サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(0820-23)

20%OFFクーポン(0820-23)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 新書
  5. 〈意識〉とは何だろうか 脳の来歴、知覚の錯誤
〈意識〉とは何だろうか 脳の来歴、知覚の錯誤(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 2件

電子書籍

〈意識〉とは何だろうか 脳の来歴、知覚の錯誤

著者 著:下條信輔

【サントリー学芸賞受賞】 意識の成立過程を追い「心」の全体像を探る。他者の心の存在によってはぐくまれる意識は、脳や心とどのようにつながっているのか。認知・脳科学の最新研究をふまえ、人間の存在の本質にスリリングに迫る。(講談社現代新書)

〈意識〉とは何だろうか 脳の来歴、知覚の錯誤

648 (税込)

〈意識〉とは何だろうか 脳の来歴、知覚の錯誤

ポイント :6pt / 紙の本より216おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.3MB 無制限
Android EPUB 5.3MB 無制限
Win EPUB 5.3MB 無制限
Mac EPUB 5.3MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

来歴と記憶

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:だらに - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ちまたでの評価も高く、サントリー学芸賞も受賞したこの本は、<意識>を心理学的に考察しているわけであるが、いわゆる脳機能が局所的に配置されていると考える局所理論に対して批判をしつつ、意識を「来歴」として考察しようとする。
 ギブソンからの影響がつよいとはいえ心理学の新たな一歩として考えてもいいような発展ともいえるが、しかし、著者はこの「独自」の思想がベルクソンの『物質と記憶』の純粋記憶の理論と告示している点に気がついているだろうか。著者が扱っているストラットンや身体図式などのほかのテーマもすでにベルクソンがあつかったテーマであったことも興味深いが、是非「下条心理学」とベルクソン哲学との関係について本人の自覚的なコメントがほしいところである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

スリリングな書物

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る


 心の無意識的・無自覚的な過程を調べることには長けてきた科学が、なぜ自由意思に代表される志向性や能動性といった側面での意識の研究を苦手としてきたのか。その理由の一つは、科学の方法論がその本質として脳や認知過程を状況から切り離し孤立させるからだ、と著者は書いている。

《脳科学の本筋の中に「脳の来歴」、脳と身体と環境世界との相互作用の「来歴」をもう一つの軸として入れたなら、事態が変わってみえてくるのではないか。外堀(無意識)を埋めることによって、内堀(意識)の正体が見えてくるのではないか。従来の脳科学のめざましい成果の延長線上で、これまでの研究の弱点を乗り越えることができるのではないか。これがこの本全体の一つのメッセージでもあるのです。》

 ここに出てくる「脳の来歴」について。

《そもそも、無意識が意識の基盤でありえる理由は、無意識的過程こそが「脳の来歴」の貯蔵庫であるからだと思います。また「来歴」がその影響力を行使する場所でもあるのです。》

 知的刺激と豊かな情報に満ちたスリリングな書物。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する