サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~7/29)

「定期購読登録キャンペーン」(0713-31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 選書・ブックレット
  5. カラヴァッジョへの旅 天才画家の光と闇
カラヴァッジョへの旅 天才画家の光と闇(角川選書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件

電子書籍

カラヴァッジョへの旅 天才画家の光と闇

著者 著者:宮下 規久朗

レンブラント、ベラスケス、フェルメールら一七世紀のほとんどすべての芸術家に大きな影響を与えた巨匠、カラヴァッジョ。殺人を犯し、逃亡の末に果てた破滅の生涯と、革新的なバロック美術の傑作を読み解く。

カラヴァッジョへの旅 天才画家の光と闇

電子書籍ストア
対象商品
最大40%OFFクーポン

「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

キャンペーン期間

2018年7月13日(金)~2018年7月29日(日)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

イタリア・バロック期の特異な画家カラヴァッジョの人生と画業を辿る出色の書!

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブルース - この投稿者のレビュー一覧を見る

カラヴァッジョは、近年急速に声価の高まっているイタリアのバロック期の画家である。その多くは、宗教絵画であるが、深い教義が分からなくても絵画自体がもつ魅力で見る者を圧倒する。深い闇の中から浮かび上がる聖母マリア、イエス、使徒たちの姿に天上から差し込む幽玄な光、その光と影の強いコントラストは、将にバロック絵画の扉を開いたというのに相応しい。と同時に、殺伐とした高度情報化社会にあって、カラヴァッジョの絵画が有する深い精神性は心の渇きを覚える現代人に訴えてくるものが非常に大きい。

本書は、そのようなカラヴァッジョの人生と主要な絵画を辿った美術評伝であり、かつその絵画の優れたモノグラフである。
本書を読んで、まず驚かされるのは、この画家の屈折した人生模様である。通常、世界的に評価されている画家は世俗の波に塗れながらも、画業一筋に打ち込んでいることが多いが、カラヴァッジョに限っては実生活における無頼振りが際立っている。その周囲には絶えずトラブルが付き纏い、暴力沙汰、過度の飲酒、いかさま賭博、漁色などを繰り返し、挙句の果てには殺人にまで手を染めている。そして、最後にはそれが基で暗殺者の兇刃に斃されている。当時としても、札付きのワルであり、一種の性格破綻者とも言えるのかもしれない。それにもかかわらず、あのような深い精神性を湛える絵画を描いたのであるから実に不可解である。

著者によれば、このような荒んだ実生活と輝かしい芸術との著しい隔たりは、その絵画制作の手法にあるという。つまり、カラヴァッジョは一端キャンバスに向かうと一気呵成に描くのを常として、その間の集中力はすざましいものがあり、画家の心身に極度のストレスを齎したという。絵画の完成後は、心身の緊張から自らを解き放つために極度の遊興や反社会的な行為を繰り返したのではないか、そうでもしないと身が持たなかったのではないかと推測している。カラヴァッジョの絵画を前にすると、いかに画家が精魂込めて描いたのかが分かり、著者の説に納得させられる。
それにしても、芸術上の頂点を極め、名声が高まった時期に、必ずと言っても良い程、周囲と深刻なトラブルを起こし、石もて追われるが如き放逐される人生を繰り返した様を見ると、やはりカラヴァッジョという画家は典型的な破滅型の芸術家であると思わざるを得ない。そこに、多くの人が魅せられる要因の一つがあるのかもしれない。

著者は、このようにカラヴァッジョの波乱に富んだ人生を辿ると同時に、多くの図版を載せ、初期から早すぎる晩年に至る絵画を丹念に論じている。例えば、前期では丁寧に人物表現が為されており、絵具も満遍なく塗られているが、後期ともなると、タッチは荒くなり絵具も地のキャンバスが見えるほど薄塗りになってくるという。それにもかかわらず、後期の絵には前期以上の妖しい美が輝いているとしている。
著者は、この他にも、ルターの宗教改革に揺れるイタリアの社会状況や、その結果としてバロック芸術が生まれた美術史的な背景も論じており、カラヴァッジョという画家が世に出た必然性にも触れている。

著者は、前著『カラヴァッジョ-聖性のビジョン』でサントリー学芸賞を受賞しており、本書はこの著者にして初めて成った優れたカラヴァッジョ芸術の手引書となっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する