サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1022-25)

20%OFFクーポン(1022-25)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 教育・学習参考書
  4. 学習参考書
  5. 経済成長という病 退化に生きる、我ら
経済成長という病 退化に生きる、我ら(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 2件

電子書籍

経済成長という病 退化に生きる、我ら

著者 著:平川克美

この金融危機は我々に何を問いかけているか。2008年夏、一瞬にして祭りは終わった。新自由主義とはなんと薄っぺらいものだったのか。表層的な原因分析や処方箋を越えて、いま考えるべき危機の本質とは? (講談社現代新書)

経済成長という病 退化に生きる、我ら

648 (税込)

経済成長という病 退化に生きる、我ら

ポイント :6pt / 紙の本より151おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.8MB 無制限
Android EPUB 4.8MB 無制限
Win EPUB 4.8MB 無制限
Mac EPUB 4.8MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!

「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

 

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

デクノボーとしての我ら

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kc1027 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書で著者は経済成長という病を静かに自省し続ける。
サブタイトルは「退化に生きる、我ら」。

今の社会を「自分ごと」として眺めたときに見えてくるのは、
人が人らしく生きる基盤が失われ、底が抜けてしまった世間で
オロオロする「我ら」の姿だ。そうなってしまったのは何ゆえか?
経済成長は「貧困からの脱出を図るための進化」という夢と共に
近代国家の至上命題となった。いつの間にやら自己目的化した
経済成長の中で人間という種族は、生きる基盤さえ直視できない程に
どうやら退化を始めてしまったようだ。著者曰く、「過剰は、
その病理に自らが気づくまでは、いかなる処方も困難なのである。」


それにしても、本書を読む私のうちに沸いてくるこの安心感にも
似た思いは何だろう。経済社会の主役である企業は、ヒトモノカネを
切り売りしながら肥大化していき、自らの過剰さという病理によって
いったんリセットされつつある。それでいいんじゃないか?ボチボチ
やるのが普通なんじゃないか?という考えは、人を落ち着かせる。


企業も政府もその辺のお役所の仕事も、本当は普通の人が普通に
頭が混乱したりしながらやっていた、ということに気づき、それを
伝えるメディアにも、これから盛り上がってくる裁判所にも特別な
人なんてあんまりいない。国家や大企業が掲げる経済成長などと
いうマクロな話に惑わされずに、自らの頭で考えて自らの体で生きて、
愛すべきものを愛するだけで充分、退化するならお互いで助け合う
しかないと腹を括ってしまえば、そんなに悪くないはずなのだ。


本書を読み終えて思ったことがある。
我らみんながやがて、生活者であり消費者であり労働者であり、
上司であり部下であり、債務者であり債権者であり、裁判員にも
原告にも被告にもなりうる世の中で、家族以外に共に退化を生きると
したら、それは「師」ではないだろうか。上手に退化していく術を
知っている「先生」だ。本書の落ち着きは、知らず知らずのうちに、
私が著者を師と感じてしまったからかもしれない。それはなぜか、
うつむき加減に田畑を歩く宮沢賢治のイメージと重なっていた。
デクノボーとしての我らは、欲もなく、決して怒らず、いつも静かに
笑い続けることが出来るだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

長期的な意識改革と短期的な経済成長の話が混濁している !?

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

リーマン・ブラザーズが破綻し,人口が減少しつつあって,もはや経済成長がのぞめないなかでも経済成長によってさまざまな経済・社会の問題を解決しようとする政治から個人の意識までもが批判の対象になっている. 批判の重点は近所でたすけあうような共同体的なつながりがうしなわれてしまったひとびとのありかたに向かっているようにみえる. それは政治・経済というよりは個人の倫理の問題だろう. にもかかわらず 「経済成長」 を本のタイトルにしているところに違和感を感じる. 個人の意識から改革していかなければならない長期的なながれと,きょう,あるいはあすの雇用を確保するための経済成長とをいっしょに論じているところには,無理があるとおもわざるをえない.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する