サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1022-25)

20%OFFクーポン(1022-25)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. ライトノベル
  4. 男性向け
  5. 小夜音はあくまで小悪魔です!?
小夜音はあくまで小悪魔です!?(講談社ラノベ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 2件

電子書籍

小夜音はあくまで小悪魔です!?

著者 東出祐一郎 (著),吉田音

引きこもりにして最強自宅警備員の一崎嶽人の前に現れた悪魔、メフィストフェレス小夜音。彼女は歴史上の偉大な聖人レベルくらいの価値がある獄人の魂を売買するために地上にやってきた。……が。“今の”嶽人の魂の価格は、なんと13円。初仕事がこれでは有名悪魔の孫娘の名が廃ると、小夜音と嶽人は魂の価格上昇をめざし共同作戦を開始!! おかしな同居生活を始めたが!?

小夜音はあくまで小悪魔です!? 1

540 (税込)

小夜音はあくまで小悪魔です!? 1

ポイント :5pt / 紙の本より130おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 8.2MB 無制限
Android EPUB 8.2MB 無制限
Win EPUB 8.2MB 無制限
Mac EPUB 8.2MB 無制限

続刊の予約購入を申し込む

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できます。

続刊予約とは続刊予約とは

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!

「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

 

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

あくまでも経済活動

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

かの大悪魔メフィストフェレスの孫であるメフィストフェレス小夜音と使い魔のヨミは、初めての営業活動のために地上に降り立った。散々、道に迷った上でたどり着いた豪邸に住んでいるのは、一崎獄人。彼の魂には、魂遺物という特別な因子が含まれているため、死後の所有権獲得のため、所属会社のベルフェゴール・エージェンシーの指示で、契約を結びにやって来たのだ。
 両親がなくなり、叔父の一崎夏堂も海外に行っているいま、獄人は一人で暮らしているはず。ゆっくりとその豪邸に第一歩を印したメフィストは、罠に引っ掛かって逆さづりにされた!獄人は自宅警備員として、豪邸中に罠を張り巡らして自宅を警備する人だったのだ。

 両親の死後、外に出ずただ自宅を警備し続けるだけの獄人は、自宅を守ること以外に対する気力を失っていたので、契約をすること自体は簡単だった。しかし、契約後にその魂の価値を再計測してみると、予測価格13億円に対して実際価格は驚きの13円だったのだ。
 このままでは進退問題に発展すると焦るメフィストは、獄人を学校に通わせ、善行を積ませることで価格を釣り上げようと奮闘する。しかし地獄の日本に対する知識は戦中のものだったし、万事、ドジっ娘の気があるメフィストにはなかなか荷が重い。クラスメイトの鳳竜寺賢子や姉のメフィストフェレス陽奈多のサポートを受け、順調に魂の価格は上昇を続けたのだが…。

 冒頭のあたりは、地の文と会話文の区別があまりつけられておらず読みにくいのだが、徐々に慣れてくると思う。とりあえず、ある程度、決まった形を作ってもらった方が読みやすい。
 莫大な遺産があるため引きこもって生活している少年を少女悪魔が自分の目的のために善行を積ませる過程で、ちょっと前の自分と同じ様な人に遭遇し、外に目を向けることを思い出しながら、日常に復帰していく過程を描いている。そしてその先で、なぜ彼が今の様な状況に陥っていたのかを知り、新しく得たものを改めて取り戻すために選択する姿を見せるのだ。

 悪魔と天使が人間の魂を巡って対立するところや、意外に悪魔より天使の方が人間にあだを成すという設定は、「ヘルカム!」に通じるところもあるかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

悪魔に加えて天使と同棲

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミカエル・コーポレーションの熾天使マガゼエルが叔父の一崎夏堂の悪行を利用して一崎獄人の持つ魂遺物の価値を貶めて狩ろうとした大事件を何とかやり過ごし、大悪魔メフィストフェレスの孫メフィストフェレス小夜音との守護悪魔契約の下、ひきこもりだった一崎獄人は普通の学生生活を始めた。以前より生活レベルは落ちたかもしれないが、今の方が生きているという実感がある。
 そんな彼のもとに、ミカエルの妹ガブリエルが補償交渉にやってくる。二千年前の受胎告知のお使いの失敗からずっと引きこもっていたガブリエルは、ひきこもりから脱した一崎獄人に興味を持ったのだ。

 しかしずっと引きこもりをしていただけあって、話せば噛み、戦えば心折れるという体たらくぶり。だが一崎獄人を護るという意志は、彼女を彼の側に寄り添わせていた。
 そうなるとおさまらないのが小夜音だ。こっちが先に獄人にツバを付けていたのに、天然のふりを装って迫るガブリエルに腹を立て、ナチュラルに誘惑してくる姉のメフィストフェレス陽奈多を退ける。

 そんなラブコメ生活を送っていた彼らだったが、熾天使サリエルが一崎獄人の命を狙って来たことで、所属会社であるベルフェゴール・エージェンシーをも巻き込んだ、大戦争の幕が切って落とされることになる。

 ひきこもりが学校復帰という話を前巻でやったのに、今巻では学校の描写がほとんどなし。クラスメイトのストーリーへの関与は皆無という、狙いの一貫性がない構成になっている。結局、イラストに依存した女子キャラの媚を主体とするラブコメで、物語を支えるのだ。
 それでも、後半になれば、獄人の持つ魂遺物を巡る、天使と悪魔どころではない、天使内の内紛が始まって、少し趣が異なってくる。そもそもなぜ彼の持つ魂遺物はあれほど価値が高いのか。その問いに、神の意志を透かして見ようとする存在たちの騒動に、敬虔さを見るべきか、滑稽と笑うべきか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する