サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1119-22)

新規:予約キャンペーン(1116-30)

キャラ化するニッポン(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件

電子書籍

キャラ化するニッポン

著者 相原 博之

「萌え」にはじまり、日本のキャラ化は進化するばかりである。現在ではコスプレ系ひとつとってみてもオタク・コスプレイヤー・ニート・引きこもり・ロリコンなどキャラの多様化はめざましい。懐かしいマンガやアニメのキャラクターからはじまり、ディズニーやキティなどキャラクター商品を80%以上の日本人が所有している。そして、あらためて驚くのは大人の所有率の高さだ──。

キャラ化するニッポン

648 (税込)

キャラ化するニッポン

ポイント :6pt / 紙の本より108おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.4MB 無制限
Android EPUB 6.4MB 無制限
Win EPUB 6.4MB 無制限
Mac EPUB 6.4MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本キャラ化するニッポン

2007/09/25 19:28

「キャラ化」という魅力的なキーワード

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:FAT - この投稿者のレビュー一覧を見る

この書評のタイトルは、本書のあとがきからの引用である。この台詞の直後で、著者は次のように書いている。

 このキーワードは今後ますます、その魅力と説得力とを増していくはずだ。(本書、P182)

 本書における、社会現象をキャラ化で説明する論旨展開自体には、実はそれ程目新しい議論がある訳ではない。しかし、このキーワードは、混乱した各種の社会現象を「統一的に」説明する説明概念として、デュルケームの提唱した「アノミー」と並ぶ程に協力なものである気がする。ある意味では、その力が強力するぎるので、その説明力が疑わしくなる程である。
 評者自身は、この「キャラ化」ということを規範的には受け入れがたいので、心情的には、実証的研究プログラムとしての「キャラ化」を受け入れることに、若干抵抗感はある。
 しかし、この「キャラ化」という概念と、他の議論の分野で使用されている概念、例えば、人類学における譲渡不可能性:inalienability、集団分極化現象、カール・シュミットの「民衆の喝采」などなど、対概念からよりマクロな現象を表すものとの関連性が、本書を読み進める過程で走馬燈にごとく走り去っていった。また、付箋とメモ書きと伴走する形で、本書を一気に読み終えてしまったことからすれば、やはり、この概念は、非常に「魅力的」なのだろう。
 とすれば、この「キャラ化」が如何に咀嚼されて、あらたな社会科学を形成させることになるのかという点に興味がわく。まずは、経験価値との関係で「経営学」が、新たな価値論の源泉として「経済学」あたりへの導入というのが待たれるところだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本キャラ化するニッポン

2008/11/14 22:08

わかったような,わからないような,現代社会の分析

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本人の 8 割がキャラクター商品をもっているという.「むひょキャラ」とよばれるキャラクターは (能面のように) 「無表情なため,かえって,こどもたちは自分のほうで勝手にキャラクターの表情を解釈し,自らの感情を様々に投影することができる」という.人間の「キャラ」についても「現実の「私」とは似て非なる「キャラとしての私」」が他人によってあたえられるという.小泉元首相や東国原知事のような政治家やホリエモンについても「キャラ」によって解釈しようとしている.

いろいろな社会現象が「キャラ」によって解釈されているが,それがただしいのかどうかはよくわからない.基本的には日本の現象としてとらえているようだが,キティのような日本のキャラが世界ではやっていることをみても,日本に特異なことではなさそうだ.外部から「キャラ」をあたえられるのはディベートのやりかたにも似ている.現代社会をよみとくヒントはあたえているとおもうが,結局,この本を読んでも,わかったような,わからないようなでおわってしまう.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本キャラ化するニッポン

2007/10/05 09:53

「キャラが濃い」「キャラがかぶる」など用法も広がっているこの言葉が示す社会。要するに情報世界ばかりが巨大化することによって、現実離れして歩き出した社会を象徴するものが「キャラ」、ということになるだろうか。鋭い指摘もあるが、著者はこれを肯定するのか、否定するのか。その辺がはがゆい。

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「キャラが立ってる」とにやつく人と、その人に「キャラって何?」と聞いている人とが政治のトップの座を争っているという真っ最中に発売されたこの本、時宜を得た発売、といえば言えるかもしれない。著者はバンダイの「キャラクター研究所」所長。へえ、そんな研究所あったのか。どんな研究をしてるのだろう、と言う興味もあって読んでみた。 
 研究所の調べたデータなども使用し、鋭い指摘も結構あるがまだまだ雑な「推論」も目立つ。「日本人とキャラクターは長い歴史の中で切っても切れない蜜月関係を築いてきた、そして、その関係は日々、ますますその濃度を増しているともいえる。(第二章p62)」というけれど、「第一章 キャラクターと日本人の精神史」で記載されたのは太平洋戦争後の事例ばかりである。数十年で「長い歴史」というのは「そこまで時間感覚までも変化しているのか」と、時代に取り残された気分になった。おかめ、ひょっとこや福助さんなどのもっと古いキャラクターや、日本以外のことにももう少し触れたほうが説得力があると思うのだが。

 「現実生活においても、「生身の私」と「キャラとしての私」のヒエラルキー逆転が起こるかもしれない。(p174)」と著者は予兆して終わる。肯定も否定もしない。少々はがゆい。著者は情報提供に留まり、それ以上はいわない、ということだろうか。まさに著者が書いている「データベース型の消費形態」=断片としての情報だけをランダムに消費する(p141)に向けて書かれた「情報提供のみ」の一冊になっているようだった。
 
 「キャラ」などとは言わなかったけれど、昔から「レッテル貼る」とかいろいろな言い方で人間は「言葉で定義することで理解する」作業をしてきたはずである。言葉で切り取られた一面として単純化しなければ理解の一歩が進まないのも現実である。言葉で切り取り、「キャラ化」させたり「レッテル」を貼ったりして理解しても、それはある限定をしたものであり、現物は切り取れない様々な様相を持つものであること。それを分かった上で(悪い言葉かもしれないが)「使い分けて」現実世界を生きていく。それが大人ってもんじゃないだろうか。それができずに「キャラ化」の世界に捕まってしまう「子供状態」からどうしたら「大人」になれるのか。いや、もしかしたらそんな「大人」にならなくてもよいのか。そのあたりまで議論して欲しかった。

 現実世界との接触が減り、現実から切り取られたような「キャラ化」世界を選ぶのは自由だ。しかし、たくさんは処理したり受け入れたりできなくても「地に足のついた」、「暑さにおろおろし、人の冷たさ、温かさにじたばたする」生き方でもいいじゃないですか。ああ、こんなことを言う私はどんなキャラに分類されるのだろう。そんな風に考えてしまうのも、すでに「キャラ化」世界に絡みつかれているらしい。。。。
 読んでいる時もそうだったが、書評を書いたら「キャラ」がたくさんならび、文章全体がきゃらきゃらしてなんとも疲れてしまった。こういう影響もなんだか怖い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する