サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:日替わりクーポン(0813-16)

修正:定期購読キャンペーン(0810-31)

キリスト教文化の常識(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件

電子書籍

キリスト教文化の常識

著者 石黒マリーローズ

毎日のあいさつや人名、地名、祝祭日、ライフスタイルなどに密接に関連したキリスト教の言葉と精神――その由来と意味を簡明に説く。欧米人の性格と価値観を伝える国際化のためのガイドブック。(講談社現代新書)※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

キリスト教文化の常識

648 (税込)

キリスト教文化の常識

ポイント :6pt / 紙の本より130おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 38.1MB 無制限
Android EPUB 38.1MB 無制限
Win EPUB 38.1MB 無制限
Mac EPUB 38.1MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本キリスト教文化の常識

2011/09/14 22:27

思いがけなく身近なキリスト教の知識に身近な感覚で触れられる

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ががんぼ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書の題が、『キリスト教の常識』ではなく、『キリスト教「文化」の常識』であるところがミソである。文化というものが、単に芸術作品などだけでなく、むしろ日常生活の中に溶け込んだ行動様式とかものの考え方のことであるとすれば、本書はまさにそうした日常の中にあるキリスト教を教えてくれるものであり、それが興味深い。
 キリスト教というものがあることは誰もが知っているが、ぼんやりしたイメージを超えて、具体的にどういうものであるかというと、信者でもなければ語れる人は多くはないのではないか。キリスト教についての本はむろん数多くあるし、解説書も少なくない。それらもむろん有意義な本なのだろうが、何となく仰々しくて敷居の高いことが多い。そのような本を読んでも、ごく素朴な疑問や知識、たとえばカトリックは離婚できないとか、カトリックの神父は妻帯できない、などという事実にはなかなかたどり着けないのが実情だろう。一般庶民にとっては、いわば日常会話のレベルで学べる媒体が欲しいのであって、本書はそういう稀な本である。
 そうした特徴を表すのが、たとえば「メディアの中のキリスト教」の章で、いろんな映画の中にあるキリスト教の要素がどういうものかを解説してくれるところである。楽しい。
 ほかにも、名前、カレンダー、挨拶、ことわざ、ジョークなどといった興味深い話題の中で、いかにキリスト教が日常の中に入り込んでいるかを教えてくれる。我々は日本は基本的に仏教の国だと思っているが、同時に西洋文化の影響が大きいことも知っている。ところがその西洋文化の核心にキリスト教があり、したがって我々の生活の中にも、想像をはるかに超えてキリスト教の要素があることにはなかなか気がつかない。それを知ってあっと驚くことになるのだ。長くはないこの本の中にもそうした事例はたくさんあって、まさに「目からうろこ」である(ただしこの「目からうろこ」という言葉自体も聖書に由来することには触れていない)。
 こういう、ありそうで実はなかなかない本がいかにして可能になったかといえば、もちろん著者の人柄であり教養でもあるのだが、その生い立ちに負う部分が大きいと思われる。「文明の十字路」と言われる中東レバノンに生まれ育ち、日本人と結婚して日本にも長く住んで日本の学生を教え、ということは異文化を対比もでき、かつ説明する機会も多かった、ということである。本人はカトリックだが、基本的にプロテストタントの国であるアメリカなど、各国の事情にも通じている。少しでもキリスト教に興味があるなら、手元に置いていい一冊だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する