サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1019-21)

修正:定期購読キャンペーン(1012-31)

魔法少女地獄(講談社ラノベ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 1件

電子書籍

魔法少女地獄

著者 安藤白悧,kyo

三田村黒犬、15歳。私立不可視高等学校に通い始めたばかりの高校生。そんな僕の特徴は――なぜか「ワルモノ」に襲われて、そこを「魔法少女」に助けられる、というもの。僕は常々、なぜこのような目にあうのか、考え続けていた。そんなある日、僕は先輩――長南雨衣佳と出会う。先輩は魔女を名乗り、僕のその体質の秘密を教えてくれるらしい。その代償は、先輩の計画を手伝うこと。その名前は「魔法少女絶滅計画」――?

魔法少女地獄

540 (税込)

魔法少女地獄

ポイント :5pt / 紙の本より130おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 10.4MB 無制限
Android EPUB 10.4MB 無制限
Win EPUB 10.4MB 無制限
Mac EPUB 10.4MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本魔法少女地獄

2015/09/28 16:08

魔法少女地獄

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

40年ほど前から世界に魔法少女が確認され初め、20年ほど前からそれはインフレを起こし始めた。現在、世界に魔法少女は二千人以上。彼女たちには必ず敵対する悪がいる。10年ほど前から、そんな戦いはなぜか、高校に入学したばかりの三田村黒犬の周囲で起きるようになった。彼が悪に襲われ、それを魔法少女が助けるというイベントが、日に何回か起きるのだ。
 そんな生活に慣れ、一方で助けられるだけの「ヒロイン」になることに屈辱を感じ始めた黒犬だったが、その気持ちは幼馴染の皇ほのかやクラスメイトには理解してもらえない。そんなとき出会った先輩の長南雨衣佳は、自分が由緒ある魔女だと名乗った。

 魔法以外の要素を前面に押し出してキャラ付けし、魔法を塚ってばとるすることしか知らない魔法少女が席巻し、魔女の存在が薄くなってしまっている現状を嘆く長南雨衣佳は、常勝無敗の魔法少女をボコることで魔女の存在を喧伝し、魔法少女を名乗る少女たちを撲滅しようと決意、三田村黒犬にも協力を求めてくるのだった。

 第1回講談社ラノベチャレンジカップ大賞受賞作品。魔法少女とは日常の中の非日常を生きる存在であり、その中でもトップランクの20人はなぜか三田村黒犬のクラスメイトだという設定になっているらしいのだが、その肝心の日常を描く場面がほとんどなく、20人以上名前が登場する魔法少女は、ただの「名前」でしかなくなっているところが物足りない。むしろ、魔女である先輩の方が、魔法少女よろしく主人公と日常を満喫しているではないか。
 その倒錯が作者の意図なのかも知れないが、全体的に、読者を置き去りにしてネタを展開し自分だけが納得するような文章を書いて満足している様なところが散見される書き方と感じられるため、作者の意図を十分に伝える努力がなされておらず、その辺りは全く伝わってこない。

 あくまで魔法少女が日常の中の非日常の存在であると定義するならば、彼女たちの日常の姿を描き、そんな普通の女子高生が後で魔法少女として登場して戦い、自分自身はそれを秘密にしているつもりでも主人公にはばれているという状況を、きちんと物語として表現する構成が必要だったのではないだろうか。現在はただその設定を言葉で説明しているに過ぎず、十分に物語とは言えないと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する