サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1015-18)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 新書
  5. 百年前の私たち 雑書から見る男と女
百年前の私たち 雑書から見る男と女(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2 1件

電子書籍

百年前の私たち 雑書から見る男と女

著者 石原 千秋

明治の末、男女共通の関心は“脳を強くすること”。男は“性慾”に煩悶しつつ、やっぱり帝大出との“就職”格差を気にしている。女は“女学生”に萌え~っと騒ぐ一部の男どもを尻目に、“自分探し”に余念がない。そうそう、したり顔でお説教し、社会を憂うオヤジやオバサンもちゃんといます。近代日本にはじめて生まれた大衆の姿はそのまま私たちの鏡像でもあるのです。

29%OFF

【期間限定価格】百年前の私たち 雑書から見る男と女

10/18まで通常648

454 (税込)

【期間限定価格】百年前の私たち 雑書から見る男と女

ポイント :4pt / 紙の本より345おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 12.0MB 無制限
Android EPUB 12.0MB 無制限
Win EPUB 12.0MB 無制限
Mac EPUB 12.0MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

学者のしての基礎ができていないのでは。

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:越知 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 副題にあるように、漱石が活動していた時代の「雑書」を読み解いて、当時の主として男女観を中心としたものの見方を探ろうとした本である。雑書とは何か、という定義がこの本には書かれていないのだが、文学作品でも専門書でもない、世間の実態や人生の渡り方を教授した通俗本、くらいの意味だろうか。
 当時の雑書が多数引用されており、言説の歴史をたどる本としてそれなりに面白いはず——と思って読み始めたのだが、そしてたしかに興味深いところはあるのだが、読み進むに連れてマイナス面が目に付いてきたのが残念である。
 ではそのマイナス面とは何だろうか。まず第一に、本に書かれたことが本当に当時の世間一般のものの見方を示しているのか、というところである。例えば現代ならユダヤ人の陰謀だとか新興宗教だとかスピリチュアルだとかの本が何冊も出ており、それなりに売れている。しかし売れているから現代日本人の大半がユダヤ人陰謀説や新興宗教を信じているとは言えまい。もともと書物には、専門書は別にして、売れなければならないし読んで面白くなければならないという前提条件がある。そしてその「面白さ」には世間の通念からはずれているから面白い、という場合も含まれる。現代でもトンデモ本が売れるのは、内容をそのまま受け入れたいからではなく、一時的な娯楽の種を得ようとするからだ。したがって、雑書の記述を当時の世相と結びつけるのにはかなり慎重な手順が必要なはずなのだが、新書という制約もあってかそうなっていない。しかし著者は学者を名乗っている以上、そうした作業は欠かせないはずだろう。
 このあたりは、井上章一のように学問の言説史をやる場合とは異なることを意識しておくべきだ。学問的な言説は閉じられた集団内の現象であるから、そうした検証は不要だが、「雑書」となると話は別なのである。
 第二に、男女観を見ていく際には著者自身のスタンスが問題となる。学者としての慎重な、つまり現代の視点を安易に過去に適用して断罪しない姿勢が求められるはずだが、石原氏はそれと正反対のことをやっている。男性的な言説はすべて断罪され、オヤジはことあるごとに揶揄される。アジテーターが書いた本みたいなのだ。最初のあたりでフェミニズムはヒューマニズムだと書かれているのだが、著者のヒューマンな姿勢はどうやら女性にしか向けられないらしい。このあたり、石原氏の学問的未熟さが露呈していると言っていい。
 もっと具体的に書こう。石原氏は歴史主義を勉強したことがないのではないか。歴史主義と言ってもポパーが『歴史主義の貧困』で批判した歴史主義=歴史進歩主義ではない。19世紀のヨーロッパで学問の基礎として提唱された歴史主義のことで、各時代は時代ごとの真理を持つ、という考え方がその核心にある。人間のあり方は時代ごと地域ごとに多様なのであって、そうした多様性をその時代や地域に生きている人々の気持ちに沿って理解するのが歴史学だ、とするのが歴史主義である。この考え方はやがてニーチェによって批判されるのだが、どちらかというとマルクス主義的な段階発展説が歴史学界の主流だった日本ではあまり馴染みがないようで、逆にニーチェの批判の方が先に読まれているような印象がある。しかしオレは歴史学者じゃないから知らない、では通らないだろう。自著で過去の言説に言及するなら、国文学者だろうとそういう勉強はしておくべきものなのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する