サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1015-18)

修正:続刊予約キャンペーン(1012-31)

ケータイ世界の子どもたち(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件

電子書籍

ケータイ世界の子どもたち

著者 藤川大祐 (著)

子どもの生活がケータイで激変している。学校裏サイト、メール依存、プロフ援交――。小中学生も社会の暗部を覗いている。規制はまだ追いつかない。子どもをどう守るか、真摯に問う。

ケータイ世界の子どもたち

648 (税込)

ケータイ世界の子どもたち

ポイント :6pt / 紙の本より130おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.4MB 無制限
Android EPUB 5.4MB 無制限
Win EPUB 5.4MB 無制限
Mac EPUB 5.4MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本ケータイ世界の子どもたち

2008/09/12 22:50

サプライズのない正論を受けいれられる人はどうぞ

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:JOEL - この投稿者のレビュー一覧を見る

 あまりに正論を正面切って言われると、聞く気が失せてしまうことがある。「ケータイは中学生には危ないから持たせないでください」などと言われると、「はいそうですね」と思いつつ、従う気持ちになれないものだ。

 本書は、その正論をどうどうと正面切って言っている。ところが、最後まで読む気にさせられてしまった。それは、著者が中高校生の成長段階をきちんと把握しながら、ケータイの便利さと危うさにも通じており、説得力のある議論を展開しているからだ。

 ケータイやネットの何たるかを理解しないまま、危うさばかりを強調して、中高校生をこの世界から遠ざけようというような底の浅い教育論に終わっていない。

 先頃、ケータイサイトへのフィルタリングが話題になった。著者は、健全なサイト運営をしているにも関わらず、一律にフィルタリングにひかかってしまう業者の気の毒な心情にも理解を寄せている。

 子どもを擁護するばかりではなく、ケータイやネットが文化として適正に育っていくことも同時に願っている。その意味で、著者は多面的なものの見方ができる人である。

 本書の趣旨を簡単に言ってしまえば、ケータイの普及のスピードに対して、ケータイの利用に関するルールが追いついていないことを説いている。早くルール整備をして、中高校生が安心して手に取ることができるようにしてほしいということになる。

 著者の論法では、ケータイ各社は過当競争の中で、ひとつ間違えばソフトな凶器にもなりかねない道具の普及にばかり気を取られ、やるべきことを怠っているということになる。

 ケータイを持たせたばかりに子どもがトラブルに巻き込まれてしまったとか、そうならないかと心配をしている親や教育関係者は一読しておいて損はないと思われる。

 ただし、今の中高校生心理を理解するためのキーワードである「同調圧力」や「承認欲求」といった言葉を、無理にケータイに当てはめる必要はないと感じた。ここのところだけ、なんだかとってつけたような議論になってしまっている。違和感がある。

 それをのぞけば、ケータイの何が問題で、どういう風に子どもにケータイを持たせればいいのかを、さらりとおさえることができる分かりやすい本の構成になっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ケータイ世界の子どもたち

2008/08/12 18:36

子供をとおくから見ている,ほかにもいくらもある本とおなじ (?)

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本がとりあげている問題は重大である.子供がケータイを何にどのようにつかっているかを分析し,ネットいじめ,ケータイがもたらす心理的な罠,フィルタリングの問題などについて論じている.しかし,子供をすごく,とおくから見ている印象だ.直接,子供にきいたナマの情報というのはないようにみえる.そういう情報はもう聞きあきたし,そういう本ならほかにも,いくらもあるようにおもう.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する