サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1019-21)

修正:定期購読キャンペーン(1012-31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 新書
  5. ウェブ×ソーシャル×アメリカ 〈全球時代〉の構想力
ウェブ×ソーシャル×アメリカ 〈全球時代〉の構想力(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 1件

電子書籍

ウェブ×ソーシャル×アメリカ 〈全球時代〉の構想力

著者 池田純一

「ウェブ」と「アメリカ」を考えるための新たな基本書の誕生。批評の新次元を開く待望の書。著者の池田純一氏は、デジタル・メディアの黎明期からの専門家であり、コロンビア大大学院で公共政策・経営学を学びました。ニュースや事象をいちはやく分析、ウェブと社会の関わりを洞察するブログ「FERMAT」(http://www.defermat.com/)は、高い評価を集めています。●Apple、Google、Twitter、Facebookは、なぜアメリカで生まれたのか? ●Googleを支える思想とは何か? それはこれからどこに向かうのか? ●FacebookとTwitterの本質的な違いはどこにあるのか? ●ウェブの展開は「ソーシャル」という概念を、どう再定義していくのか? ●ウェブによる国際化(全球化)に、ビジネスマンをはじめとして人々はどう対処していったらよいのか? これらの問いに答えながら、本書は同時に、「ウェブはアメリカの文化的伝統を、いかに継承・具現しているのか。社会の変容にどう寄り添い、国境を越え、結果として世界を動かしていくのか?」という壮大な問いに、歴史、社会、経済、思想、工学、建築、デザインなどの分野の境を超え、端正でやわらかな文章で語っていきます。ウェブが抱いてきた夢=「構想力」の源流をたどり、ゆくえを探る、斬新かつ根源的論考です。(講談社現代新書)

ウェブ×ソーシャル×アメリカ 〈全球時代〉の構想力

702 (税込)

ウェブ×ソーシャル×アメリカ 〈全球時代〉の構想力

ポイント :6pt / 紙の本より162おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 8.9MB 無制限
Android EPUB 8.9MB 無制限
Win EPUB 8.9MB 無制限
Mac EPUB 8.9MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

新書でこれだけの充実したアメリカ論が読めればお得というべき

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:JOEL - この投稿者のレビュー一覧を見る

 これはアメリカ論だ。ウェブやソーシャルは、現代アメリカを知るための手がかりとして扱われているだけだ。今流行のソーシャルメディアの活用法を教えてくれる本では決してない。

 書名にひかれて、うかつに手に取ると、半分と読まずに放り出してしまうかも知れない。しかし、GoogleやFacebookなどが登場してくる背景にあるアメリカ文化を理解したい人にとっては、うってつけの本だ。

 アップルのスティーブ・ジョブズやグーグルのエリック・シュミットをカウンターカルチャーの洗礼を受けた人と紹介する。実際、ジョブズはスタンフォード大学の有名な卒業式のスピーチの中で、『Whole Earth Catalog』(WEC)という雑誌に掲載された言葉で締めくくっている。

 『Whole Earth Catalog』は、本書で何度も取り上げられる。このヒッピーカルチャーの代名詞のような雑誌は、米国の現代文化の基調をなしている。ジョブズ以外にも、かなりの割合で、直接、間接にPC文化の創造者に影響を与えている。

 カウンターカルチャーが内包しているのは、その当時の主流をなす文化から逃れ出ようとする逃走の論理だ。それがときには「意識の拡大」になったり、「全球的思考(全地球的)」になる。Whole Earthはまさに「全地球」という意味である。

 こうしたカウンターカルチャーは、PCやウェブサービスときれいに共鳴する。かつてのIBMビジネスモデルが得意としていたような「メインフレーム」で制御する思想から、デスクトップ上の「パーソナルコンピュータ」が世界とつながり、自身も中心になるという転換が果たされるからだ。ウェブがまさに「意識の拡大」を体現しているというわけだ。

 その意味で、カウンターカルチャーの洗礼を受けた人物が、PCやウェブサービスの分野で頭角を現すのは理の必然となる。
 もちろん、ウェブを生みだした航空宇宙産業の研究拠点が、西海岸にあったという偶然も作用する。

 もっとも、単純な東海岸、西海岸という色分けも、著者の論じるところにしたがって、おさらいしておいて損はない。Facebookのザッカーバーグはハーバード大学の出身である。そして、Facebookはもともとハーバード大学生向けの閉じられたサービスであったことは、もっと強調されてもいい。
 Facebookがオープン化を果たし、世界に開かれていく様も興味に値する。Facebookによってつながった6億を超える人々は、あたかも国境を越えたひとつの共同体を形作っているかのようだ。その思想的根拠を、ローマ建国の神話『アエネーイス』に著者は求める。そう、著者はアメリカという枠を超えて、ヨーロッパ文化にまで飛ぶ。

 この飛び方は、さながら思想界のネットサーファーだ。
 本書の中で、著者は19世紀の米国にまで遡って、この国の成り立ちを論じてくれる。アメリカは建国から200年あまりの若い国とは言っても、ここまで縦横無尽になれるとは、さすがにすごい。

 著者は時空間を軽々と飛び越えて、ウェブ、ソーシャル、アメリカを論じ尽くす。
 その意味では、盛りだくさんな内容を含んだ本書は、お得な本だ。一度読んだだけでは、理解しきれないところが残るほどに盛りだくさんである。アメリカを知りたくなればなるほど、Twitterなどのソーシャルメディアを理解したくなればなるほどに、本書は読者に再読を要請する。
  
 エピローグの「全ては宇宙開発から始まったのだ」という著者の結びに納得がいくときが、本書のほんとうの意味での読了となる。

 現代の批評家といえば東浩紀が代表的だが、ほかにも、こんなに鋭い論者もいたのだと、驚かされた。 収穫ありの一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する