サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1015-18)

秋のメディア化タイトル 全品ポイント5倍!(~10/19)

白い人 黄色い人(講談社文芸文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件

電子書籍

白い人 黄色い人

著者 遠藤周作 (著)

第2次世界大戦中のドイツ占領下のリヨンで、友人の神学生をナチの拷問にゆだねるサディスティックな青年に託して、西洋思想の原罪的宿命、善と悪の対立を追求した「白い人」(芥川賞)汎神論的風土に生きる日本人にとっての、キリスト教の神の意味を問う「黄色い人」の他、「アデンまで」「学生」を収めた遠藤文学の全てのモチーフを包含する初期作品集。

白い人 黄色い人

1,080 (税込)

白い人 黄色い人

ポイント :10pt / 紙の本より216おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.2MB 無制限
Android EPUB 5.2MB 無制限
Win EPUB 5.2MB 無制限
Mac EPUB 5.2MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本白い人・黄色い人

2011/06/15 11:52

神のみぞ知る

10人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 第33回芥川賞受賞作(1955年)。その後の遠藤周作の活躍を思えば、新人登竜門といわれる芥川賞も華々しく受賞したかと思いきや、選評を読むかぎりにおいては薄氷の受賞であったことがわかる。
 選考委員の一人舟橋聖一氏の選評によれば「一時は(受賞作)ナシにきまりかけたが、司会者の運びのうまさ(これは名人芸に値した)につりこまれて」受賞作に決定したということだ。この「司会者の運びのうまさ」は表現こそ違え、宇野浩二も選評に書いているから事実そうだったのだろう。
 その後大家となる遠藤周作をこの世に生み出したのは選考委員ではなく、どなたかわからないが、当日の「司会者」だというのも、なんだか遠藤らしくて愉快だ。

 先の舟橋氏の選評であるが、さらに遠藤の文学に対する姿勢を批判し、「片手間小説には、あまりやりたくない」とまで書いている。
 受賞当時の遠藤は「評論」の道に進もうとしていた節があり、その点での心配は他の選考委員もしている。それほどに当時の遠藤周作は文学界においてほとんど無名であったといっていい。

 その受賞作『白い人』であるが、主人公も物語の舞台もすべて西洋ということで選考委員にとまどいがあったにちがいない。主人公はフランス人とドイツ人の間に生まれた青年神学生で、舞台は第二次大戦のフランス・リヨン。それだけでもきっと違和感があっただろうし、しかも物語のテーマが「神の存在」であるから、いくら「司会者」の力とはいえ、この作品を受賞作にしたことは、今から思えば「神の御力」であったのだろうか。
 生まれつきの斜視である主人公は、父から疎まれ、「右を見ろというのに、右を」という呪いのような罵声を浴びて成長する。やがて神学校に入学し、自身の心に奥底に潜む苛虐性に目覚めていく。そんな彼に対峙する形で信仰一辺倒である青年とその恋人が配置される。
 遠藤にとって彼らは神の具象化であったかもしれない。その神を遠藤は懐疑している。
 この作品のテーマはのちに遠藤の終生の主題となっていく。

 もし、この回の「司会者」が粘らなかったら、作家遠藤周作は誕生しなかったかもしれないし、私たちはその後の遠藤の名作を読むことはなかったかもしれない。
 神は「司会者」となって遠藤を芥川賞作家にし、そして何を描かせようとしたのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する