サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1119-22)

12時 修正:20%OFFクーポン(1119-22)

冤罪と裁判(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 1件

電子書籍

冤罪と裁判

著者 今村核

日本の刑事裁判は、じつは世の中の水準からみると、いろいろと遅れたところがある。起訴された事件の有罪率は99.9パーセントと驚くほど高いが、有罪とされた元被告人のなかに無実の人々がかなり含まれているのではないか、というのが私の心の奥底からの関心事である――〈「はじめに」より〉(講談社現代新書)

冤罪と裁判

702 (税込)

冤罪と裁判

ポイント :6pt / 紙の本より162おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.2MB 無制限
Android EPUB 4.2MB 無制限
Win EPUB 4.2MB 無制限
Mac EPUB 4.2MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本冤罪と裁判

2018/10/02 09:45

私たちも犯罪者に仕立て上げられるかもしれないし、裁判員として裁く側にまわるかもしれないから読んでおいた方がいい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりくり - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本の刑事裁判は起訴されれば99.9%有罪になる。今村弁護士はこの中には無実の人がかなり含まれていると推測する。
今村弁護士はこうしたえん罪のかなりの数の無罪を勝ち取ったその道のプロフェッショナルだ。
これまでの判例、裁判過程での誤起訴、誤判について検証したのが本書。浮かび上がってくるのは、日本の刑事裁判の構造的なあり方の問題点だ。無実の人を取り調べる際に作られる供述書は犯人と決めつける警察官のストーリーをなぞって作られている。裁判では作られた供述調書が重視される。検察官が証拠を独占し、被告人に有利な証拠を開示しない。裁判官が、ちゃっちゃと裁判を進めたいが為に十分な審理がされない。裁判官に「有罪慣れ」があり、「疑わしき葉被告人の利益に」原則がなくなっている。裁判官は出世のために無罪判決を出したがらない傾向があるなどなど、まさに闇の部分を実際の取り調べや裁判を例にして詳らかにしていく。ちょっとしたクライムノベルよりも面白い。面白いと言っては語弊があるだろう・・・。逮捕・起訴されたら、「やっていなくても」もうおしまいということが怖い。
今村弁護士も指摘するように、取り調べの可視化は、いの一番に改革する必要があるだろう。
いま、裁判員制度のなかで、一般の人が判決に関わる機会がある。今村弁護士は、この裁判員制度にも問題点があるが、可能性もあると指摘する。
もしかしたら、私たちも犯罪者に仕立て上げられるかもしれないし、裁判員として裁く側にまわるかもしれない。可能性はないわけではないのだ。そして、毎日のようにニュースで犯罪が報道されるが、その犯人を観る私たちの見方も変わってくるのが本書。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する