サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1015-18)

修正:続刊予約キャンペーン(1012-31)

発達障害の子どもたち(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件

電子書籍

発達障害の子どもたち

著者 杉山登志郎 (著)

発達障害にまつわる誤解と偏見を解く! 言葉が幼い、落ち着きがない、授業についていけない。そだちの遅れがみられる子のなかで、治療や養護が必要かどうかを、どう見分けるか。ケーススタディをもとに第一人者が教える。

発達障害の子どもたち

648 (税込)

発達障害の子どもたち

ポイント :6pt / 紙の本より173おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.8MB 無制限
Android EPUB 4.8MB 無制限
Win EPUB 4.8MB 無制限
Mac EPUB 4.8MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本発達障害の子どもたち

2012/07/22 13:58

発達障害を知るのに適した1冊

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

本当のところは増えているのかどうかわからないが、発達障害者に接することは多くなったように思うし、「私は発達障害ではないですか」と心配(?)して訪れる人も増えている。マスコミでも取り上げられることが増えているように思うし、きっと世の中にはもっといるのだろうと思わせられなくもない。
だが、発達障害のことが正確に知られるようになったかというと、決してそうではないようにも思う。すごく基本的なところで言えば、他の精神障害と同じように「病気」と思われているところもあるし、そう思われてしまうと何か治療法があって良くすることができると思われている節もある。
そのあたりの誤解というか、知られていないことをコンパクトにまとめて伝えてくれるのがこの本のように思う。著者は、発達障害について長年臨床や研究を行ってきた専門家であるから、まずはこの本を読めば発達障害について俯瞰して知識を得ることも可能だろう。
発達障害とひとくくりにされているものがどんなものかの説明から始まり、ところどころ具体例を織り込みながら、現在のところわかっている原因、各発達障害(精神遅滞、境界知能、自閉症、アスペルガー、ADHD、学習障害)の説明、さらにいわゆる児童虐待の問題、発達障害の療育の問題、その他の治療法についてと、まんべんなく知ることができる。
タイトルにあるように発達障害は本来子どもの頃にきちんと見立てられ、対応されるべきであるとは思うので、この本で書かれていることを知っておくことは大切だと思う。そのために役に立つ本だとは思うが、できれば大人になった発達障害者についても一言でもいいので触れられていると良かったかと思う。実は今問題になっているのは、そのような人たちであるように思えるのだが、どうだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本発達障害の子どもたち

2014/05/03 19:30

全ての方に読んでいただきたい内容

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saiun - この投稿者のレビュー一覧を見る

「発達障害」と言われても、「かわいそうだけどなんかちょっと怖い」といったイメージしか持てない方が多いのではないかと思いますが、この本を読むことで、その本当の姿が分かるようになると思います。
平易な言葉で書かれており、非常に分かりやすいです。
広汎性発達障害は人口の2%程度とのことで、誰もがどこかで必ず接することがあると思います。
偏見から抜け出すためには、まずは知ることが大切。
全ての方に読んでいただきたい、素晴らしい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する