サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:日替わりクーポン(0813-16)

20%OFFクーポン

百万石の留守居役(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 7件

電子書籍

百万石の留守居役

著者 上田 秀人

上田秀人の大型新シリーズ、2ヵ月連続刊行でスタート! 外様第一の加賀藩。筆頭家老の本多政長は大名をしのぐ五万石を誇る。幕府の実権は、病弱な四代将軍家綱に代わり、大老酒井忠勝らが握っていた。権勢維持と御家騒動誘発を狙い、酒井はなんと外様の加賀藩主綱紀に次期将軍の白羽の矢を当てる。藩論は真っ二つ。混乱の中、江戸藩邸に向かうことになった藩士瀬能数馬は、本多政長に見込まれ、五万石の姫君琴姫を娶ることに。

波乱 百万石の留守居役(一)

713 (税込)

波乱 百万石の留守居役(一)

ポイント :6pt

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 8.0MB 無制限
Android EPUB 8.0MB 無制限
Win EPUB 8.0MB 無制限
Mac EPUB 8.0MB 無制限

続刊の予約購入を申し込む

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できます。

続刊予約とは続刊予約とは

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本忖度

2017/12/13 15:12

毎回面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:crude - この投稿者のレビュー一覧を見る

話の進展が、毎回面白くすぐに読み切ってしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本波乱

2016/10/24 17:41

面白いです!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さんたろー - この投稿者のレビュー一覧を見る

ここのところ時代小説に凝っていて、あれこれと読んでいたのですが、これほど先が楽しみになった作品は久しぶりです。主要な登場人物の描写がとても丁寧に行われていながらも、文章が簡潔というか長ったらしい感じは全くなく、早く先が読みたくてついつい夜更かししてしまいます。
最初に3巻まで購入していたのですが、1巻読み終わった時点で、すぐに4巻以降も購入しました。早く読み切りたいけど、読み終わるのがもったいないような気もしています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本波乱

2013/12/28 17:07

上田秀人 波乱

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:F-DEMEKIN - この投稿者のレビュー一覧を見る

奥祐筆シリーズ終了後の新たなシリーズ。面白くて一気に読み終えました。今後の展開に期待が高まります。ただし、第1巻は前田利家を初代藩主とするのか、徳川家に封じられた利長を初代とするのかはっきり統一していないようで、今までの私の認識での三代藩主利常が、二代だったり三代という記述がありました。第2巻目からは、初代を利長にしたようで、二代目は利常になっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本新参

2014/09/04 21:48

若き留守居役の主人公の活躍

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

早くも三作目となった本シリーズだが、主人公瀬能数馬は留守居役という重職を与えられ、戸惑いからまだ立ち上がれていない。同僚の留守居役や先輩からの指導を受ける立場である。留守居役、しかも江戸に派遣されている留守居役は他藩との交渉や、幕府から不利な指示が出ないようにすることが主な役目である。

 つまり、藩の外部との外交を担当する役であるといっても良い。老中の堀田備前守の留守居役は加賀藩を放逐された札付きである。こういう曲者との折衝などは、それまで全く外向きの仕事とは縁のなかった数馬が戸惑うのは当然である。

 慣れない留守居役の仕事に没頭する瀬能数馬であるが、許婚者は加賀にいる。それが本多家の娘である。本多家は家康の時代から徳川家に仕えていた。本多正信は家康の右腕として活躍したが、その後本多家は訳があって、現在は加賀藩にいる。数馬は本多家の後ろ盾があるので、地位は低いとは言えない。

 もともと、瀬能家は旗本という将軍直参の身分であったが、やはり加賀藩の藩士となっている。本編での設定は、四代将軍家綱の時代であったが、焦点はその後継将軍を誰にするかを決めようとしていたことである。病弱な家綱の後継は、通常ならば長男であるべきだが、子供はいない。

 そこで、幕閣が集まり意見を闘わせる。家綱は何と外様大名の加賀藩主、前田綱紀に将軍就任の意向を聞いてきた。家綱というよりは大老の酒井忠清が実務を仕切っている。幕閣が意見を出し合うとは言え、実質的には酒井大老が実権に物を言わせて場を牛耳る。大老、老中が意見を闘わせる場面はなかなか面白い。

 前田綱紀は将軍への就任を断った。次いで京におわす親王に意向を伺う。鎌倉幕府で将軍が三代で途切れそうになった際に、親王を招聘しようとしたが失敗し、代わって公家から招いた故事をなぞったようだ。

 本書の最後ではついに来るべき時が来た。いよいよ後継者争いは急を告げる。なかなかストーリーの盛り上げ方が巧みである。文庫本としては活字が大きく、したがってボリュームもやや足りないのだが、それを上回る面白さが上田の小説には備わっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本思惑

2014/02/11 21:36

将軍後継者として外様大名を描く

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

上田秀人の新しい百万石の留守居役シリーズ第2弾である。奥右筆シリーズの後継だそうである。ということは、十冊以上の長編になるということか。第1作と第2作の本編は間をおかずに刊行された。通常は半年の間隔をもって発刊されるのだが、これも話題性を盛り上げるためであろう。

 本シリーズの主人公は、加賀前田藩の藩士である瀬能数馬である。主人公が藩士であるのは珍しい。今まではほとんどが江戸城中に勤める役人であったからだ。加賀百万石の前田藩とはいえ、外様の前田家では幕府の権力とは無縁である。

 ところが、時代は徳川家綱が将軍である。家綱は三代将軍家光の息であるが、病弱の上に子に恵まれなかった。それで何が問題かといえば、後継者である。弟の綱吉や甲府徳川家などが後継者争いに暗躍する時代である。この時代は上田も他の小説で将軍家後継騒動の格好のプロットとして取り上げている。

 加賀前田家には徳川から娘が輿入れしており、その子は前田家とは言え、将軍家の血が入っている。そこで大老酒井忠清が暗躍して前田家に話を持ちかける。たしかに話としては大変面白いのだが、ここからの展開次第でこの小説の盛衰が決まってこよう。本編では主人公の瀬能は加賀藩の当主から江戸留守居役を命じられるところで終わっているからなおさらである。

 史実は知っての通りであり、このストーリーの盛り上げ方に工夫が必要である。一見ありえないような話だが、そもそも将軍の後継者選びについて、上田はかなりの頁を割いて説明している。長子相続が最も皆が納得しやすいのだが、それを続けているとあっという間に滅びてしまう可能性がある。無能な後継者が生まれる可能性である。

 徳川将軍家の歴史を見ても、長子相続の方が珍しいほどであることに気付かされる。そうでなければこれをストーリーにするわけがない。御三家、御三卿など将軍の待機組をわざわざ作っているのもそのためである。武家政治であるとはいえ、戦がなくなってしまってからは、政治の力量が試されるのである。

 武道が長けているから将軍になるわけではない。人が従ってくる力量、包容力、人徳がなければならない。そこは時代を問わないところであろう。そこが本編でも注目したいところである。上田がどう描くかである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍貸借 百万石の留守居役(七)

2017/11/23 21:34

Good!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:今爺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

2日で読んでしまった。ほとんど一気読み。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本波乱

2017/05/17 16:52

これまた面白そう

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:何時まで読んでるの - この投稿者のレビュー一覧を見る

「百万石の留守居役」を読み始めたがこれまた面白そうである。前田藩重臣前田直作と藩士瀬能数馬の出会いから始まり、直作の出戻り娘琴との絡みを含めた背景設定が面白い。その二、三と即注文した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する