サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1112-15)

【OP】集英社コミック1,000円OFFクーポン(4,500円以上で利用可)(~11/18)

編集者国木田独歩の時代(角川選書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件

電子書籍

編集者国木田独歩の時代

著者 著者:黒岩 比佐子

自然主義作家・国木田独歩は、優れた編集者としての一面をもち、日露戦争期に爆発的な人気を博したグラフ誌を創刊・発行した。独歩の編集者としての半生を綿密に追い、活気あふれる明治の時代を描き出す。
※本作品は紙版の書籍から口絵または挿絵の一部が未収録となっています。あらかじめご了承ください。

50%OFF

【期間限定価格】編集者国木田独歩の時代

11/29まで通常1,469

734 (税込)

【期間限定価格】編集者国木田独歩の時代

ポイント :6pt / 紙の本より1,102おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.4MB 無制限
Android EPUB 5.4MB 無制限
Win EPUB 5.4MB 無制限
Mac EPUB 5.4MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本編集者国木田独歩の時代

2008/01/29 15:29

もう一人の独歩。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ソネアキラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

国木田独歩というと日本の自然主義小説の草分けなど小説家の印象が強いが、実は名雑誌編集者、ジャーナリストであったという。知らなんだ。作者の丹念な資料発掘によって、彼の有能な編集者ぶりが明らかにされていく。たとえば報道写真雑誌。これは名取洋之助の「NIPPON」がてっきり、パイオニアと思っていたら、さにあらず。国木田独歩だった。
いまもある『婦人画報』も、-あの重たい月刊誌-はじまりは独歩に辿り着く、などなど。

編集者と作家に求められる資質は異なると思うが、独歩は、なぜか、兼ね備えていた。むしろ、不治の病に罹らなければ、雑誌編集を続けていたのだろうとも。作家は個人ワークだが、雑誌編集はチームワーク。独歩は、雑誌編集に関しては、緻密で目端が利いてヒットマガジンを連発した。自分の目論見が見事に世の中の流れと共振してヒットする。
これが、続いたら、編集稼業はやみつき、中毒になるのだろう。自分のブレーンを引き連れ、出版社を立ち上げるが、所属していた出版社の債務も引き受け、結局は、それが命取りとなる。出版社が財務、金勘定に弱いという体質はいまに受け継がれているが。

個人的に興味を覚えたのは、独歩の薫陶を受けた「日本初の女性報道カメラマン」のエピソード。作者の執念により、経歴などがわかるのだが、これは朝の連ドラのネタにもなりそうだ。惜しむらくは、その女性が撮った報道写真が現存していないこと。この本を読むと、作家よりも編集者として後世に遺したものの方が多いんじゃないかな。

雑誌のコンセプトやスタイルから、作家、挿絵画家、写真家、編集者の人材発掘・育成など。日本の小説の黎明期、独歩は早稲田大学の人脈で知己を得ていくが、さまざまな個性的な人物との交遊は、疾風怒濤の時代って感じで、わくわくさせられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する