サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/30)

【OP】集英社コミック1,000円OFFクーポン(4,000円以上で利用可)(~9/30)

西郷隆盛と明治維新(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件

電子書籍

西郷隆盛と明治維新

著者 坂野潤治

日本近代史の第一人者が、日本を近代国家に導いた人物を描き出す! 征韓論、西南戦争……、「軍部独裁と侵略戦争の元祖」はつくられた虚像だった!幕末期に「議会制」を構想し、封建制の打破に尽力し、江華島事件を卑劣と非難した、幕末維新の巨人の実像に迫る一冊。

西郷隆盛と明治維新

648 (税込)

西郷隆盛と明治維新

ポイント :6pt / 紙の本より151おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 9.5MB 無制限
Android EPUB 9.5MB 無制限
Win EPUB 9.5MB 無制限
Mac EPUB 9.5MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
最大40%OFFクーポン配布中!
「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

キャンペーン期間

2018年9月14日(金)~2018年9月27日(木)23:59


あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本西郷隆盛と明治維新

2018/06/28 17:01

西郷は、武士であり政治家では無かったのだろう。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:気まぐれネット購入者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

たしかに、功労者である事に異論は無いだろう。しかし、反逆者という面も否定できない。おそらく、本書は反逆者というイメージを否定したいのだろう。西郷ファンなら面白く読めるのではないだろうか。
維新のスクラップアンドビルドにおいて、西郷はスクラップを大久保はビルドを担ったことから、西郷には革命児という印象が、大久保は実務家という印象がある。やはり、西郷は最後まで薩摩武士であったのだろう。そして、大久保は政治家になったのだろう。すなわち、政治家になれなかったのが西郷であると換言できるだろう。
だからこそ、士族という人材の活用に最後まで拘ったのではないだろうか。近代化する日本における中央専制は是認できるものの、地方自治の観点から分権も必要であっただろう。ここに国を憂う気持ちがあり、この抵抗の精神が後に西南の役を招くことになる。おそらく、西郷が薩摩武士から政治家になっていれば回避できたと思われる。
基本的に肯定的な見解で西郷を捉えているので驚くような主張は無いが、なぜ西南戦争を招いたかを考えるにも有用な書籍だろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本西郷隆盛と明治維新

2013/05/25 17:39

西郷びいきの学者による西郷賛歌

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

西郷隆盛を中心に据えた明治維新史で、最新の研究をもとに、従来の西郷像の修正を試みたものです。はしがき(7ページ)に、「幕末から明治維新にかけてわれわれが漠然と抱いていた西郷像は、まったくの虚像だったのである。西郷隆盛の実像を再現することが、本書の目的である。」とあり、大いに期待して読んだのですが・・・。

 確かに「西郷隆盛は、攘夷論者からも慕われていたが、自身が攘夷論者であったことはない。『征韓論』で有名な西郷は、実は1875年の江華島事件を、小国を見くびった卑劣な事件と非難していた。(中略)しかし西郷が議会制導入の必要を覚ったのは、1864年のことであり、先の3人(伊藤博文、板垣退助、坂本龍馬)よりはるかに前のことである(205ページ)。」といった事実は、本書を読むまで認識していませんでした。
 また『「開国」の必要を確信していた井伊が、これら保守的な「攘夷論者」を一掃したのが、「安政の大獄」であるというのは「俗説」(47ページ)。「安政の大獄」は「開国派」による「開国派」の弾圧であり、本当の対立は第13代将軍の跡目争いだった(48ページ)』という事実は新鮮でした。特に、処刑された橋本左内が開国を支持していたということは驚きです。「安政の大獄」は攘夷論者への弾圧ということで、テレビドラマでも学校の授業でも扱っているのではないでしょうか。歴史はそんなに単純ではないということが、分かりました。

 一方西南戦争について、「政府の挑発に乗った桐野ら私学校急進派が、砲兵属廠を占領する挙に及んだ時、西郷も決起せざるをえなかった(202ページ)。」つまり、西郷は大義が存在しない反乱に意図せず巻き込まれたという結論には、何の驚きもありませんでした。
 また全体としては、西郷びいきの学者による西郷賛歌です。常に西郷を絶賛する姿勢には辟易しましたし、他の人物の過小評価にも繋がります。何よりも時代を見誤るのではないでしょうか。期待が大きかった分、残念な内容でした。

 なお、本論からはズレますが、「250年余にわたる江戸時代は、極端な格差社会だった上に、無数の格差間の流動性がまったくない、とんでもない社会だった」とし、昨今の江戸時代に郷愁を抱かせるような風潮を批判していることには、全く同感です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する