サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【OP】【20%OFF】2018独自コミックランキング商品で何度でも使えるクーポン(~11/19)

今こそアーレントを読み直す(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件

電子書籍

今こそアーレントを読み直す

著者 仲正昌樹 (著)

20世紀を代表する政治哲学者が、なぜいま再評価されるのか。人間の本性や社会の公共性を探った彼女の難解な思考の軌跡を辿り直し、私たちがいま生きる社会を見つめ直す試み。

今こそアーレントを読み直す

648 (税込)

今こそアーレントを読み直す

ポイント :6pt / 紙の本より173おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.3MB 無制限
Android EPUB 3.3MB 無制限
Win EPUB 3.3MB 無制限
Mac EPUB 3.3MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本今こそアーレントを読み直す

2009/08/25 16:47

「アーレントはひねくれている」というスタンスで「ひねくれて書いた」わりにはまともな入門書。

12人中、12人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 アメリカ的自由擁護、全体主義批判の政治学者として位置づけられることが多いのだが、必ずしもアメリカ的自由を全面的に支持しているわけでもない、アーレント。「エルサレムのアイヒマン」(1963)や「リトルロックについて考える」(1959)での比較的わかりやすい指摘には理解できうなづける部分が多い。でも、「ではどうしたらよいのか?」という問いかけにははっきりとは答えてくれないもどかしさもあるのがアーレント、というのが私的なアーレントの印象である。
 この本は、アーレントを読んでは見たけれどすっきりしない、わかりにくい。でも気になる、という人(そういう私もその一人)には「こういう見方もできる」とちょっと理解を進めさせてくれる本である。

 著者の執筆のスタンスが面白い。
 アーレントは「少しひねくれている」。「アーレント自身、”政治”に関心を持って熱くなっている読者を挑発するつもりで、わざと「非挑発的」に、自らの政治哲学を展開している気がする。P218」というのである。「答えをあえて示さない、それがアーレントへの好みのわかれめ」。
 だから著者自身も、「わかったつもりにさせることを拒否してアーレントを紹介する。」という方向で本書を書き始めている。
 『「政治」について語る思想家は往々にしてわかりやすい結論にいきがちである。これは「宗教」に近い営みであろう P9』、と著者は序論からすっぱりと書いてくれる。窓の外から響いてくる「ワン・フレーズ」を強調する選挙演説を聴きながら読んでいると、その意味がよくわかる。「政治に参加すること」を強調したアーレントであるが、彼女の言う「政治参加」とはこういう「お祭り騒ぎ」のような形での参加とは違うということが、この本を読めばかなりわかってくるだろう。こんな部分は著者の「ひねくれた」書き方が爽快でもある。

 しかし、著者には不本意かも知れないが、この本はちゃんとアーレントの代表著書の解説も入っていて、わかりやすい「入門書」にもなっている。
 タイトルのように「読み直す」人ばかりでなく、哲学にも政治にも興味のなかった人が読んでみても、現代のさまざまな政治状況に引き寄せての著者の「ひねくれた」スタンスの解説は身近で読みやすい。
 終わりの方は、ちょっと普通の「アーレント解説本」に近くなってしまったところもある。著者自身が翻訳などもされた研究者でもあるからか、カントの説明(アーレントのカント解釈)の解釈)はかなり「普通」になっている気がする。

 「わかりやすさに慣れすぎると、”我々”一人一人の思考が次第に単純化していき、複雑な事態を複雑なままに捉えることができなくなる。P13」。これは本当にその通りだと思う。政治の問題だけでなく、我々は「わかりやすく説明してよ」と安直に言ってしまう、期待してしまうことが多くなっていないだろうか。それは説明する側にもいえる。書評もそれを手伝っているのかもしれない、という自己反省も含めてそう思う。
 アーレントは、そんな「人間性」を戒めてくれるところがある。「安易に答えをもとめないこと」「単純、明快に走りすぎないこと」「思考を停止しないこと」。「楽」に傾きがちな「人間のさが」をジンワリと批判してくれる?といったところだろうか。
 難しくても、自分で苦労して育てなければ自分の理解、考えではない。喜びにはならない。アーレントは、もしかしたらそんな基本的なことを説き続けているのかもしれない。アーレントらしいひねくれた」書き方で。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本今こそアーレントを読み直す

2009/12/10 17:55

アーレントの有用性って

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ソネアキラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

