サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 OP 20%OFFクーポン(~12/13)

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 心理
  5. リストカット 自傷行為をのりこえる
リストカット 自傷行為をのりこえる(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件

電子書籍

リストカット 自傷行為をのりこえる

著者 著:林直樹

人はなぜ自らの身体を傷つけようとするのか。近年、社会・学校に蔓延する自傷行為。そのメカニズムと対処法を最新の知見と医療現場の症例をもとに解説。自傷行為に苦しむ人々に回復への道筋を提示する一冊。(講談社現代新書)

リストカット 自傷行為をのりこえる

648 (税込)

リストカット 自傷行為をのりこえる

ポイント :6pt / 紙の本より173おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.9MB 無制限
Android EPUB 4.9MB 無制限
Win EPUB 4.9MB 無制限
Mac EPUB 4.9MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

自傷行為を深く知る

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あずきとぎ - この投稿者のレビュー一覧を見る

2007年初版。
著者は、都立松沢病院精神科部長である精神医学者(肩書は出版時のもの)。
本書は、書名の通り、リストカットを中心とした自傷行為について、その発生といくつかの症例の検証、そして自傷者が自傷行為を繰り返す状況からいかに脱するかを、精神医学の視点から論じたものである。

まず、第一章では、「自傷行為」の定義が論じられる。
つまり、本書において詳述される自傷行為が、どのような行為を指すのかということだ。
これについては、米国の研究者パティソンとカーハンが提示した「意図的に自分を害する行為」という概念(1983年)を採用している。
このため、拒食や過食、アルコールや薬物の乱用などは、「自分を害する」という点について「間接的である」として除外されている。
また、致死性の高い行為については、「自殺未遂」としてこれも区別している。

(一つ飛ばして)第三章では、自傷行為のさまざまな発生要因について、考察されている。
歴史的に見て、習俗として自傷行為が行われた時期・地域が存在するが、日本の現代社会においては、社会文化的要因と生物学的要因に絞れるようである。
文化的には、日本でリストカットが増加した70年代以降、マンガや楽曲(歌謡曲)でリストカットが描写されるようになったことの影響を指摘し、生物学的には、セロトニン・ドーパミン・エンドルフィンといった脳内物質の作用によるという学説を紹介している。

第二章・第四章では、有名人三人を実例として紹介し、特に第四章では、自傷行為が自殺未遂・自殺既遂(自殺行為)へとつながる危険性について論じている。

第五章では、著者が実際に診察・治療を行った三つの症例をモデルケースとして、その治療の過程を詳述し、続く第六章において、この三つの症例と絡めながら、自傷行為と精神疾患(気分障害・発達障害・パーソナリティ障害など)との関係を説明している。

第七章・第八章で、自傷行為(自傷者)への具体的な対応の仕方や精神科における治療法などが示される。
本書で、「援助者」と呼称された、自傷者の周囲(家庭や学校など)で対応する人々の意識の持ち方や注意点などが詳しく示され、合わせて精神科での治療の過程・進行と援助者との連係について、改めて詳述される。

第九章は、精神科での治療(主に薬物治療)以外の方法について紹介している(呼吸法・認知療法など)。

エピローグは、自傷者・援助者それぞれに向けての、著者からのメッセージが記されている。

本書は、新書という制約の中で、自傷行為について、精神医学からのアプローチによって広くその理解を深められるよう意図して書かれ、同時にその対応・対処の仕方について詳しく示された書である。
自傷者本人、また身近に自傷者のいる人々に、問題解決への希望をもたらしてくれるかも知れない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。