サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~7/29)

「続刊予約キャンペーン」(0713-31)

空気の発見(角川ソフィア文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件

電子書籍

空気の発見

著者 著者:三宅 泰雄

空気に重さがあることが発見されて以来、様々な気体の種類や特性が分かってきた。空はなぜ青いのか、空気中にアンモニアが含まれるのはなぜか――。身近な疑問や発見を解き明かし、科学が楽しくなる名著。

空気の発見

電子書籍ストア
対象商品
最大40%OFFクーポン

「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

キャンペーン期間

2018年7月13日(金)~2018年7月29日(日)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本空気の発見 改版

2016/11/15 23:18

内容・レベル的には小学生高学年でも読めるものであるが、私にとっても実に楽しく読める読み物となっている。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

まず思い出したのが、マイケル・ファラデー『ロウソクの科学(The Chemical History of a Candle)』(1861年)である。我々のごく身近にある空気の実態が如何にして解明されてきたかを、様々な研究者の業績に基づいて実に解り易く説き起こしていく。内容・レベル的には小学生高学年でも読めるものであるが、私にとっても実に楽しく読める読み物となっている。

マイケル・ファラデー『ロウソクの科学(The Chemical History of a Candle)』(1861年)
イギリスの科学者マイケル・ファラデーが、1860年のクリスマス・レクチャーとして英国王立研究所で連続講演した6回分の内容を、ウィリアム・クルックスが編集したもの。日本語訳本も、岩波文庫(1933年)、角川文庫(1962年)、旺文社文庫(1969年)、講談社文庫(1972年)、 法政大学出版局(1991年)など多数出ている著名な書籍。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する