆病者のための株入門

2006/05/19 01:04

株投資とはいったい何なのかをすっきりと解き明かしてくれる

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩手勝久 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「株式投資はギャンブルである」という言葉が出てくるが、これは実体験からも全くもってそうだと思う。そして、ギャンブルは誰かが得をすれば、誰かが損をする「ゼロサムゲーム」というのも全く同感。ギャンブルを続けていけば、一部の勝者と多くの敗者が生まれ、多くの人は負けて終わるという流れもうなずきながら読み進んでしまった。何十億儲けた人がいる一方で、必ず誰かが損をしている事実に目を向け理解すれば、ギャンブル自体を楽しむのでなければ、ここへかける労力は他へ回した方がよいと感じるはず。
 「経済学的に最も正しい投資方法」とは、世界市場全体に投資する(インデックスファンドの世界市場版)ことと結論付けているが、全て論理的に納得いく結論であった。詳しくはぜひ本を読んで見て欲しい。この値段でこの内容は絶対お得だと個人的に思う。
 また、本質的な結論として「最大の資産は自分自身」ということを述べているがこれはその通り。一般的なサラリーマンであれば年間の資産運用利益よりも給与によるキャッシュ獲得額の方が大きい人がほとんどのはずだから。若く資産が無い時ほど自分へ投資すべきなのである。これは、木村剛の「投資戦略の発想法」でも述べられているので、そちらと併せて読むとよいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本臆病者のための株入門

2010/09/11 12:15

全ての金融のプロが株式投資で儲けられる訳ではない、という当たり前の現実

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:rindajones - この投稿者のレビュー一覧を見る

この手の本は大半が胡散臭いのだが、この本は違った。理由はいくつかある。著者の金融のプロではなく、かといって投資のプロでもないし、経済アナリストでもない立場での見解は非常に好感が持てるし、且つ分かりやすい。専門家らの主張より、はるかに真実に近いと僕には思えた。

僕はギャンブルは苦手、というか単に興味がない。つまり、あのスリルを味わえる嗜好が無いということ。株式投資(語弊はあるが、ここでは先物取引、デリバティブ、外国為替、などなどを含めて「株式投資」とする、強引…?)はやはり「ギャンブル」だと思う。それも非常に勝率(=配当率)が低いギャンブルだと思う。勿論これは平均で見た場合、儲かっている人も確実に存在する。

でも、パチンコや競馬、更には宝くじまでも、結局のところ胴元が儲かるように出来ている。そうでなければ、そのビジネスは崩壊するし、そこで働く人(金融系ならば多数の高額所得者)は一気に奈落の底...。

ということで、僕は胴元、すなわちここでは金融商品を扱う証券会社や銀行が儲けている仕組みを理解するまでは、株式投資というギャンブルには参加したくないと思っていた。この本のおかげで、全てとはいえないが、その仕組みの根幹は十分に理解できたと思う。「大人のゲーム」としてならば株式投資に参加したい。

「さぁ、これで明日から僕も投資家」とならない僕は、やはり臆病者。もっと読んでおきたい本や、考えておきたいことが株式投資の世界にはある。しかし今はまだ、株式投資の世界よりも「自分自身という資産」の価値を高める方に時間と労力を注ぐのに忙しい。臆病者と言われようとも...。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本臆病者のための株入門

2006/10/18 15:31

個人向け国債やネット株はやめて、インデックスファンドを買いなさい!

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナマコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近、自分の年金が確定拠出型年金(401K)になったサラリーマン諸氏も多いのではないだろうか?釈然としないまま数多ある投資信託商品を選択したり、定期預金に全額預けたりといった経験もあるはず。そんな金融リテラリーの低い私たちに「四の五の言わず、インデックスファンドを買いなさい!」と説得してくれる、大変ありがたい本です。読み手の知識量によって随分評価は分かれるでしょうけど、最近ネット株に手を出して、なけなしのお小遣いを失う憂き目にあった方々であれば、この本の言わんとしている主張は納得できる筈です。読んで損はない内容と価格だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本臆病者のための株入門

2015/12/06 21:26

株についての入門書?

