サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1112-15)

12時 修正:20%OFFクーポン(1116-18)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 極楽 大祭 皇帝 笙野頼子初期作品集
極楽 大祭 皇帝 笙野頼子初期作品集(講談社文芸文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件

電子書籍

極楽 大祭 皇帝 笙野頼子初期作品集

著者 笙野頼子 (著)

群像新人賞「極楽」を含む最初期の作品三篇。地獄絵を描くことを人生の究極の目的とした男の心象を追求した「極楽」、現実からの脱出を願う七歳の子供の話「大祭」、初期の代表作「皇帝」。著者の原点三篇を収録。(講談社文芸文庫)

極楽 大祭 皇帝 笙野頼子初期作品集

1,134 (税込)

極楽 大祭 皇帝 笙野頼子初期作品集

ポイント :10pt / 紙の本より270おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.5MB 無制限
Android EPUB 4.5MB 無制限
Win EPUB 4.5MB 無制限
Mac EPUB 4.5MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

憎悪と殺意の文学

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:king - この投稿者のレビュー一覧を見る

笙野頼子は非常に希有な存在だと思う。とにかく、こんなものは読んだことがない、という強い感触があるのだ。理由はいろいろ考えられるが、とりあえずここで拾ってみたいのは、「憎悪」や「殺意」を自身の文学の核の一つとしているということだ。フェミニズム的だとかマジックリアリズムだとかその壊乱的な文体とかも確かに特徴的だが、日本の作家で「憎悪」を笙野頼子のように常に意識して書き続けている作家はそうはいないと思う。

その憎悪も、たとえば裏切りだとか殺人だとか大仰なものではなく、きわめて一般的な小市民的な感情に近い。人間関係、家族関係、地縁のなかで醸成されていくという点でとても身近な憎悪、である。その意味で笙野頼子が扱う憎悪の形を知るには、デビュー作である「極楽」よりも第二作「大祭」の方が適していると思う。

この作は少年を主人公としている。「蚕」というその少年は五十年に一度の「大祭」と呼ばれる大きな祭りを待望している。それは、最近祖母を亡くし両親とだけの生活になってから、家庭の中に逃げ場を無くした少年が、世界全てが変化し解放されることを予期しているからだ。自己主張や感情を露わにすることを許さない父親と、行動や言動を穿って受け取り、自分のすることが受け入れられないと「悪鬼と化して怒り狂う」理不尽な母親とに挟まれ、いじめられるため学校にもずっと行っておらず、どこにも自らの居場所が存在しないという少年にとっては、五十年に一度という「大祭」だけが希望になった。

しかし、少年の希望は、学校にも行かない子供を大祭に行かせることはない、という父親の気まぐれによって潰えることになる。すべての逃げ場を奪われた少年は大祭を翌日に控えた夜、鉄アレイを持って両親の寝室に向かい、「これしかない、これしかない」と呟き続ける。

まるで逃げ場のない暗鬱な話だが、例えばこういうような感覚が、笙野の憎悪と殺意の源泉となっているだろうことは以降の作品を見てもわかる。自分は何をしたわけでもないのに、人には嫌われ悪意をむけられ、社会になじめないだけならまだしも、自分という存在そのものを枠にはめがんじがらめにし、その自我を否定しようという世界に対してむけられる憎悪と殺意。

たとえば「極楽」では、主人公は「世の中には何につけても憎しみの対象になりやすい人間がいるのである。檜皮はおそらくそういう人間の一人だったのだろう」と評されている。笙野頼子の小説の登場人物の多くがそうであるように、不器用だったりして周囲の人間と歩調を合わせられず、しかし頑固であったりするためにどんどんまわりとずれていってしまい、結果周囲から悪意をむけられても構わない人間扱いされるというタイプの一人である。そういう人間が抱く殺意や憎悪といったものが、笙野頼子の作品の中で大きなウェイトを占めている事は明らかだ。

この傾向は初期作品においては内向していき、第一長篇「皇帝」での「私」を否定する自己内対話に結実する。憎悪や殺意が外に発散されず観念的になっていくのである。この憎悪と殺意の問題は、近作「S倉迷妄通信」に至り再度全面化して扱われるほど笙野頼子という作家にとっての核である。

面白いのは、こういった悪感情をモチーフにしていながら、この時期の笙野頼子の文体がどことなく冷静で淡々としていることである。冷徹な客観化といってもいい。観念的で硬く、慣れないところも散見される文章だが、ある種の誠実さがある。はじめて読むには薦められない作品集だが、むしろここに書かれたような人間像には男女を問わず共感を覚える人間もいるはず。私自身も当時文庫化された本書で初めて笙野を読み、以降はまってしまった。

「壁の中」から

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する