サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

修正:定期購読キャンペーン(0810-31)

ハプスブルク家(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 7件

電子書籍

ハプスブルク家

著者 著:江村洋

キリスト教が心なら、ハプスブルク家は背骨である。ヨーロッパの「宗家」ハプスブルク家の盛衰。王家の中の王家、超国家的な支配原理で陽の沈まない帝国を築いたハプスブルク家。カール5世、マリア・テレジア等の闘争と政略の700年を通しヨーロッパを考える。(講談社現代新書)

ハプスブルク家

648 (税込)

ハプスブルク家

ポイント :6pt / 紙の本より216おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.0MB 無制限
Android EPUB 5.0MB 無制限
Win EPUB 5.0MB 無制限
Mac EPUB 5.0MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本ハプスブルク家

2002/06/21 00:48

汎ヨーロッパ的性格を備えた一族の歴史

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:びんわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 神聖ローマ皇帝として数世紀に渡って欧州に君臨した名門中の名門であるハプスブルク家の歴史を概説した書物である。「太陽の没することがない」と言われるほどに広大な領土を獲得した秘訣は、戦争でも謀略でも脅迫でもなく「結婚」であった。本書では家祖・ルードルフ1世からフランツ・ヨーゼフ帝にいたるまでの700年の歴史を平板に叙述するのではなく、4人の人物——マクシミリアン1世、カール5世、マリア・テレジア、フランツ・ヨーゼフの4人——に重心を置いており、総じてメリハリの利いた内容となっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ハプスブルク家

2016/02/10 15:08

ハプスブルク家を知りたい人向けの良書

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:flyingpenguin - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハプスブルク家は高校の世界史、とくにヨーロッパ史では必ず出てくる家名ですが、一般の日本人にとってはフランス王家に嫁いだマリー・アントワネットがおそらくもっとも有名で、王朝そのものや君主についてはあまり知らないのが実情だと思います。
 
 本書はそのハプスブルク王朝約700年の歴史について、マクシミリアン1世、カール5世、マリア・テレジア、フランツ・ヨーゼフの4人の君主を中心に解説しています。彼らの事跡を教科書のように淡々と述べる文章ではなく、歴史小説のように生き生きと書かれているので一気に読み通せると思います。なかでも女帝マリア・テレジアの章は気合いが入っていて、この女帝に対する著者の情熱が伝わってきます。
 
 新書という限られた紙幅のなかで、しかも一般の読者を対象としているので、当然ながら専門的、学術的な部分は著者によってあえて避けられていますし、主観的に語っている部分も多く見られますが、その分かなり平易かつコンパクトにまとめられています。他国が自分の都合で持ちかけてきた政略結婚がなぜかハプスブルク家に幸運をもたらしてくる面白さや、最盛期には西ヨーロッパにまたがる大帝国としての姿、そして多民族をなんとかまとめようとする斜陽の帝国の悲哀など、この王朝の魅力や「汎ヨーロッパ的」な性質はうまく把握できると思います。
 
 ハプスブルク家は中央ヨーロッパにとくに絶大な影響を及ぼしているので、オーストリアやハンガリー、チェコ、スロバキアなどを旅行される方はぜひ前もって読んでおくことをおすすめします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ハプスブルク家

2015/11/15 05:24

ヨーロッパの成り立ちが理解できる

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シンジー - この投稿者のレビュー一覧を見る

理系卒、47歳、世界史をまともに勉強せずにいて、最近、すっかりこの手の本にはまっている。ヨーロッパの成り立ちがしっかりわかる良書。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ハプスブルク家

2013/09/05 00:40

物語的な語り口が秀逸な入門書。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

導入から小説的で引き込まれる。客観的事実だけをもとめるなら蛇足かも知れないが、「ハプスブルクという一族について少し興味がある」という需要を考えると、こうした語り口は親切だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍【期間限定価格】ハプスブルク家

2017/03/15 00:36

教養として一読の価値あり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しょひょう - この投稿者のレビュー一覧を見る

中世から近代まで、ヨーロッパに君臨したハプスブルグ家の約700年の盛衰を、マクシミリアン一世、カール五世、マリア・テレジア、フランツ・ヨーゼフの四人を中心に描いている。

文体は平易で、特に世界史(ヨーロッパ史)に詳しくない者でも十分についていけるレベルで読みやすい。
1990年の著作で著者は既に故人だが、EUの拡大と混乱、グローバル化の進展と弊害を経た今だからこそ、決して軍事的強者でなかったハプスブルグ家が700年にもわたって帝位を維持してきたことの意義を考えさせられる。

一読の価値あり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍ハプスブルク家

2016/10/26 21:07

ミュージカルの復習として

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミュージカル「エリザベート」を観て、ハプスブルグについて知りたくなって読みました。物語風の組み立てで平易な文章でした。格調高い語彙で、華麗でかつ権謀術数に満ちたヨーロッパ中近世の宮廷社会を描き尽くしている本です。ヨーロッパが、「国家」以前の様態から次第に「近代国家」となる筋道が、巨視的に理解できます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ハプスブルク家

2000/07/31 19:59

わかりやすいヨーロッパ史

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にむまむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

学生時代に世界史が大好きだった 
ハプスブルク家についての諸説が書籍化されていたりするが、
年代記として、丁寧に追いかけた本は少ない。 
どちらかと言うとミステリー物として書かれていたり、
婚姻計略の話だけがクローズUPされ過ぎている。
ヨーロッパの歴史はなかなか理解しにくいものですが、
一大勢力だったハプスブルク家をキーワードに歴史を追いかけていくのも一興
やたら暗記するだけの勉強などより余程為になる

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する