サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/29)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

中国4.0 暴発する中華帝国(文春新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 4件

電子書籍

中国4.0 暴発する中華帝国

著者 エドワード・ルトワック,奥山真司・訳

2000年以降、中国は三度、その戦略を転換してきた。

「チャイナ1.0」 =平和的台頭
「チャイナ2.0」 =対外強硬路線
「チャイナ3.0」 =選択的攻撃

来たる「チャイナ4.0」とは、どのような戦略なのか? そして日本がとるべき道とは。
戦略論の分野で世界的な名声を確立した本物のストラテジストが語る。

戦略家ルトワックのセオリー
・大国は小国に勝てない
・中国は戦略が下手である
・中国は外国を理解できない
・「米中G2論」は中国の妄想
・習近平は正しい情報を手にしていない
・習近平暗殺の可能性
・日本は中国軍の尖閣占拠に備えるべし

ポイント40倍

中国4.0 暴発する中華帝国

09/30まで7pt

税込 800 296pt

中国4.0 暴発する中華帝国

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.0MB 無制限
Android EPUB 6.0MB 無制限
Win EPUB 6.0MB 無制限
Mac EPUB 6.0MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本中国4.0 暴発する中華帝国

2016/04/08 11:21

中国論ではなく戦略論の本です

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黒酢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本のタイトルは「中国4・0」ですが、現在の中国を事例にして、ルトワック氏の「逆説的論理」という戦略論をわかりやすく説明した本です。

本全体の頁数は約200ページで、最近の新書としては比較的に薄い本ですが、内容は非常に濃いです。

中国の戦略が、大成功した中国1・0から、中国2・0に移って失敗し、その修正としての中国3・0もダメで、よって、今後の中国4・0という戦略は、こうあるべきという流れで進んでいきます。私は著者の戦略論の全てに賛成する訳ではないですが、非常に説得力があります。読んで損はないし、それどころか、戦略というものを考える上では、彼の「逆説的論理」は知っておくべきことだと思います。

「逆説的論理」から派生するキーワードが沢山でてきますが、私がとても興味深かったものを以下に挙げます。

「大国は二国間関係をもてない」
「大国は小国に勝てない」
大国だろうが小国だろうが二国間関係はもてるでしょうし、大国なら小国に勝てるでしょうと思いますが、そうはならないのが「逆説的論理」です。なるほど、という説明があります。

「海洋パワー」と「シーパワー」
地政学でおなじみの「シーパワー」ですが、それとは異なる「海洋パワー」というものがあり、この違いがわからないと戦略的に負けてしまうということが、わかりやすく説明されています。

「共産党体制を維持するための反腐敗運動が逆に共産党を崩壊させる」
現在行われている習近平の反腐敗運動は、汚職が蔓延している共産党体制を改革し、維持するためのものです。しかしそれが逆に・・・という話です。ソ連の崩壊を例に説明がされており、説得力があります。

その他、「逆説的論理」ではないですが、現在の日本と韓国の関係の説明で、第二次大戦後のドイツとオランダの関係の話が興味深かったです(単純に私が知らなかったということですが)。

中国の戦略だけでなく、戦略論という一般的な思考法を知りたいという方にもお奨めです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本中国4.0 暴発する中華帝国

2016/08/16 03:56

素晴らしい

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コーク - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本はそう大部な新書ではない。数時間ほどで読み終われる長さである。しかしその内容は凝縮されており、ルトワックの戦略論のエッセンスが詰まっている。
南シナ海・東シナ海と強引な海洋進出を進める中国の今後を考える上で必読の書であろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本中国4.0 暴発する中華帝国

2016/08/12 15:06

親中派こそ読むべき

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ZATO - この投稿者のレビュー一覧を見る

おそらく親中派は手に取らないと思われますが、中国に親身あるいは中国を我が祖国と思うような人ほど読むべき書籍だと思います。孫子は確かに優れた戦略家であるけども、現代の中国首脳陣は自身を戦略上手と思っているようだが、中国程戦略下手な国は無いと、筆者は指摘しています。わが国も他山の石として、今目の前にある危機としての対中国政策を真剣に考える必要があります。尖閣諸島は無人島の小島ではありますが、その帰趨が今後に大きな影響を及ぼすものであり、譲っても良いといった話をする人は、政治、外交、戦略といったものを欠片も理解してないと告白してるに等しいと知るべきです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本中国4.0 暴発する中華帝国

2016/04/23 11:43

習近平は崇禎亭?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:zapparea - この投稿者のレビュー一覧を見る

ということは李自成は誰?と紫禁城の栄光(講談社&文藝春秋)
をめくりつつ、本書を読み進めると、いきなり祇園精舎の鐘~ですか、
これは訳者である奥山氏のセンスでしょうか?すばらしい!
(イギリス人にシェークスピアを引用するような?)
日本の過去をひもときながら
大国であるがゆえの戦術の大成功と同時に戦略の大失敗、
シーパワーと海洋パワーの違い、
韓国人が誰に怒っているのか、
尖閣における対処法などなど、とてもよみやすいです。
ところでアメリカ人って、やっぱり世界の中心はアメリカって思っているのですね。
(本文でのルトワック氏のエピソードはヤレヤレですね)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。