サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:日替わりクーポン(0813-16)

【OP】集英社コミック1,000円OFFクーポン(4,500円以上で利用可)(~8/16)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 新書
  5. 日本を甦らせる政治思想 現代コミュニタリアニズム入門
日本を甦らせる政治思想 現代コミュニタリアニズム入門(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 1件

電子書籍

日本を甦らせる政治思想 現代コミュニタリアニズム入門

著者 著:菊池理夫

今の日本政治論議に欠けている思想はこれだ。欧米では現在、実効性のある思想として評価されながら、なぜか日本では古い保守思想として誤解されてきたコミュニタリアニズムの思想を紹介する入門書。(講談社現代新書)

日本を甦らせる政治思想 現代コミュニタリアニズム入門

648 (税込)

日本を甦らせる政治思想 現代コミュニタリアニズム入門

ポイント :6pt / 紙の本より130おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.9MB 無制限
Android EPUB 3.9MB 無制限
Win EPUB 3.9MB 無制限
Mac EPUB 3.9MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

たまには尾翼の自覚を持って左右を睥睨してやるのも悪くはあるまい

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SnakeHole - この投稿者のレビュー一覧を見る

 政治思想の話をするのは気が重い。個別の事件について何かコメントするごとに,右だ左だとレッテルを貼られるのには閉口する。映画「パッチギ!」を褒めただけで「このサヨクめ」……しかもこれがみんなハンで捺したようにカタカナ表記なんだよな。島田雅彦は偉大だ(笑),と罵られ,「音楽のセンセなんだから君が代の伴奏くらいしたらええんとちゃうの?」と言えば,「意外と右寄りなんだぁ」と驚かれる,そういう経験ありませんか?
 現代ニッポンを主導している「コイズミ〜アベ〜フクダ路線」の政治思想はだいたい中道右派,細かい傾向を言うと「小さな政府」を標榜するリバタリアニズム,および市場の万能を信じるネオリベラリズムの色が濃い。ネットで「右」を自称する人の発言を読んでいると,彼らの多くはこのニッポンがけしからんサヨクだらけだと思ってるようだが大丈夫,現実の政権はちゃんと右寄り,すなわち多数派は右寄りである。つか前から思ってたんだけど,左右を問わず政治信条を前面に出して語る人ってとかく「周りは敵ばかり」という現状認識が好きだよね。ポジ派とネガ派に分けたらみんなネガ派。いっそネガ派で大同団結してマービン(「銀河ヒッチハイク・ガイド」に出てくる極端にネガティブなロボット)でも旗印にしたらいいのに……。
 閑話休題。本書はそのリバタリアニズムやネオリベラリズムが生み出す格差や貧困を批判し,英米で徐々にチカラを増しつつあるコミュニタリアニズムをタイトルの通り『日本を甦らせる政治思想』として紹介,解説しようというもの。著者の菊池さんは以前,その政治思想の研究書として「現代のコミュニタリアニズムと『第三の道』」という本を上梓されており,この本はそれをより一般向けに書き直し,加えて現代ニッポンの抱える様々なモンダイ,格差社会や教育の荒廃,社会保障,経済政策などについてのコミュニタリアニズムからの解決案を示している。もちろんその内容に対しての賛否はいろいろだろうが,現状分析だけでも一読の価値はあると思うぞ。
 本書にもあるが右翼・左翼というのはもともと,フランス革命の最中に「革命はもうこれくらいでええんとちゃうか?」という連中が議長に向かって右側に議席を占め,「まだまだ足らんわい,このすかたん」という一派が左側に座ったことから言われたものだ。だから語源から言えば議員でもなんでもないオレやそしてたぶんあなたのような「その他大勢」は,いくら右翼,左翼ぶっても結局のところ尾翼みたいなもんであり,飛行機が傾いた方のほっぺたに風が当るだけの存在なのである。たまには尾翼の自覚を持って左右を睥睨してやるのも悪くはあるまい。そういう視点を与えてくれる本でもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する