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:森のくまさんか? - この投稿者のレビュー一覧を見る

何も知らなかった株について
本書にて 現実をいろいろ知りました。

株をやる時の 注意や
株をやっている人々の心理状態などを
理解できました。

かなり納得できる内容で 何度も読んで
楽しんでいます。

資産活用については 人いろいろ考えがあっていいと思いますので
本書の内容も 一つの考え方と思えば大変ためになると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍臆病者のための株入門

2013/09/10 22:39

勉強になりました

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:chaos - この投稿者のレビュー一覧を見る

色んなデータに基づいて中立的に書かれていたのが良かったです。株の入門書はどうも胡散臭いのが多いイメージなので、本書はそのような本とは一線を画してると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍臆病者のための株入門

2015/12/26 18:57

金融商品のカラクリ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pinguish - この投稿者のレビュー一覧を見る

一部専門用語もありますが、総じて初心者にも分かりやすい内容になっています。

特に金融商品のカラクリは一見の価値あり!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍臆病者のための株入門

2015/08/31 09:17

参考になります。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くろねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の考えは堅実で共感できます。株に興味がありますが、臆病者のためなかなか踏み出せない人にピッタリの一冊だと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本臆病者のための株入門

2015/05/02 21:45

王道を行く最善の方法は脇道にそれないことだ。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:相場師 太郎次郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「最後にお断りしておくと、私自身はここで述べたような『合理的な投資法』を実践しているわけではない。」と「あとがき」にある。。。どっひゃーーである。

なんじゃ、そりゃ?、というオチにも見えるが、そうではない。

ことほどさように、確実性の高い投資法は、全くつまらぬものである。
いろいろ調査をし、いくつかの投資関連の本を書いている著者でさえ、そうである。

ミドルリスク・ローリターン(リスクとリターンの差は業者への手数料)
これ以外は、ハイリスク・ノーリターンと心得た方が大怪我はしない。

「確実に儲かるなら業者が自分で投資しているはず」
この一文だけでも。全くの初心者にとっては値千金の本だ。

投資の王道は、実は、平坦でつまらなく、時に苦しく、時に不安で、全くもって感情的にはペイしない。その分、実利でリターンを得られるのだが。

どうも私達人間は感情のほうを優先するようだ。
こうして王道からそれていく。そんな万年初心者にも、うってつけの本である。
☆4っつ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本臆病者のための株入門

2018/09/20 09:25

株必勝法

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごまたまご - この投稿者のレビュー一覧を見る

やわらかな春風を頬に感じ心華やぐ頃になり、ますます読書に良い季節です。実用的な知識が増える要素あり。PSR、ベンチマークや深押し、FANGプラスなど理解しやすい内容になっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本臆病者のための株入門

2017/09/30 17:38

インデックス投資のすすめ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴょん - この投稿者のレビュー一覧を見る

個別の銘柄を選択して、儲けることは簡単ではない。
私はインデックス投資に切り替えてからのほうが、圧倒的に成績がよくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本臆病者のための株入門

2008/10/24 23:42

臆病者だけが生き残る

8人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鳥居くろーん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「株式投資はギャンブルである」

ああ、もうその通りですね。どんなに割安だろうと下がるときは下がる……経済アナリストなんかは下がってから理由を探してるけど、そんなのを見てしまうとなんだか競馬の予想屋さんと大して変わりないなって。

今、株価が暴落しています。私は最初、暴落のあと目ざましい反発があり、市場が正常化していくものだと考えていましたが、今の様子を見ると、そうは思えなくなってきました。この毎日の変動幅を見ると、かつての新興市場を連想してしまうからです。

むろんハリボテ並みの新興企業と鉄壁の国際優良企業を同列にしてはいけないとは思いますが……今のこの変動率の高さは、高いレバレッジをかけて投資する者にとって致命的ですから。上がるにしろ下がるにしろ、わずかな判断ミスで簡単に土俵を割ってしまいます。この乱高下が収まれば、それでもそこそこ資金は戻るでしょうが、暴落前の資金が、それまでと同じレバレッジ率で市場に戻ってくるとは思われません。

リバウンドはあります。しかし、つい数年前のような「買えば上がる」という市場は当分来ないでしょう。「戻したなら売れ」というプログラムが生き残った投資家たちの成功の秘訣としてインプットされたということもありますし。

市場に絶対はありません、ギャンブルですから。この本にあるようにリスクを世界に分散しても大損するときはしますし、「暴落には金(gold)」という不文律も今回は通じないようです。ただ、ギャンブルにはギャンブルなりの奥深さがあります。人生もまたギャンブルという面が多分にありますから、ギャンブルを人生修養の一環とするのも、あながち考え違いとは言えないでしょう。
そして、ギャンブルをしないというのもまた、人生というギャンブルの立派な選択肢であると思います。

ただひとつ言えること……人生でもギャンブルでも、一番大事なのは「生き残ること」です。生き残ればこそ、いずれ芽の出る日もあろう

幸運を。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する