サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1112-15)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

鳥獣戯話 小説平家(講談社文芸文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件

電子書籍

鳥獣戯話 小説平家

著者 著:花田清輝

一等史料、正史とやらに隠蔽された人物たちを、周到な論理と、痛快・奔放な推理力を駆使して復権し、常に未来に向けての力強いメッセージとして語る、“本物のアバンギャルド”花田清輝の毎日出版文化賞受賞の『鳥獣戯話』、“平家作者考”とも言うべき異色の秀作『小説平家』を併録。

鳥獣戯話 小説平家

1,242 (税込)

鳥獣戯話 小説平家

ポイント :11pt / 紙の本より270おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.6MB 無制限
Android EPUB 4.6MB 無制限
Win EPUB 4.6MB 無制限
Mac EPUB 4.6MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本鳥獣戯話・小説平家

2014/11/20 21:33

突破者どこへ行く

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

武田信玄よりも、息子である信玄に国を追い出された父親の信虎に着目するというところからまず皮肉だ。その信虎が猿を飼っていたとあれば、武田軍団の戦法は猿の群れを真似たのだろうと言い、狐の話をしたとあれば、信長との化かし合戦の末に死後に本能寺に斃したと言う「鳥獣戯画」ならぬ「戯話」。読んでるとそんな気になって来るのだが、よく考えたらそんなわけはないだろうとなり、どこまでが空想でどこからが論評なのかうやむやの彼方に飛び去ってしまう。
下克上の世の中で、信長にしろ信玄にしろ、英傑たちは戦乱を終わらせようという行動原理で動いていたと思われるが、作者が信虎に仮託するのは武力ではなく言論でそれを行おうとする姿であり、ある種の近世の幕開け的な人物としている。「甲陽軍鑑」を初めとして当時の文献が不正確であり、ことに信玄を英雄視するためのひいき、曲説多しという前提から発展させてのことにはもっともらしさがあり、足利義昭のお伽集として、様々な陰謀をめぐらせていたというのは非常に面白い。もっとも彼の行動原理自体、子の信玄を憎しとして陥れようとしているとも、信長を倒して武田家を始めとする各地の有力大名の手で新時代を切り開こうとしているとも見えて、さてどこに芯のあることか幻惑されるのだが、口八丁の裏工作で陰で糸引く怪人としての迫力は満点だ。
「小説平家」では「平家物語」の作者は誰なのかについて、通説で言う「徒然草」にある信濃前司行長でなく、「平家物語」の登場人物でもある一字違いの海野幸長の書き誤りであるという新説で挑む。専門家に聞くと鼻で笑われたらしいが、この幸長説の方が面白い。それは幸長の生涯自体が面白いからだ。奈良で学僧として名を挙げた後、右筆として源義仲に仕え、それから京を逃れて東国に彷徨い、義仲の遺児義高の鎌倉からの逃亡の物語「清水物語」を影で糸を引いていただの、富士山麓に網目のように広がっていた洞窟に反頼朝陣営の人々が結集していたのと、またもや奔放の極みとも言えなくもないが、「吾妻鏡」なとの史書の歪められたと思しき部分をくぐり抜けて、伝承や物語の中に潜まされた真実をうまく引き出しかけている。なにより彼の生き様こそが、「平家物語」を貫く思想にふさわしいという論証が爽快だ。
さらに妄想は広がって、海の雫と消えたはずの安徳天皇が瀬戸内の小島で生き延びていたという、これも伝説だが、そこから役の小角か天竺ばりの魔術使いが活躍しはじめ、その狙うところは失われたはずの三種の神器か仏舎利かと、とめどなく歴史の暗部に分け入っていく。
それもこれも、権威や建て前に守られて存在する歴史、事実といったものの中にある空虚さをさらけ出して、緻密に練り上げたフィクションと対比させてしまおうという、底意地の悪さが痛快だが、この既成の常識を突破した先の出口はどこにあるのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する