サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/30)

12時 修正:20%OFFクーポン(0925-27)

神州日月変(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件

電子書籍

神州日月変

著者 栗本薫 (著)

江戸で評判の美女が次々神隠しにあった。娘達はすべて十八歳で人気絵師清春の姿絵になったという共通点があった。事件を追う同心古河雷四郎を取巻く妖気の正体は。(講談社文庫)

30%OFF

【期間限定価格】神州日月変(上)

10/04まで通常540

378 (税込)

【期間限定価格】神州日月変(上)

ポイント :3pt / 紙の本より119おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 8.3MB 無制限
Android EPUB 8.3MB 無制限
Win EPUB 8.3MB 無制限
Mac EPUB 8.3MB 無制限

続刊の予約購入を申し込む

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できます。

続刊予約とは続刊予約とは

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
最大40%OFFクーポン配布中!
「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

キャンペーン期間

2018年9月14日(金)~2018年9月27日(木)23:59


あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本神州日月変 上

2010/04/29 23:16

上巻だけでは評価がしにくいけれど

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

2009年にまさか栗本薫がいなくなるなどということを考えもしなかったのだけれど、なぜかこの数年彼女の作品を読み返したり、読まずにおいてあったものを取りだしたりしていたのは、今から思えば虫の知らせというやつだったのかもしれない。
それで沢山読んでみたのだけれど、そしてどれも面白く読んだのだけれど、実は初期の作品がある種の凛々しさというか緊張感を持った文章で綴られていたことを再認識している。この『神州日月変』もその一つだと思う。
上巻だけでは評価しにくいとは思うが、時代物の雰囲気を漂わせながら、荒唐無稽さも忘れず、文章は清々しい。特に「其之壱 雷公同心登場のこと」「其之弐 美女神隠し横行のこと」のあたりは、往年の時代小説の雰囲気を残しながら、栗本らしい話の運びで一気に読ませてしまう。同心が主人公で、美女が神隠しにあってなんていうくだりは、捕物帳そのものと言ってもいい。そこに魔道のような話も加わって、虚実相見えた話になっていくと、山田風太郎も顔負けといった雰囲気だ。
栗本薫は徐々に(?)饒舌になっていき、それが時にうっとうしく思える(それもまた魅力なのだけれど)こともあるけれど、初期にはその饒舌さが理性で抑えられながら語られているという絶妙なバランスをとった文章として読める。そこがいいのだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本神州日月変 下

2010/05/16 14:04

栗本の語る平野を想像しながら

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み終えるのに少々時間をかけ過ぎたかも知れないが、なんだか読み終えるのがもったいないような気がしたのも事実だ。そのあたりの理由は上巻で書いたとおりだが、凛々しさというか清々しさというか、読んでいてわくわくしてくる文章が懐かしさも伴って読み応えがあるので、いつまでも読み続けていたい気持ちになってしまう。
というわけで下巻だ。
前半より魔道じみてきて話に幅を利かせるようになった分、時代物からは少しはずれていく感じもしたし、徐々にわかってはくるのだが時代物には意外とも思えるネタで結末がつくのだけれど、それも栗本らしいと言うか、当時の栗本が自分の好きなジャンルをわざわざ結び付けようとしたのかもしれない。それでも十分楽しめたのだから、それはそれで良かったのだろう。
上巻では栗本版八犬伝かとも思っただが、いわくのある8人が活躍するのは最後の最後なので、やはり山田風太郎風とでも言えばいいか。
細かいところを突いていけばいろいろと無理も見えなくもないけれど、全体としては面白く読めた話だ。もうこんな話が読めないのが残念でならない。

ちなみに、この話でも後半の舞台となっているのが平野と呼ばれる土地だ。
栗本のいくつかの話にこの平野が出てくる。例えば『双頭の蛇』であり、伊集院大介シリーズの『早春の少年』だ。もちろん架空の土地なのだが、ここにも栗本が語り続けようとしたサーガの1つがあったような気がしてならない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する