なぜか先が見えなくて、もやもやしたりすると、著者の本が読みたくなる。

左翼VS右翼、民主党VS自民党、小さな政府VS大きな政府などなど。とかく人は、二項対立を好むようだ。なんとなく自分の立ち位置が分かったようになるからだろう。ところが、実際は、そんな単純明快にはいかないわけで。現実が単純明快にいかないからこそ、うわべだけでも単純明快にいきたい。ともいえなくはないが。なぜ「今こそアーレント」なのか。ハンナ・アーレントの考え方に時代が追いついてきた、もしくは最もフィットする思想家の一人だからだ。

決してわかりやすくはないのだが。仲正流解釈のアーレントだと、こうなる。

「理解できない“理由”で人を殺す人間がいること」を、「左派は格差社会・新自由主義に、右派は教育の場としての家庭や地域の機能低下に求める傾向があるが、いずれの側も-略-「心の闇」として捉えようとする点は共通している」

これは
「アーレントの「人格=仮面」論から見れば、-略-全くもって無意味なことである」

「問題なのは、公/私の境界線がどんどん曖昧化して、「心の闇」に押し込めておくべきことが、表出してしまうことであって、「闇」があること自体ではない。「闇」は誰の内にも
常にあるのである」

誰にでもある「心の闇」が、どうしてマグマのように噴出して凶行に走るのか。統計的には凶悪犯罪件数は減っているはず、確か。したり顔で「心の闇」のせいなんだと一応理由らしきものがあれば、説明はつくからなんだろうね。

「マルクス主義にとって、人々が同じように「労働」することによって、ライフスタイルや価値観を共有し、連帯することのできる共産主義社会はユートピアであるが、アーレントからしてみれば、物質的な利害によって均質化された、非「人間」的な世界である」

「均質化」とはかつての「一億総中流社会」幻想なのかしらん。

「アーレントは、人間であるための3つの条件をあげている。(1)労働(2)仕事(3)活動」

(1)労働(2)仕事に関して。『人間の条件』の中でハンナ・アレントは、「労働」と「仕事」を分けている。

訳者解説によると
「「労働」が消費と結びつき、人間の肉体的生命の維持に専心する「活動力」だとすれば、「仕事」は消費に抵抗し、人間の固体の生命を超えて存続する「世界」(world)の物を
つくりだす。」

「「世界」というのは、-一部略-人間が固体の生命を超えて存続するように作った「人間の工作物(human artificial)全体を指す」」

『人間の条件』本文からの引用。

「<労働する動物>は生命過程の反復的なサイクルに閉じ込められ、労働と消費の必要に永久に従属するという苦境に立たされている。彼がそこから救われるのは、ただ他の人間能力、すなわち、作り、製作し、生産する<工作人>の能力を動員することによってである」

このあと、<工作人>になれたとしても、「反復的なサイクル」から逃れるのは困難であると。

で、(3)活動なのだが、これもまたアーレント独特のタームで。

「古代ギリシャやローマの都市国家のおける「活動」である」「自分と同じように思考しているであろう他の「人格」を前提にし、(言語や身振りによって-ソネ付記)それに働きかける営みだ」
そして
「言語による「活動」は、人々の物に対する見方を多様にするのである」

「アーレントは-略-“弱者のため”あるいは“真の自由”という名目で、特定の方向に向かう議論以外は封じ込めようとする風潮には徹底的に抵抗する思想家である」

流されるのは簡単だけど、うざいと思われながらも、ともかくこの流れでいいのか、こっそり逆らってみたり、違うところから眺めたりすることは、必要なことだろう。一気呵成に突き進もうとする権力には、その尻馬に乗らないことだ。多様性を押しつぶして地ならししてしまうのが均質化された「全体主義」だと。なるほど。ファシズムの源は、燃え上がる大衆のパトスなのだから。相変わらず作者は、2ちゃんねるに代表される匿名ネット社会には厳しいが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本今こそアーレントを読み直す

2016/05/18 17:15

わからなくって良かったんだ!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:絶滅危惧種 - この投稿者のレビュー一覧を見る

序盤に書かれています。ストレートに答え(論点)を述べて、装飾してない。また、他の方のレヴューにも書かれていますが、ひねられた表現が多く、欲しい答えにたどり着けない。
一回読んだくらいで、わからなくて良いんです。何度も読み返さなくても、考え続けて自分の解答にたどり着けさえすれば、それが答えなんだ。
と言うことに今更ながらに気づかされました。そうすると、古本屋に売り払っちゃったアーレントの書籍が勿体なく、今からもう一度読み直すときかな?とも感じる昨今であります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍今こそアーレントを読み直す

2012/08/22 00:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えりか - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんで仲正氏がこれを書いたのか・・・アーレントを知らない人でも読みやすく書かれているのかと思ったが、これは期待はずれ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する