サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1015-18)

修正:続刊予約キャンペーン(1012-31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 新書
  5. 「欲望」と資本主義 終りなき拡張の論理
「欲望」と資本主義 終りなき拡張の論理(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 1件

電子書籍

「欲望」と資本主義 終りなき拡張の論理

著者 著:佐伯啓思

資本主義の駆動力は何なのか。ゆたかさの果て、新たなフロンティアはどこに求められるのか。差異・距離が生み出す人間の「欲望」の観点から、エンドレスな拡張運動の文明論的、歴史的な意味を探る。(講談社現代新書)

「欲望」と資本主義 終りなき拡張の論理

648 (税込)

「欲望」と資本主義 終りなき拡張の論理

ポイント :6pt / 紙の本より130おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.9MB 無制限
Android EPUB 3.9MB 無制限
Win EPUB 3.9MB 無制限
Mac EPUB 3.9MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

資本主義の正体とは?論理簡潔文章平易、経済オンチにもおすすめ

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鳥居くろーん - この投稿者のレビュー一覧を見る

今の日本は豊かだ。借金苦で自殺する人はあっても、飢え死にする人は少ない。

今の日本は豊かだ。普通に生活していて、我慢ならないような不便を感じることはめったにない。

それでも現状は深刻だと人は言う。どう深刻なのか? 何が一番深刻なのか? 毎日のように頭をもたげる些細な不安に立ち往生する前に、資本主義というものが一体どういうものなのかを考えることは、決して解決への遠回りにはならないと思うのだが、どうだろうか。


著者は、「欲望」をキーワードに、資本主義の誕生から産業革命、帝国主義化、さらには大衆社会やバブルといった資本主義の歴史を照らしていき、その根底に潜む思想、あるいは宿命といったものをあぶりだしていく。

資本主義は欲望なしには成り立たない。かつて経済的後進地域であったヨーロッパが世界の覇権を握ったのも、大量の移民が流れ込み混沌の巣でしかなかったアメリカが世界経済を牛耳ったのも、ボロをまとった敗戦後の日本が経済大国の名を勝ち得たのも、すべては欲しいモノを手に入れたいという欲望から始まったのだ。憧れや虚栄心を刺激する広告は欲望を無限に膨らませ、それにともなって資本も無限に膨らんでいく……。

しかし、欲望は無限ではなかったようだ。今、こうして日本は経済発展の袋小路にいる。進歩主義の旗の下、たくさんのものを踏み潰して突き進んできた日本人。大切にしていたものをどこかに置き忘れてきてしまったと今さらのように気づき、オロオロし始めた人が増えている。

欲望というフロンティアがほとんど埋め尽くされかけている今、それでもなお挑戦を続けるか、それとも古くても大切なものを守り続けるか。そのことがフロンティアに追いつけなくなった人々に問われているように思う。


欲望が肯定的に語られる時、人々はそれを夢と呼ぶ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する