サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1112-15)

【OP】【20%OFF】2018独自コミックランキング商品で何度でも使えるクーポン(~11/19)

珈琲の世界史(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 13件

電子書籍

珈琲の世界史

著者 旦部幸博

カップ一杯のコーヒーの中には、芳醇なロマンに満ちた「物語」の数々が溶け込んでいます。その液体を口にするとき、私たちはその中の「物語」も同時に味わっているのです。コーヒーの歴史を知ることは、その「物語」を読み解くことに他なりません。歴史のロマンを玩味するにせよ、知識欲の渇きを潤すにせよ、深く知れば知るほどに、その味わいもまた深まるというもの。一杯のコーヒーに潜んだその歴史を、一緒に辿ってみましょう。

珈琲の世界史

810 (税込)

珈琲の世界史

ポイント :7pt / 紙の本より54おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 10.7MB 無制限
Android EPUB 10.7MB 無制限
Win EPUB 10.7MB 無制限
Mac EPUB 10.7MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本珈琲の世界史

2018/05/31 13:37

カフェのお供にお似合いの1冊

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

コーヒーの起源から世界各地への伝播、商品としての重要性や現在の状況に至るまで、綿密な文献の調査を通じて、コーヒーの辿った歴史を網羅的にわかりやすくまとめている。また、随所にはさみ込まれた逸話にも著者の博識が生かされており、読んで楽しめる作品になっている。著者は滋賀医科大学講師。医学博士。著書に『コーヒーの科学』(講談社ブルーバックス)、『コーヒー おいしさの方程式』(共著、NHK出版)がある。商品作物としてのコーヒーノキの伝播と消費国におけるコーヒー飲用の歴史を、世界的規模で通観した力作。文献渉猟により導きだした精緻な歴史的考察は説得力があり、嗜好品の枠にとどまらず食文化研究の優れた業績として、長く参照される基礎文献となるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本珈琲の世界史

2017/11/24 09:46

さらに詳しく

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Freiheit - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者はコーヒーに関する著書が何冊もある。コーヒーが世界で飲まれ、日本の茶文化に取り入られるようになった経緯など詳しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本珈琲の世界史

2017/10/30 21:03

『珈琲の世界史』

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:百書繚乱 - この投稿者のレビュー一覧を見る

先史時代から現在にいたるコーヒーの歴史を辿る

歴史をきちんと知ることで近年話題の「スペシャルティ」「サードウェーブ」もすっきり理解できる

著者はバイオ系の研究者
近著『コーヒーの科学』(ブルーバックス)が理系の入門書とすれば、本作は歴史好きな文系のためのコーヒー入門書

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本珈琲の世界史

2018/07/31 17:34

愛羅武珈琲

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KEY坊 - この投稿者のレビュー一覧を見る

珈琲が好きな私にとって普段あまり考えたことのない珈琲の語源や世界史・日本史などがわかりやすく書かれており、興味深く、飽きないようにコーヒーブレイクなどもありとても楽しく、読破できました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本珈琲の世界史

2018/05/26 16:47

嗜好

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イシカミハサミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

こうやってひとつの軸を中心に、
歴史の流れを追っていくと整理しやすくていい。

そして「コーヒー」というテーマは歴史の流れの中でも
なかなかに中心にいるように見えた。
なかには、コーヒー自体が発端になる出来事もある。

日本という国は「世界史」という視点で見ると
中心になることがとても少ない。
だからどう世界のルールが作られているか
わかりにくいところがある気がするけれど、
きっと好悪が基準になっていることが少なくないのだろうな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本珈琲の世界史

2018/05/21 18:03

歴史を知れば、おいしさが変わる。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:野間丸男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

珈琲に関する本は沢山あるが、歴史については少ない。
基礎医学の研究者である珈琲好きの筆者が、
珈琲の歴史ロマン、知的好奇心を揺さぶる。

歴史を知って、さらなる珈琲のおいしさを味わおう!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本珈琲の世界史

2018/10/13 07:51

珈琲

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なま - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本に出会うまで、毎朝飲んでいる珈琲の事を深く考えた事がなかった。歴史を知れば、おいしさが変わるという言葉に興味を持って読んでみた。独特の進化を遂げた日本の珈琲文化の話が特に面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍珈琲の世界史

2018/07/29 22:55

コーヒーの歴史を感じる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

コーヒーの歴史を始まりから近現代まで追う事が出来る1冊。
中盤までは世界史に詳しい方がより楽しめる気がする。詳しくなくてもナポレオンも飲んでいたとかカルディがコーヒーを最初に発見したとか奴隷がコーヒーを栽培していたとか学校の授業で習って多くの人が知っているだろうエピソードや内容と繋がっていたりするのでそこまでの難しさは感じなかった。
カルディの話は史実ではないというのを今回初めて知ったし興味深かった。

後半の近現代の話になると喫茶店やスターバックスなど有名な企業の名前も出てきてより身近に感じてイメージしやすかった。
戦前のカフェーが今のカフェと随分違ったりなどそこまで遠い時代ではないのになと大きな変化が面白かった。

自分たちの生活に身近なコーヒーも世界で起こった出来事なんかの色々な要素が繋がって今になっているという流れを感じて不思議な気持ちになった。コーヒーを飲みながら読むのに最適だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍珈琲の世界史

2018/07/06 18:29

初めて読んで

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りー - この投稿者のレビュー一覧を見る

誰でも読みやすく、役に立つ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本珈琲の世界史

2018/06/21 03:20

コーヒー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

おいしいコーヒーをいれたくて、コーヒーの本をいろいろ読んでいるうちに、コーヒーの歴史にまでたどり着きました。おもしろかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本珈琲の世界史

2017/12/29 18:03

コーヒーの歴史

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なつめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

何気なく飲んでいるコーヒーについて、さまざまな方面から書かれています。ナポレオンに関する部分が、興味深かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本珈琲の世界史

2018/03/20 09:57

珈琲マーケットのレビュー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジル - この投稿者のレビュー一覧を見る

真剣に読む内容ではない。終章「コーヒー新世紀の到来」という部分は日本を含む現状の珈琲マーケットの簡単なレビューにはなる

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本珈琲の世界史

2017/11/29 13:33

コーヒーと世界史

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:でぃー - この投稿者のレビュー一覧を見る

「コーヒー」ひとつから世界史を読み解いていく。コーヒーの物語というより、コーヒーから世界史を学びなおすといったほうが適切かもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する