サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1119-22)

【OP】【20%OFF】2018独自コミックランキング商品で何度でも使えるクーポン(~11/19)

日本のルールは間違いだらけ(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 2件

電子書籍

日本のルールは間違いだらけ

著者 たくきよしみつ

幽霊文字まであるJIS漢字に、人を殺す交通ルール。クルクル変わる「猥褻」の基準。どう考えても不条理な選挙制度等々、日本社会にはびこるおかしくて愚かなルールや決まりを徹底的に解明する。

日本のルールは間違いだらけ

648 (税込)

日本のルールは間違いだらけ

ポイント :6pt / 紙の本より151おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.0MB 無制限
Android EPUB 7.0MB 無制限
Win EPUB 7.0MB 無制限
Mac EPUB 7.0MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本日本のルールは間違いだらけ

2010/02/20 17:02

社会のルールに飼いならされてしまった私たちが手にすべき書

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る


 朝日新聞WEB版で著者が2002年から2007年にかけて連載したコラムで取り上げたトピックを再度見つめ直してまとめたものです。
 ローマ字綴りや人名漢字の決まりごとには説明のつかないおかしな点が多いこと。
 電車の軌道幅に様々な違いのあることがきちんと顧みられてこなかったために人の命を大きく左右する可能性があること。
 風俗店やヘアヌード写真集など性を取り締まる法律にも納得できない点が様々あること。
 2006年に突如として社会問題化した電気用品安全法につけられた摩訶不思議なおとしまえのこと。
 そして公職選挙法に厳然と残る矛盾点が引き起こす悲喜劇。
 そのどれもが、読者の日常生活に深くかかわることでありながら放置されてきたことを著者は分かりやすく、かつ、鋭く指摘していきます。

 そしてなんといっても著者の大きな怒りの矛先は、こうした奇妙なルールを作って知らん顔を決め込んだ司法・立法・行政の三権だけではなく、第四の権力である報道に対しても厳しく向けられるのです。
 例えば、2004年10月の中越地震の際、時速200キロで走行していた上越新幹線が脱線しました。そのときにメディアは新幹線安全神話が崩壊したという視点で報道を行いましたが、著者はこの視点を強く批判しています。
 時速200キロの列車が脱線して怪我人が一人も出なかった、それほどの安全がなぜ保たれたのか。それは列車が走っていた橋脚が地震に耐えられるように支柱の補強工事がされていたのです。
 こうした安全対策がきちんと機能したことの中に、明日の悲劇を防ぐヒントを見つける。それが本来報道機関のある姿なのでしょう。その視点が欠けたメディアのもろさに著者はいらだちを隠しません。

 そしてさらには、矛盾に満ちた規則に対して私たち市井の読者があまりに寛容であることの危うさ。
 馴致されてしまった私たちが明日を生きるヒントがこの書にはあると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本日本のルールは間違いだらけ

2010/05/04 00:53

「間違い」 とはいえないが…

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本語や日本のさまざまな規則の間違いというよりは,おもにあいまいさを突いている. 「あいまいさは間違いではない」 などといってみても,はじまらないのだろう. これは雑学であって,あまりまじめに反論してみてもしかたがない.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する